貴方を幸福にするFXブログ

トルコリラと南アフリカランドの両建てでスワップアービトラージは成り立つか

今でこそFXで一攫千金を狙っている私ですが、かつてはUMAハンターとして未確認生物の懸賞金を狙っていました。
東北の山奥で、実際にツチノコを捕獲したこともあります。
何故か賞金をもらえませんでしたが、あれは間違いなくツチノコでした。




ツチノコ猫
ツチノコは実在した!Σ(´Д`*)

「ふざけてばかりいないで、たまには真面目にFXの話をしろ!」
と怒られたので、無駄話はこのへんにしておきます。

2016年に入ってからずっと下げ調子だったトルコリラ(TRY)ですが、さらに暗雲が立ち込めています。
ムーディーズがトルコを「Ba1」(ジャンク級)に格下げしたため、さらに下落しそうです。

落ちるナイフを拾って火傷することにおいて右に出る者はいないエセ賢者ですが、流石に現状のトルコリラは買えません。
日銀の実質的なテーパリングで円高が懸念される今、新興国通貨をロングするのはリスクがありすぎる。

ロングするなら何か別の通貨でヘッジすることになりますが、トルコと同じような値動きをする通貨と言えば南アフリカランドがまず挙げられます。
同じ高インフレ国ということで、この二つの通貨は非常によく似ています。

般若と一致
よく似ている。

実際にトルコリラや南アフリカランドの両建てをしている人は結構いるようで、調べると結構情報が出てきます。
業者間のスワップ差もかなりあるので、異業者で両建てした後放置しておくだけで、そこそこのスワップポイントが得られます。
トルコリラ-南アフリカランドの疑似両建てだと、もっとスワップ差が広がります。

①TRY/JPYのスワップが高い業者(ヒロセ通商) 115円
②ZAR/JPYのスワップが低い業者(マネースクウェアジャパン) 5円
 

一応前者をロングして、後者でショートすれば、スワップ自体はプラスになります。
現在のレート比が4.6対1なので、ZAR/JPYを4~5倍ショートすることになりますが、それでも90円以上スワップが残ります。

それだけ聞くと上記の両建て(?)をずっと持っておけばいいような気がしますが、現実にそれは安全なのでしょうか?
マネスクのスプレッドや手数料が高いとか、ヒロセ通商の高スワップがいつまで続くかわからないとか、その辺はとりあえず置いておきます。
ヒロセがダメならGMOのくりっく365あたりに移ればいいだけですし。

トルコリラを売って南アフリカランドを買うのは厳密には両建てではなく、TRY/ZARをロングしているのと同じことになります。
「そんな通貨ペアねーよ」
と思うかもしれませんが、為替レートというのは相対値なのであらゆる合成通貨ペアが成立します。

このTRY/ZARの値動きが十分小さいなら疑似両建てをずっと続けていればいいことになりますが、Investingさんのチャートを見た感じでは、結構微妙なところです。

トルコリラ南アフリカランドチャート

TRY/ZAR
現在値:4.62
最安値:3.86
最高値:5.74


この5年のチャートではどちらか一方に進むことはなく、傾いてもまた戻っているようです。
現在のレートはちょうどその中間点よりやや下にあるので、長期ポジションを取るにはちょうどいいタイミングなのかもしれません。

しかし、現在値の最安値との差は16%、最高値との差は24%もあります。
これをロングした後に過去の最安値に接近しても強制ロスカットにかからないようにするには、レバレッジは最大でも5倍以下に抑えなければならないでしょう。
史上最低値更新やスプレッドの拡大を考えるともっと下げたいところですが、考えると切りがないので諦めてください。

長期レンジの通貨ペアとしてサヤ取りを考えるのも手ですが、今のタイミングに行うのは賢くありません。
中央値にあるってことは、サヤが広がっていないということですから。

今後リラが独歩安になってもランドが下がらず、TRY/ZAR=4.0に近づいたら大チャンス。
その時にランドを売ってリラを買えば、長期的に「スワップ+為替差益」が得られそうです。
まぁ、そんなチャンスは数年に一度くらいしか来ませんけどね。

それにしても、ヒロセのスワップが異様に高い気がする。
くりっく365でも1枚あたり70円ぐらいなのに、なんで115円もあるのやら。
これだけ差があるなら、単にヒロセでリラを買って、他でリラを売ればいいのかもしれない。

ヒロセ通商【LION FX】





<合わせて読みたい記事>
⇒アービトラージとは
⇒トリプルスワップアービトラージ

トレーダーとして必要なスキルが身に付いているか

働いていないときのほうが辛い
ニートも楽じゃないのさ。 (´・Д・)

トレードスキルと一口に言っても色々な要素があり、それぞれの技能をきちんと修めないと安定した収益を上げることはできません。

ただ予想が上手くても資金管理ができなければ破産するし、レンジにだけ強くてもトレンドが出れば死にます。
漫然とデモトレードを繰り返して練習するのではなく、自分に足りないスキルを見定めて、苦手分野を克服することが重要です。

<投資家に必要なスキル>
①資金管理を行い、適切なポジションサイズを保つスキル
②ルールを守り、逸脱した行動を取らないスキル
③チャートを分析し、エントリーを決めるスキル
④ファンダメンタルズを見極め、レンジとトレンドを判別するスキル
⑤冷静さを保ち、操作ミスや判断ミスを防止するスキル
⑥想定外の事態が起こった時、迷わず決済するスキル
⑦証拠金や損益を適切かつ素早く計算するスキル
⑧エクセルやメタトレーダーなどのソフトを扱うスキル


