国民年金破綻の嘘 年金を運用すること自体が間違いではないか? - 貴方を幸福にするFXブログ

国民年金破綻の嘘 年金を運用すること自体が間違いではないか?

舛添知事の旅行費用無駄遣い
日本の政治家は、無駄遣いが好きだね!ヽ(´∀`)ノ

日本政府は選挙対策の為にGPIF運用成績発表を7月末に延期しましたが、株価の下落幅からして最低でも5兆円の損失が出ているものと考えられます。

政府の無計画な運用は万死に値しますが、それで即座に「年金制度は崩壊する!」なんてことはありませんので、年金受給者はご安心ください。
「運用成績次第で減額は有り得る」と安倍首相は言っていますが、せいぜい受給額が半分になって受給開始が70歳くらいになるだけでしょう。

なぜ年金制度が崩壊しないかというと、「GPIFの運用資金=現在支給されている年金」ではないからです。
現在の高齢者に支給されているお金は、私達現役世代が毎月納める年金保険料(+国庫負担分)であって、これまで積み上げてきた運用資金ではありません。

今現在払っている保険料が高齢者に流れているのだから、たとえ運用失敗で積立金がゼロになったとしても、現役世代がきちんと保険料を納める限り、年金制度がなくなることはありません。

だからGPIFがいくら損失を出しても、高齢者には実感がないのでしょう。
資金がなくなれば、現役世代の負担を増やせばいいだけ。
いくら日本経済が悪化しようが、彼等がギブアップするまで、年金制度は安泰です。(苦笑)

年金の払い損
酷いねずみ講だ。

では、「年金の運用でいくら損失が出てもいい」かと言うと、もちろんそうではありません。
運用資金の原資は、もちろん私達が納める国民年金・厚生年金保険料。
年金の損失は、私達の国民の損失に他なりません。

要するに、日本政府は本来高齢者や障害者を養うのに必要な資金より大きな金額をあえて徴収し、株や国債の購入にあててきたわけです。
逆に言えば、単純にお年寄りの生活費を捻出するだけなら、保険料はもっと安くて構わなかったとも言えます。

もちろん、将来の変動を見越してある程度の余裕は必要でしょうが、国家予算にも匹敵する
139兆8,249億円(平成27年度第3四半期末現在)
も、余剰資金を蓄積する必要はあるまい。

1億人が140兆円を収めたとすると、単純計算で一人当たり140万円の余剰納付。
国が国債や株を買い支えるために、国民から140万円ずつ徴収したと考えると、こんな馬鹿げた詐欺は他にない。
日本は国家を挙げて資金を調達し、投機ファンドを運営しているのか?

安倍政権がポートフォリオを改悪する前の累計運用成績はプラスですから、運用すること自体が間違っていたとは言い切れません。
けれど、140兆円が現役世代から強制徴収されず、国内の消費に回っていたら、この国の景気はもっと良くなっていたのではないでしょうか?

少なくとも、140兆円も余剰金があるなら、毎年のように国民年金保険料を値上げする必要はありませんね。
ハイリスクな運用を止めて、今まで払いすぎた分を還元すればいいだけのことです。

年金消失含み損GPIF

年金機構が現在のように過剰な徴収を行い、盛んに運用を続けるのは、この制度ができた際に徴収額に運用益を付与して支給することを約束してしまったからです。

要するに、昔破綻した安愚楽牧場と同じ、いわゆるネズミ講ですね。
あり得ない利回りを保証してしまった以上、後から来た加入者から資金を移転して、自転車操業を続けるしかありません。

ただ一点異なるのは、普通のネズミ講と違って警察が取り締まってくれないことか。
どう見ても詐欺なのに。

お年玉預かるだけ詐欺

若い方はご存じないかもしれませんが、1959年に施行された最初の「養老年金」は、一定の所得以下の高齢者にのみ支給される制度で、財源は全て国庫から賄われていました。

つまり、老人の生活を保障したければ、わざわざ別の仕組みを作らずとも、昔のように税金で養えばいいだけなのです。
少なくとも、税金・国民年金・健康保険・失業保険といった形に分割して非効率な運営をするよりは、トータルの負担は減るでしょう。
残念ながら大量の公務員が失業することになるので、政治家の皆さんは賛成してくれないと思われますが。

国民年金が本当に現役世代による相互扶助制度であるなら、天下り組織を作って運用する必要はありません。
信託銀行に高い手数用を払って、株式を買い上げる必要もありません。
高齢人口の生活費から計算して、最低限必要な額を税金から支給すればいいだけです。

過剰な資金を徴収してギャンブルに使う現在の制度は、助け合いの殻を被った詐欺に他ならないわけです。

生活保護と国民年金の格差
140兆円運用するほどお金が余っているのに、どうしてこうなるのか?

