熊本地震 震災が起こる度に円高になるカラクリ - 貴方を幸福にするFXブログ

熊本地震 震災が起こる度に円高になるカラクリ

死の予感
むしろ生きているのが不思議だ。(;゜0゜)

4/14 21時26分に熊本県を震源とする地震が発生。
最大震度7で建物が倒壊し、その後も余震が続いているようです。

死者は少なくとも9名以上で、熊本城も外壁が破損。
同時刻にトランプタワーを建設中だったエセ賢者氏はタワーの倒壊により下敷きになりましたが、幸いにも軽傷で済んだとのこと。

地震で崩れた石垣

この報道を受けて為替相場はリスクオフが強まり、円は急騰。
一時1ドル=108円88銭まで円高が進みました。

東日本大震災や阪神大震災の時もそうでしたが、やはり大きな地震が起こると円高になりますね。
トランプに夢中だったアホ賢者はともかく、できる投資家は携帯が鳴った瞬間に円ロングでエントリーしたでしょう。

震災後に円高になる理由としては、

・保険のレパトリエーションで外貨の円転が起こる
・リスクオフで円キャリーの巻き戻しが起こる
・株が売られるから、円高になる


といった事柄が挙げられていますが、実際は大した影響ではありません。
どちらかといえば、これらを理由に海外のファンドが円買いを仕掛けてくるのが、一番の理由でしょう。
多分、投機筋は地震のニュースに反応して円ロングするアルゴリズムでも作っているのでしょう。

実際、311の時は数日後に強烈な円高が発生しましたが、地震の直後は円安に動きました
当時20pipsほど上に指していたUSD/JPYショートが約定したから、間違いない。

あの頃はニュージーランド地震のすぐ後で、地震は通貨安を招くものだと思われていた部分もあったのでしょう。
その後、阪神大震災の記憶と日本の決算期に伴う円需要が重なって円高が進み、メンテガラが引き起こされました。

阪神大震災と東日本大震災、その他の災害の連続で、市場はすっかり災害=円高という図式を作り上げてしまいました。
悪いのは地震ではなく、人間の邪な考えということですね。

最悪の場合

熊本地震は円高になりましたし、大きな余震や他の地方で大地震が起こっても、円高に寄与するでしょう。
けれど、相場への影響は、それほど大きくはないと思われます。

熊本市は大都市ではないし、東北のように津波が来たわけでもない。
東日本大震災のように、決算がらみで大きな資金需要が重なるわけでもない。
相場のトレンドが変わるほど、大きな要因ではないと考えていいでしょう。

事実はどうあれ、マーケットは災害時に日本円が最強であると信じ込んでいます。
地震が起きたら、まず慌てずに、避難とエントリーの可否を判断しましょう。

非常時における対応を、平常時に考えておくのも大切ですね。
物資の面でも、投資家としても。

関東地方で強い地震
テレビ局も落ち着け。

<関連記事>
⇒東日本大震災を振り返って
⇒メンテガラ いつか再来する悪夢
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-04-18 12:52 | from -

Re: 書き出し「大変だったね。」は不適切だ

> こんにちは。
>
> 書き出しが「大変だったね。」となっていますが、これはマズい表現ですよ。
>
> 地震で亡くなった人々をバカにしているようにも、読み取られてしまいます。

それは地震と全く関係のない画像に対するコメントなのですが、
確かに余計な誤解を生んでしまいますね。
差し替えておきます。

2016-04-18 13:25 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1001-ccf620ea