他にも色々あると思いますが、トレードを行う上では最低でもこれらのスキルは身に付けておく必要があると思います。

パソコンでトレードする猫

もちろんアノマロカリスが大海原を泳いでいたカンブリアの時代からトレードを続けているエセ賢者は、全てのトレードスキルをまんべんなく習得しています。
もはや苦手分野はないと言えるでしょう。

①資金管理を行い、適切なポジションサイズを保つスキル
計算するのが面倒なので、適当に切りのいいロット数で取引をしています。
1万通貨とか、10万通貨とか、シンプルでいいよね。
ドル円が下がったのでナンピンしたら、いつの間にかレバレッジが20倍を超えていて焦りました。

②ルールを守り、逸脱した行動を取らないスキル
1時間ぐらい待ってもエントリー条件に引っかからないので、見切り発車でロングしました。
買わずに後悔するより、買ってから後悔したほうがいいよね。

③チャートを分析し、エントリーを決めるスキル
テクニカル分析とか難しくてよくわかりません。
過去のことなんか考えるだけ無駄です。
ティックや1分足を見て、勘でエントリーすればいいと思います。

④ファンダメンタルズを見極め、レンジとトレンドを判別するスキル
新聞やテレビでアベノミクスと騒いでいるんだから、今は上昇トレンドだよね。
適当に株を買って放置しておけばいいんでない?
いつまでも下がり続けるわけないし、下がっても何日かすれば自然に戻るでしょ。

⑤冷静さを保ち、操作ミスや判断ミスを防止するスキル
指標でいきなり動いたので、慌てて飛び乗りました。
1万通貨のつもりが10万通貨になり、SとLを間違えていましたが、利益が出たので結果オーライ。

⑥想定外の事態が起こった時、迷わず決済するスキル
日銀会合で上がると思っていたけど、実際は下がりました。
こんな時は冷静になって、1ヶ月ほど塩漬けして様子を見ようと思います。
含み損が増えても、ロスカットしなければ損じゃないよね。

⑦証拠金や損益を適切かつ素早く計算するスキル
1万円の損失かと思ったら、2桁間違えて100万円でした。
桁以外は間違っていないので、たいしたことではないと思います。

⑧エクセルやメタトレーダーなどのソフトを扱うスキル
ソロバンと電卓があれば十分ですよね。
なぜ難しいソフトを使う必要があるのかわかりません。

株式投資は全然わからない知らない

ダメだこいつ

なぜか猫に「二度とトレードするな!」と怒られました。
これだけの熟練者でもダメ出しされるあたり、相場の世界の厳しさをひしひしと感じます。
エセトレーダーも、まだまだ勉強が必要ってことですね。

さて、貴方はどのスキルに自信があって、どのスキルが苦手でしょうか?
貴方がこれから取り組むべき課題は何ですか?

「スワップアージトラージほったらかし」「ソーシャルレンディングキャッシュバック乞食」といった卑怯な戦術に徹するなら話は別ですが、まともなトレーダーになりたければ苦手分野の克服に努めなくてはいけません。

漫然とデモトレード練習を繰り返すのではなく、自分に足りない部分を意識して集中的に学ぶことを勧めます。
学校のテスト勉強だって、元々点数の低い教科を対策したほうが伸びしろがありますしね。

英語の勉強法
全部覚えないと意味ないよ。

日銀会合にて「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付量的・質的金融緩和」が決定!⇒日本語でおk

9/21の日銀金融政策決定会合で、なんと長短金利操作付量的・質的金融緩和の導入が決定しました。
これはすごい!
前代未聞です!

・・・と言いたいところですが、エセ賢者はあまり頭が良くないので、何のことかさっぱりわかりません!
イールドカーブ・コントロールとか、オーバーシュート型コミットメントとか、全く意味がわからないよ!
日本語でおk

この発表を受けて相場は円安株高に動きましたが、数時間後には元に戻り、夜にはさらに円高になってしまいました。
多分相場参加者も内容を理解せずに「追加緩和が来た!」と騒いで、後から冷静になって売ったんでしょうね。

今回の決定は、厳密には追加緩和ではありません。
「今までは国債を一定額買っていたけど、これからは長期金利が0%になるように購入額を調整しよう」
ということです。

今まで国債の買い過ぎで金利がマイナスになっていたことを考えると、買い入れはむしろ減るかもしれません。
対象となる国債が変化するので一概には言えませんが、テーパリング(緩和縮小)に向かう可能性が高いと考えられます

変更前の緩和力が+100として、それが+50~-50になるとしたら、明らかに円高に向かうよね?
こんなの全然追加緩和じゃない!