<参考>
⇒若者が1人当たり10人の老人を殺せば今日にでも高齢化問題は解決する
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

年金、どうなるんですよね。
>「お母さん、お年玉預かっておく」
は、おもわず笑ってしまいました。
しかし、年金は笑えないなぁ。

2016-04-24 00:16 | from saru999 | Edit

あぁ~っ、もう年金払いたくない!!払い損データ、5年くらい前のかもですが すでに1500万円マイナスなんて(-"-;)

2016-04-24 07:38 | from チョビ | Edit

Re: No title

> 年金、どうなるんですよね。
> >「お母さん、お年玉預かっておく」
> は、おもわず笑ってしまいました。
> しかし、年金は笑えないなぁ。

私は開き直って笑うことにしています。
「貴方の将来のため」
といってお金を徴収する詐欺は、お年玉も年金も変わらないので。

2016-04-24 09:40 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> あぁ~っ、もう年金払いたくない!!払い損データ、5年くらい前のかもですが すでに1500万円マイナスなんて(-"-;)

私も払いたくはありませんが、実質的に税金である以上、
不払いによるデメリットが大きすぎます。
将来の貯蓄ではなく、現在の老人への募金と思って、
マイナス分は忘れるしかないでしょう。

2016-04-24 09:47 | from 幸福賢者

No title

「将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえば いいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ。」と言ってた官僚の方がいたとかいなかったとか…

安愚楽牧場もそうですし、AIJ元社長は実刑判決を受けたのに、ネズミ講だけならず、記録消失したり、その何十倍の損を出しているGPIFが無罪というのは不思議な話しだと思います。
国ぐるみだと、犯罪も正当化されてしまうのでしょうかね。

2016-04-25 18:30 | from 鈴木 規夫

Re: No title

> 「将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえば いいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ。」と言ってた官僚の方がいたとかいなかったとか…
>
> 安愚楽牧場もそうですし、AIJ元社長は実刑判決を受けたのに、ネズミ講だけならず、記録消失したり、その何十倍の損を出しているGPIFが無罪というのは不思議な話しだと思います。
> 国ぐるみだと、犯罪も正当化されてしまうのでしょうかね。

犯罪とは法律違反であって、倫理観や合理性とは無関係ですからね。
政治家が我田引水を正当化できる以上、裁判で裁くのは難しいでしょう。
実施後に政策の結果を検証して、責任を取らせる制度があればいいのですが。

2016-04-25 18:58 | from 幸福賢者

No title

確定拠出年金も、老後資金を貯めつつ掛金分全額を所得税控除できる、
という甘い罠を庶民にたいして貼って、
政治家さんたちはまんまと運用資金を集めてるわけですねー。

まあ、罠でも、老後にお金がゼロよりはいいと思って
(元金がある程度保証される形でプランを組んだので。
それでもインフレのリスクはあるんですけどね)

旦那を加入させたのが去年の七夕ショックの前後で(笑)

情報弱者の行動だったのかしら。。。

でも、リスクは分散しないとですよね。

2016-04-26 18:07 | from 矛盾

Re: No title

> 確定拠出年金も、老後資金を貯めつつ掛金分全額を所得税控除できる、
> という甘い罠を庶民にたいして貼って、
> 政治家さんたちはまんまと運用資金を集めてるわけですねー。
>
> まあ、罠でも、老後にお金がゼロよりはいいと思って
> (元金がある程度保証される形でプランを組んだので。
> それでもインフレのリスクはあるんですけどね)
>
> 旦那を加入させたのが去年の七夕ショックの前後で(笑)
>
> 情報弱者の行動だったのかしら。。。
>
> でも、リスクは分散しないとですよね。

手数料、インフレ、そもそも60歳まで生きているのか。
その辺を考えると、確定拠出年金はデメリットが多すぎる気がしますね。
所得自体がなければ、控除も意味がありませんし。

日本円建ての年金や預金を作っても、リスク分散にはならないような。
私は年金より、外貨と現物でリスクヘッジすることをお勧めしますよ。

2016-04-26 20:51 | from 幸福賢者

No title

〉所得自体がなければ、控除も意味がありませんし。

→60歳まで解約できなくとも、一応、「拠出を途中で停止する」ことはできるので、
所得がなくなったらそのときは、お金払うのやめるつもりです。


〉日本円建ての年金や預金を作っても、リスク分散にはならないような。

→確定拠出年金の積み立て金のうち、
半分は「そのまま円で貯金」で
(↑元本が保証される部分)
もう半分は、世界経済に分散投資する投資信託に投資されるようプランを組みました。

〉私は年金より、外貨と現物でリスクヘッジすることをお勧めしますよ。

→以上をふまえても、やはり、
外貨と現物でリスクヘッジ
したほうがいいでしょうか?

↑これこそ、どの外貨と現物にかけるのか、自分でうまく判断する自信がなくて。。。

2016-04-26 21:50 | from 矛盾

No title

連続投稿失礼します。

〉そもそも60歳まで生きているのか

なので、もちろん、余剰資金をすべて確定拠出年金につぎこむわけではありません(笑)

あくまで「分散」の対象のひとつを確定拠出年金と考えているのです。

って、そんなに分散できるほどお金持ってないですけど(^_^)

長生きするリスク

もありますからねぇ。

2016-04-26 22:13 | from 矛盾

Re: No title

> →以上をふまえても、やはり、
> 外貨と現物でリスクヘッジ
> したほうがいいでしょうか?

別に危機を煽るつもりはないのですが、日本の財政は持続不可能なので、
いずれ破綻して、超円安に至る可能性が非常に高い。
アイスランド等の例を見るに、破綻後には復興が始まるのでそんなに心配する
必要はないのですが、それまで耐える資産がないと非常に苦しむことになります。

そんなわけで2~3年程度の生活費を米ドルやゴールドに替えておけば、
境地を乗り切る時の助けになるのではないでしょうか?
逆にドルやゴールドが値下がりする可能性もありますが、
日本円の価値が残っているなら、資産的には問題ないはず。

要は日本が沈もうが、アメリカが消えようが、最低限の資産が残っていればいいのです。

2016-04-26 22:38 | from 幸福賢者

No title

やはり、円安に備えてリスク分散するなら、米ドルとゴールドが基本ですかね?

アドバイスありがとうございます(^-^ゞ

2016-04-27 23:15 | from 名も無き天才投資家

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1007-a8cd04d2