緩和拡大だと思って買い、緩和縮小だと理解して売る。
そんなちぐはぐな思考が発表直後の急激な上下運動を作った気がします。

日銀は「インフレ目標2%を実現するために枠組み変更を行った」と言っていますが、それは全く違います。
当座預金のマイナス金利政策・長期金利固定政策は明らかな金融引き締め政策であり、消費者の購買力を低下させるからです。

「長期金利が0%で固定されているのに、物価だけが2%まで上昇する」
とか、普通に考えてあり得ないでしょう。

わけがわからないよ

日銀の金利政策は単なる相場操縦であって、市場が期待する緩和政策ではありません。
それを理解した投機筋は市場の歪みを鋭敏に感じ取って、日本円や日本国債に仕掛けてくるでしょう。

それにも関わらずこんなわけのわからないアクションに出たのは、以前から言っている通り、
・日銀の量的緩和は持続不可能である
・アベノミクスの本当の目的は国債の買い支えである

からです。

既に日銀は全国債の1/3以上を買い占めており、このままのペースだと2020年までに買い取れる国債が尽きます。
それを避けつつ、なおかつ返済不能にまで膨れ上がった国債を支えるために、金利0%固定という前代未聞の賭けに出たのでしょう。

予想外の決定に、正直エセ賢者は感心しましたよ。
てっきり日銀は「国債増発⇒日銀引き受け」で、ズルズル破綻を先延ばしにすると思ってましたから。

こんな大胆な行動に出るってことは、我々の思っている以上に国家財政はヤバイことになっているのかもしれませんね。
日銀の株式ETFも10兆円の含み損が出ているそうだし、実はもう余力がなくなってきているのかも。

両手を上げて諦める日銀黒田総裁
黒田総裁もお手上げ?

マイナス金利の深堀りがなくなったことで、銀行は大喜び。
銀行株は一気に上昇し、長期金利も上がりました。

しかし、日銀の目標通り10年債金利が0%近辺に固定されるかは怪しいところですね。
国債を直接購入できず、よしんば購入できても売ることのできない日銀が、どうやって永続的に国債相場を制御するというのか?

自由主義経済において、国家の無理なコントロールはいずれ崩壊するもの。
為替レートを固定して金融危機を引き起こしたイギリスやスイスのように、最後は大きな花火を打ち上げるでしょう。

今回の方針転換が、日本破綻の引き金にならないといいのですが。

町を破壊する猫
破滅の時が近づいている・・・

<合わせて読みたい記事>
⇒アベノミクスは失敗していない むしろ大成功
⇒日銀の統括的検証は大暴落の引き金を引くか?

利息抜きで43万円の利益が出た!(みんなのクレジット)

ドラえもんは猫だったという真実
な、なんだってー!? (゚д゚)

前の記事の通り【みんなのクレジット】に投資したところ、なんと432,000円の利益が出ました。

いや、おかしくね?

貸付を始めたのは8月中旬なんだから、9月末まで利息が付くわけがない。
そこに気付いた人は鋭い。

なんで一度も利払いを受けていないのに収入があるのかというと、みんなのクレジットが盛大にキャッシュバックキャンペーンを連発してくれたからです。
盛大どころか、むしろやりすぎと言ったほうがいいかも。

<みんなのクレジット ボーナスキャンペーン一覧>
・サマーカーニバル 9回
・オームフェスティバル 8回
・特別キャッシュバック いっぱい
・スペシャルコンビボーナス たくさん
・成立ローン総額10億円達成直前キャンペーン
・成立ローン総額10億円達成記念 大感謝祭 5回
・新規口座開設ボーナス
・初回投資ボーナス


さて、一体何回キャンペーンをやったんでしょうかね?
ほとんど毎日のようにキャンペーンボーナスをもらっていたら、いつの間にか利益が40万円を超えていました。

特にサマー、オータム、大感謝祭が凄い。
投資するだけで1万円~4万円ゲットとか狂ってる。

新規会員に餌を与える企画自体は別に珍しいわけではなく、証券会社でもFX業者でもやっていることです。
しかし、みんなのクレジットのボーナスキャンペーンは明らかにおかしい

呆れて目を丸くする猫

大感謝祭で一番割が良かったのは、
35万円投資に対して、40,000円のキャッシュバック

4万円÷35万円=11.4%
どの案件でもいいから投資するだけで、年利11.4%確定です。

もちろん、利息や案件ごとのキャッシュバックとは別です。
本来の利息が7%~9%程度なので、ボーナス分だけで運用利回りを超過してますね。
合計すると、年利20%ぐらいになります。

さらにおかしいのは、その反映が異様に早いということ。
普通こういったボーナスは忘れた頃に付与されるものですが、夏秋のボーナスは1~5営業日で入金されました。
預けた直後に最終利息以上の金額が入ってくるってどういうこと?

もっとおかしいのは、何度でもキャンペーンに参加できるということ。
普通一度当選した人は次の対象外になりそうなものですが、これはキャンペーンの弾さえ変われば全て対象です。

極端な話、全てのキャンペーンに当選した人がいてもおかしくない。
エセ賢者も18回受け取っているので、かなり多い方だとは思いますが。

海外FX業者の入金ボーナスは取引余力に反映されるだけで出金できませんが、みんクレのボーナスは本物の現金です。
高額なキャッシュバックが入金されて、即座に次のキャンペーンが始まるので、

①投資する
②ボーナスもらう
③ボーナス込で再投資
④ボーナスもらう
⑤ボーナス込で再投資


という馬鹿げた出資ループを延々と繰り返すことができました。
9月は毎日のようにみんなのクレジットにログインして、貸付を繰り返した気がします。

同じ金額だとしても、貸付して1年後に利息をもらうのと、貸付した直後にもらうのとでは、全然話が違います。

年利5%~10%の複利運用と書くと、とんでもない効率だと分かるでしょうか?
厳密には違いますが、出資する度に投資資金ができるのは頭おかしい。

ただこの運用には落とし穴があって、普通にやると上手くいきません。
キャンペーンは夕方に突如始まり、当選は先着順なので、必ずもらえるとは限らないからです。

キャンペーン対象の金額をただ投資しても、間に合わなければボーナスがもらえません。
特にみんなのクレジットはクィック入金がないため資金の反映が遅いので、後から入金しても間に合わないかもしれない。

しかし、エセ賢者は一計を案じました。
とても簡単な作戦です。
間に合わないなら、最初から入金しとけばいいんじゃないか

札束入りチョコレート

何度か入金して調べたところ、みんなのクレジットの資金反映は朝の10時以降であることがわかりました。
多分振り込まれた資金を機械で処理しているのではなく、就業時間が始まってから社員が反映させているのでしょうね。

ということは、ライバルが夕方にキャンペーンを見て入金しても、投資できるのは翌日の10時以降。
あらかじめ何十万も入金している人が何十人もいるとは思えないので先着50名~100名くらいには余裕で入れるはず。
まさかクイック入金がないという欠点に助けられるとは思いませんでした。

キャンペーン対象金額や人数は毎回変わりますが、適当に50万円くらい入れておけばだいたい引っかかります。
実際に猫賢者は、
「あらかじめ大金入れてキャンペーンが始まった途端その金額だけ投資する作戦」
によって、狙ったキャンペーンを全て当ててきました。

なんて稚拙な作戦なんだ・・・

初期に600万円ぶちこんだせいで、合計投資金額は900万円くらいになってしまいましたけどね。
最初から仕組みを理解していれば投資資金は半分くらいで済んだはずですが、情報が足りなかったんだから仕方ない。
ここまで大盤振る舞いをするなんて、誰が予想しただろうか?

お金と札束が好き

個別案件のキャッシュバックは案件の成立後になるので、夏秋のボーナスよりは入金が遅くなるみたいです。
まだ受け取っていないボーナスを含めれば、多分50万円ぐらいになると思います。
利息もらう前に50万円ゲットとか、なにそれこわい。

これだけの金額をあらかじめ頂いた上に、しかも今後は約4万円/月の利息収入が得られます。
それだけ考えるとこんなにお得な投資は滅多にないでしょうけど、それでも一応リスクはあります。

全件担保ありとはいえ、本当に貸し倒れは起こらないのか?
これだけのバラマキをやって、みんなのクレジットの財務状況は本当に大丈夫なのか?
ボーナスだけで数千万円使っているはずなので、かえって心配になってしまいますね。

それでもエセ賢者はリスクよりリターンのほうが大きいと判断して、資産の半分近くをつぎ込みました。
既に40万円以上入ったので、それ以下の損失は許容範囲です。

日本最速でローン総額10億円を超えたみんなのクレジットは、まだ今日もまた大感謝祭(既に5回目!)を始めました。
多分、今後も大盤振る舞いを続ける気でしょうね。

とにかく先着順で投資ボーナスを付与してくれるので、欲しい人は急いで投資しましょう。

<大感謝祭ボーナス>
・10万円投資 先着100名に6000円
・20万円投資 先着100名に13000円
・30万円投資 先着100名に20000円
・40万円投資 先着100名に25000円
・50万円投資 先着100名に30000円
・100万円投資 先着50名に60000円
・200万円投資 先着50名に140000円
・ラストレンダー 20000円

・口座開設で3000円
・さらに初回投資で2000円


【みんなのクレジット】





<合わせて読みたい記事>
⇒みんなのクレジット 13%超の高利回りソーシャルレンディングに400万円投資してみた
⇒ソーシャルレンディングは株式配当やスワップ投資より有利か?

証券会社勧誘員のレベルの低さには呆れるばかり

受信料不払いの方はモザイクで放送
怪しい番組にしか見えないよ! (*`・з・´)

先日、〇fx.com証券から勧誘の電話がかかってきました。
新しいサービスの紹介とのことでしたが、あまりにも稚拙な説明に腹が立ったので、暴露してやろうと思います。

勧誘員「くりっく365ラージという新しいサービスを開始しましたので、ご利用されませんか?」

エセ賢者「どんなサービスですか?」

勧誘員「10万通貨単位の長期取引になります」

エセ賢者「通貨単位が上がったら、不便なだけだと思いますが」

勧誘員「これまでよりスプレッドが若干タイトになります。米ドル取引がお勧めですよ」

エセ賢者「米ドルなんかどこでも扱ってるでしょ。何故お勧めするの?」

勧誘員「年末から来年かけて円安になると考えられていますので、今がチャンスです」

エセ賢者「円安になるとか、誰がそんなこと言ったんですか?」

勧誘員「藤巻健史氏など、たくさんの著名なアナリストがそう言っておられます」

エセ賢者「藤巻氏なんか当てになるわけないでしょ。バカにしてるの?」

勧誘員「しかし、予想をしないと利益を上げられませんよね。お客様はどのように予想をされていらっしゃるのですか?」


もういいから帰れ

毎度のことですが、本当に素人丸出しでしたね。
多分自分ではFXを触ったこともないようなビギナーが、営業成績のために付け焼き刃のセールストークを身に付けているだけでしょう。
ミジンコ以下のダメトレーダーとはいえ、私も舐められたものです。

自社の商品の優位性を説明するならともかく、アナリストの予想に頼るのが実に情けない。
それでは「うちのサービスには何の魅力もありません」と言っているようなものでしょう。

猫賢者は紹介を受けるときには必ず他社と差別化できる点を尋ねることにしていますが、まともに答えられたセールスマンは全くいません。
みんな口を揃えて、
「突出した点はありませんが、狭いスプレッドや安定した約定力が魅力です」
と全く価値のない優等生的な回答をしてくれます。

競争社会において差別化できないサービスはただのゴミだってことを知らないんでしょうか?
5通貨ペアしかない上に10万通貨単位でしか取引できないくりっく365ラージは、悪い意味で尖っているのかもしれませんけどね。

それにしても、証券会社が長期円安傾向を理由にして顧客を勧誘しているのは感心しません。
今の為替相場は、どう見ても円安トレンドではないでしょう。
現在はレンジ相場だし、1年スパンで見れば明らかに下落傾向です。

藤巻氏が盛んに述べる超円安は、国家財政の破産に対する警告に過ぎません。
日本国債がデフォルトするか国債の直接引き受けをしてハイパーインフレが起こらないと、全く無意味な話です。

エセ賢者も日本政府が信用できなくてFXを始めたクチなので、万一の時に備えていくらかの外貨や現物を持っておくのは必要だと思います。
徹底的にコントロールされた相場ほど、崩れる時は急激に動きますからね。
異様に低水準で安定している国債金利だからこそ、上がる時は一瞬でしょう。

しかし、長期的にジワジワ円安株高が進むような楽観的なイメージは持っていないし、10万通貨(1000万円相当)の米ドルを持つのは明らかに過剰です。
勧誘員は先行きを誤認している上に、サービスの内容ともかみ合っていません。

結局のところ、証券会社はアベノミクスや財政危機を利用して自社商品を売り込みたいだけ。
まったくバカバカしい。
そんな努力をするくらいなら、サービスの魅力を高めることに労力を注いだらどうでしょうか?

老人を騙す銀行員
そんな幼稚なトークじゃ、老人一人騙せんぞ。

損をすると慎重になる時と大胆になる時があるのはなぜか?

お母さんクワガタの顔
複雑なご家庭のようです。(T_T)

大抵の場合、物事にチャレンジして失敗すると次は慎重になるものですが、株式投資やFXの場合も同じとは限りません。
損をして臆病になる場合もあれば、損をしてもっと積極的になる場合もあります。

損失を被った場合のアクションは、下記の二種類に大別されます。

<慎重になる場合>
・同じ轍を踏まないように、エントリーを控える
・ポジションサイズを落とす
・傷が浅いうちに切る
・追加入金しない


<大胆になる場合>
・もっと大きなお金を賭けて損を取り戻そうとする
・ポジションサイズを大きくする
・ナンピン、マーチンゲールをする
・儲かるまでずっとポジションを持ち続ける


上記の二つは全く逆の行動ですが、どういうわけか両方とも起こりえます。
その人の性格によって決まるように思えますが、必ずしもそういうわけでもないようです。

トレードが死ぬほど下手なエセ賢者は、含み損が出る度にナンピンを繰り返して、損失を取り戻そうとします。
けれど、時にはロスカットがトラウマになって、二度とトレードしたくなくなることもあります。
この違いは、一体何から来るのでしょうか?

パソコンでトレードする猫

カーネギー・メロン大学のアレックス・イマス准教授の研究論文によると、その判断には損失が確定損と含み損のどちらであるのかということが強く関わっているようです。

評価損もロスカットも相場で負けた結果には違いありませんが、投資家の心の中では大きな違いがあります。

実際に損失を清算した場合は、既に決着が付いているため熱くなることはありません。
慎重になって、これ以上の損を重ねないように安全運用を始めます。

一方、含み損はまだ損益が確定していないため、損失を回避しようという心理が働きます。
だから、ナンピンを繰り返して取得単価を下げたり、マーチンゲールで損失を取り戻そうとするわけです。

ミセスワタナベはとことん塩漬けが大好きで、多少の含み損が出ても持ち株や外貨を決済しません。
「いつか戻るだろう」と楽観的に考えて、戻った時のために買い増しを続けます。
ええ、もちろんエセ賢者のことですよ。

ナンピン倍プッシュ

本人は利益を出すためにやっているわけですが、相場は常に天邪鬼なので、それが報われることはまずありません。
損を取り返すためにポジションを増やす行為が、損失額を何倍にも拡大することになります。

それを避けるためには、含み損を抱えることなくバッサリ切り捨てるのが有効です。
上に書いた通り、「確定損には慎重になる」性質があるので、こまめにロスカットさえすれば、さらにリスクを取ることはありません。
そもそも、損切りしたらナンピン自体できないわけだし。

PC画面を閉じてポジションを忘れたつもりになっても、建玉が存在している限り完全に忘れることはできません。
継続すればするほど思考を乗っ取り、知らない間に大胆になっていって、どこかで大きな冒険をしてしまいます。

損切りとは、単に建玉を決済して証拠金を開放することではありません。
貴方の心に決着を付けて、次へ進むことでもあるんですよ。

男の価値は過去へ拘りを捨てること
獣王のように男らしく生きたい! (´;ω;`)

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからリスクなしでFXを始める方法

日本の政治が間違っている理由

ツイッターのフォロワーは母親だけ
友達いなくて悪いか! 。゚(゚´Д`゚)゚。

なぜか勘違いしている日本人が多いので、念のために言っておきます。
政治とは「皆が意見を出し合ってこの国を良くする」ことであって、「独裁者を選ぶ」ことではありません。
小学生にもわかる当然のことですが、知らず知らずのうちに後者を選択してしまうことが頻繁にあります。

「自民党の政策が悪い」
と言うと、
「だったら民進党や共産党がいいのか?」
とか
「日本を愛していないのか?売国奴!」
とか言うネトウヨさん達が沢山いますが、それは話を反らしているだけです。

政策が悪い⇒政策を改善するべき
というのが、まともな考え。

政策が悪い⇒クビにして他の奴に任せろ
が短絡的な考え。

普通の人なら前者を選ぶはずですが、ハラキリ文化に毒された武士は腹を切ることに躍起になってしまうようです。
失敗を認めたら切腹しなくてはいけないから、政治家や官僚は誰も間違いを認めようとしません。
舛添知事なんて、最後の最後まで粘っていましたね。

侍の切腹

政治資金を流用した知事を解任して、それを取り締まる法律はそのまま。
不祥事が起きたら社長をクビにして、別の人をトップに据えるだけ。
それで何が良くなるんでしょうか?

誰がやっても、悪いことは悪い。
罪を憎まず人を憎むのは、ただのアホです。

「日本が嫌なら日本から出ていけ!」
というのは、
「マンションが老朽化して倒壊しそうだから、みんなで心中しよう!」
と言っているのと同じです。

現在民進党代表戦に伴う蓮舫氏の「二重国籍問題」が大騒ぎになっていますが、これもくだらない話ですね。
エセ賢者は民進党が消滅したほうが日本のためになると思っていますが、二重国籍をわざわざ叩く気は起きません。

どうせ早めに台湾籍を離脱しておけば、何も問題にされなかったんでしょ?
蓮舫氏が代表になろうがなるまいが、日本の政治は変わらないでしょ?

そんなことに労力を注ぐぐらいなら、もっと建設的なことを考えたほうがいいと思います。
二重国籍が放置されやすい法律の欠陥とか、日本に50万人いる在日朝鮮人の扱いについて議論するならともかく、個人を辞職させて何の意味があるのでしょうか?

ネット工作員はとにかく外国と比較するのが大好きで、毎日のように中韓をこきおろしつつ日本を称賛しています。
日本に生きる私達にとっては、中国も韓国も全く関係ありません。
この国に問題があるなら、この国をなんとかしましょうよ。

日本を変えたい鳥

選挙の時期になると、多くの国民は「どの政党に投票するか」を考えます。
誰もが当たり前のように思っていることですが、よくよく考えるとおかしいと思いませんか?

私達が知りたいのは「この国がどうなるか」であって、「どの政党が政権を取るか」ではありません。
なのになんで、競争の勝ち負けで一喜一憂するのですか?

多数派の意見が通るなら、国民全部で多数決をすればいいだけのこと。
頭の良い人に決めてもらえばいいなら、全員にIQテストを行って一番成績の良い人を首相にすればいい。

それでは困るから717人の議会を作って、話し合って決めるようにしたんですよ。
縄文人ですら皆で知恵を出し合って決めていたのに、現代人にそれができないのは何故?

貴方がもし為政者を選ぶために選挙に行くというなら、その行為自体が間違っていると思ったほうがいい。
少数で利権を独占しようとしている人達に、利用されているだけです。

舛添を応援する自民党安倍総理

私達日本人は激しい受験戦争にさらされ、厳しい就職活動を通じて「席は奪い合うもの」という認識を植え付けられました。
それも自然界の法則からすれば決して間違っていないのですが、1億2千万人が生きる共同社会で同じことをやっていたらいけませんよね。

特定の人に有利な制度を作り、利益を誘導するだけなら、それは政治ではありません。
ただのイス取りゲームです。

エセ賢者はそれではいけないと思ったから、直接民主制を掲げる「支持政党なし」に投票して笑われました。
たとえ誰にも理解されなくても、それが正解だと信じています。

私達の役割はこの国を良くすることであって、特定の個人や集団に特権を与えることではありません。
与党も野党も関係なく、皆が同じ目的に向かって議論できる世の中を作っていきましょう。

嘘つかない自民党
特定の組織を盲目的に信じるなら、それ自体が間違っているのさ。

<合わせて読みたい記事>
⇒与党も野党も嫌なら、「支持政党なし」に投票したらいい

マイナス金利の深堀りで銀行預金もマイナス金利になる?

コーヒーの生産量クイズ
もはや隠す気がないのか・・・(っω・`。)

9/21の日銀検証でマイナス金利の撤回がないか期待していましたが、どうもそうはならないようです。
黒田総裁は講演で、「総括的検証は市場の緩和の縮小という方向の議論ではない」と説明しており、マイナス金利もまだまだ深堀りできると述べています。

ということは、今度は適用金利を現行の-0..1%からさらに引き下げるんでしょうかね。
欧米と違って日本の適用範囲は極めて狭いのでただ金利を下げたって意味がないんですが、何かやったというポーズは取りたいのかな?

黒田バズーカ3の時と今の為替レートを比較してみれば一目瞭然ですが、限定的なマイナス金利政策に円安誘導効果はありません。
単に銀行のカネ余りを加速させて、長期金利をこれでもかと引き下げるだけです。
一般庶民に所得がない状態で供給量を増やしても、インフレにはなりませんよ。

消費税に減税はない
景気を回復させたければ、減税すればいいのに。

日銀がどこまで本気かわかりませんが、この分だとマイナス金利の拡大は行われるでしょう。
そうすると銀行預金の預け先がさらになくなるので、民間の預金金利は下がりやすくなります。
もう既にゼロみたいな利息ですが、本気でマイナスに突入する可能性もあります。

「預金したら罰金とかありえねーよ」
とエセ賢者も笑い飛ばしたいところですが、マイナス金利を先行したヨーロッパでは実際に始まっています。

ドイツのライファイゼン銀行やスカート銀行は、一定以上の預金者に対して懲罰的金利を課しています。
それ以外の銀行も、口座維持手数料の徴収や振込手数料の値上げを行っています。
お金を預けただけで目減りするとか、考えるだけでもぞっとしますね。

日本はまだそこまでの状況になってはいませんが、徐々に手数料が上がっているようです。
ゆうちょ銀行は、これまで無料だった同行間振り込みを一定回数以上で有料に切り替えました。
このまま行くと、いずれ欧州の後を追うことになるかもしれません。

結局のところ、公的機関が金利を操作するのは、その分だけ国民に負担を強いるということです。
日本政府がやっているのは、景気対策に見せかけた搾取なんですよ。

政府が金利をコントロールし、大企業を買収し、税金と社会保険料を上げる。
これってどこの社会主義国家の話でしたっけ?
移民党の極左っぷりには、いつも感心させられます。

安倍の成長戦略

これまでの実績から考えて、黒田総裁がいかに金利の引き下げを行ったところで、為替も株価も素直に上がるとは思えません。
(国債価格は上がりそうだけど)
いたずらに銀行の負担を増やして、預金者に損失を押し付けるだけでしょう。

銀行に頼らずにいかに自分の資産を守るか?
それが私達庶民の課題になります。

黒田の消費者物価指数
そろそろ諦めてもいいじゃないか?

瞑想の目的と意味と意義とコツ

専門学校で笑顔に変わる
入学したい。(^∇^)

ここはFXブログの皮をかぶったオカルトブログなので、今回も怪しげな話をお送りします。

古今東西の修行僧達は、やたらに瞑想が好きです。
座禅を組んだり、滝に打たれたり、断食したりして真理に近づこうとしていますが、そんなのは無意味だとエセ賢者は思っています。

悟りとか、無我の境地とか、精神統一とか、難しい言葉はどうでもいい。
瞑想とは要するに、「静かにしなさい」ってことだとエセ賢者は解釈しています。

猫の音楽隊

雑音が大きすぎると、人の声が聞こえません。
年末になると、道路工事の音で仕事に集中できません。
近くで芝刈り機が動いていると、他に何が起きていても気付きません。

西日がまぶしすぎると、辺りの様子を見落として事故が起こります。
強烈な異臭を放つ物体があると、全然鼻が利かなくなります。

私達の五感は、外乱に極めて弱い。
小さな音を聞き取るためには、周囲の雑音をシャットアウトする必要があります。

舛添と野々村は耳が聞こえない

実は部屋を閉め切って毛布を被り、アイマスクと耳栓を着用しても、私達の感覚はそれほど鋭敏にはなりません。
なぜなら、外界だけでなく、私達自身もエネルギーを発しているからです。

心臓を動いても、血液が流れても、呼吸しても、物体が動く限り音が生じます。
人体は絶えず電気信号や熱が行き交っていて、周囲にも電磁波をまき散らしています。

私達自身は気付かなくても、聴覚の鋭敏な動物や赤外線を視ることのできる動物には知覚されます。
騒音計やサーモグラフィを使えば、人体が発しているエネルギーを測定することができますね。

人間には常態の信号を省くフィルタがあるので、いつも聞こえているはずの音は認識されません。
自分の息遣いを意識することはないし、自分の体臭も気になりません。
けれど、それは確実に存在して、外部からの信号をジャミングしています。

気になる人は、普段無視している機械音にでも焦点を当ててみてください。
キーンという高周波を一度意識してみると、ウザくて仕方ないから。

うるさいのでセルに殴られる

瞑想とは、その雑音を抑えて本当に欲しい微弱な信号をキャッチするということです。
周囲や自分が作り出しているものを極限まで落とせば、自然と聞こえない物が聞こえるようになって、見えないものが見えるようになります。

私達の脳内は、自分が思っているよりも遥かに騒々しくて、同時に受動的です。
人前では緊張して思考が乱れるし、チャートを見れば恐怖と欲望に駆られるし、可愛い猫を見るとそれだけで胸がいっぱいになります。
眼や耳を開いているだけで脳は周囲に反応し続けるので、本来の目的や意思はあっという間に消え去ってしまうでしょう。
大抵の場合、物事を続けるうちに趣旨が変わって本末転倒になってしまうのは、それが原因です。

目をつむったとしても、根本的な解決にはなりません。
過去の罪悪感や未来の心配事を考えれば、潜在意識は延々と暴走を続けます。

滝

だからこそ時々瞑想を行って、雑念を消してあげないといけません。
周囲に対する衝動的反応を抑えて、無意識に立ち返る必要があるわけです。

音のエネルギーは距離の二乗に反比例するので、周囲がいくら騒々しくても、距離が離れている限りは大きな影響をもたらしません。
本当に自分を苦しめているのは、他人や環境ではなく、それに反応して騒ぎ立ててしまう自分自身なんですよね。

悟る犬

私達の身体は自分が思っている以上に活発で、そのエネルギーの大きさ故に心の底にある本当の気持ちを忘れがちです。
そんな時は雑念を消して、その声をゆっくり聴いてみるといいでしょう。

それが貴方に何を伝えてくれるのか、私にはわかりません。
私の潜在意識はこのブログを書くように伝えてくれましたが、その行為に何の意味があるのかも知りません。
瞑想の意味なんて、本当は誰にもわからないのかもしれません。

けれど、雑音を取り払った後に生まれるインスピレーションは、間違いなく貴方自身の内から生まれたものであり、深奥にある願望や欲望をストレートに表現しています。
それ故に、どんな高名なアドバイザーよりも的確に最良の回答を与えてくれるでしょう。

静かにする猫
目まぐるしく変化する喧騒の中では、誰もが己の在り方を見失ってしまいます。
たまには静かに自分の声でも聴いてみましょう。

日雇い労働者は正社員より金持ちになれる

魔法の呪文はハローワーク
やっぱり働くしかないのか!? (´;ω;`)

次の二つの仕事があるとします。
貴方はどちらの仕事に就きたいでしょうか?
労働時間や福利厚生は同じとし、土日休日は無視します。

①日給1万円が支払われる日雇いバイト

②毎月31万円が支払われる正社員


まぁ、どう考えても②の正社員ですよね。
バイトや非正規を選ぶのはただのアホです。

ハードなブラック企業でアルバイト

しかし、単純に資産を増やすだけなら、実は①のバイトのほうが圧倒的に有利です。
貴方が運用して安定した利益を出せる投資家であるのなら、間違いなく①を選ぶべきです。

理由がわからない人は、運用利回りも込みで計算してみましょう。

一月を31日とすれば、①も②も一月の収入は同じ31万円です。
しかし、 ①は給金が日払いなので、②より早く賃金を受け取ることができます。
電気水道を止められて日々の飯にも困っているエセ賢者にとって、その日に給料をもらえる日雇いバイトは実に魅力的ですね。

仮に貴方が安定して利益を上げられるFXトレーダーだと仮定します。
1日に受け取ったお金を全てFX口座に入れて、デイトレードで毎日1%の利益を上げられるとします。

すると、交通整理のバイトで受け取った10,000円は、その日の夜には10,100円になります。
さらに次の日のバイト代が加わって20,100円になり、運用によって20,301円になります。
お金を複利運用していけば、お金はどんどん増えていきます。

1日目⇒10,100円
2日目⇒20,301円
5日目⇒51,520円
10日目⇒105,668円
31日目⇒394,941円


月給31万円と比較すると、一月後の資産には54,941円の差が出ます。
正社員より日雇いバイトのほうが5万円もお得という、衝撃の事実が判明しました。

もちろん実際に就職するなら、正社員一択ですけどね。

バイトの労働単価が正社員に勝てるわけないし、福利厚生も充実でボーナスも出る。
労働組合に守られているから解雇もされにくいし、失業しても退職金が出る上に手当が受けられる。
非正規雇用とは、次元が違うんです。

正社員と生活保護と刑務所
正社員の好待遇に嫉妬! ( ノД`)

上の計算は土日を無視したかなりいい加減な計算です。
実際にバイトで社員並みの高給が受けられるわけでも、毎日一定の利益が上げられるわけでもありません。
しかし、早く給料をもらって運用したほうが大きな資産を形成できるのは本当です。

資本主義社会には、
・お金は時間が経つと減価する
・お金を預けると利息が付いて増える

というルールがあるため、収入を得るタイミングが利益に直結します。
支払いの遅延を行っている企業は、遅れた分だけ支給額を減らしているのと同じです。

当然、これは給料だけでなく、株式の配当や銀行の利子にも適用されます。
マイナスの分も考えると、借金でも同じ法則が成り立ちます。
要するに「住宅ローンは定期的に払うより、繰り上げ返済しておけ」ってことです。

次の案件は全て年利5%の投資案件です。
どれが一番お得でしょうか?

①ねこねこ株式会社の株主配当 年利5%で年末に支給

②ワンコ不動産投資 年利5%で毎月分配

③クマスキー共和国政策金利5% FXで通貨を買えば、年利5%分のスワップポイントを毎日付与


上の話を読んだ人ならすぐにわかると思いますが、①<②<③になります。
①は年末に1回配当を受け取るだけで終わりですが、②は毎月の分配金を再投資して、さらに増やすことができます。
(大雑把に計算すると、②のほうが3%くらい大きくなる)

③のスワップポイントは毎日付与されるため、毎日1通貨単位で再投資できるなら、凄まじい勢いで利殖が進んでいきます。
同じ年利でも、複利運用の有無で全く結果が変わるんですよ。

まぁ、株でもFXでも値動き>利回りなので、こんなのは机上の空論なんですけどね。

しかし、銀行の貸付のように利息収入だけ、あるいは期待値プラスの長期的運用でトータルが利益になるなら、この差は如実に出ます。
かつて物理学の巨匠であるアインシュタインは言いました。
「人類最大の発明は複利である」
と。

相対性理論を提唱した天才が言うんだから、複利運用が最強なのは間違いない。
高利貸しで巨万の富を築くユダヤ人を皮肉った言葉だと思いますが、かつての世も現代も、銀行家が経済界を牛耳っているのは事実ですしね。

私達庶民の賃金は矮小かつ横並びなため、真面目に働くだけで大金を得るのは難しい。
資産形成を望むなら、収入をただ貯蓄するのではなく、長期的な運用計画を考えるべきでしょう。

パソコンを使う貴族
何気に先物取引の発祥地は日本だったりする。