エントリーの理由は後付けではいけない - 貴方を幸福にするFXブログ

エントリーの理由は後付けではいけない

ピーターパン症候群
現実見ようか・・・

トレードにおいては、誰もが有望な銘柄(株式、通貨ペア、債券など)を研究して、値上がりが見込める物を買うわけですが、その選び方には二種類あります。
いや、正確に言うと、調べて選ぶ人と、決めてから調べる人がいます。

この二つは全く違うものなのですが、意外と意識していないことが多いので、注意してください。

①調べて選ぶ人

前者は、特定の銘柄を見るのではなく、銘柄が持つデータの収集・分析から始める人です。
株式の場合、PER・PBR・ROE・自己資本比率など、特定のパラメータに着目し、それを並べて条件を満たす銘柄を選定します。
FXの場合は、各通貨ペアのスプレッド、スワップポイント、ボラティリティなどを比較して、取引する通貨ペアを選びます。
チャートの形状で判断するのなら、株でも為替でも商品でも何でもぶちこんで、全て平等にテクニカル分析で決めてもいい。

いずれにしても膨大なデータから一番良い銘柄を探し出すということになりますので、どんな銘柄がヒットするかはわかりません。
「株価が過小評価されている銘柄を探したら、聞いたこともない会社ばかり出てきた」
なんてことも珍しくありません。
比較サイトや自前のエクセルデータで並び替えて順位を付けると、誰もが知っているような銘柄はだいたい選ばれません。

ちなみに東証1部で一番PBRが低い企業を検索したら、
(株)高知銀行 PBR 0.17
でした。
ね、予想したような企業は出てこないでしょ?

また、FXで一番政策金利が高いのは、
ブラジルレアル 政策金利14.25%
ですが、スワップ重視の日本人でも取引している人は多くないと思います。
取引しても為替差益で死ぬだけだし

②決めてから調べる人

こちらは、まず目につく、あるいはパッと思いつくような銘柄を決めて、それからデータを調べる人です。
選んでいるというよりは、「既に8割がた心の中で決めていて、それを買うための裏付けが欲しい」という人が多い。

日本一の大企業であるトヨタとか、携帯で有名なソフトバンクとか、ニュースで騒がれているシャープとか。
FXで言うなら日本人に馴染みの深いドル円とか、FX業者がキャンペーンをやっている特定の通貨ペアとか。
まず最初に取引したい銘柄があって、それをトレードするために情報を集めます。

まぁ、だいたい成功はしませんね。
トレードしているというより、やらされているわけですから。

犬を隠れて見つめる猫

この二つスタイルは、就職活動の取り組み方によく似ています。

一方は給与や手当、離職率といった客観的データから多数の企業を比較する若者。
もう一方は、世間的に知名度の高い大企業にかたっぱしからエントリーする若者。

どちらが採用されて、良い仕事ができる確率が高いかと言えば、間違いなく前者でしょう。
それでも、多数の若者はネームバリューを優先して、データ分析を疎かにしますが。

これを読んでいる貴方も何らかの根拠を持って、株や通貨をトレードしているでしょう。
そうでなくても、就職先や結婚相手を選ぶ際に、相手を品定めしたことがあるはず。

それは自分でデータを集めてエクセルにまとめ、パラメータ順に並べて優劣を付けた上で選出されたものでしょうか?
あるいは、テレビで聞いたものや誰かに教えてもらったものを、ただ鵜呑みにしているだけなのでしょうか?

できることなら、先入観を捨てて、最も条件に合うものを選びたいものですね。

好きになるのに理由は要らないものですが、お金が絡むとそうもいきません。

苦渋の選択
これは難しい判断だ。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

こんにちは。。

面白い分析ですね。

自分が就職活動をしているときは、自分が活躍できそうな会社はどれかという消極的な選択の仕方をして決めました。
従って、必然的に、大企業でなく、大企業より小さな会社です。
 今振り返ると、大企業はは時代の流れの変化に対応できずに、会社再編、リストラ、撤退などで、結構厳しい状況になっているようです。

 もちろん、会社が小さくても、時代の流れに乗れない会社はあるのですが、幸いにも、今のところ、耐えているようです。 今後どうなるのかわかりませんだ、どのような会社に入っても、厳しい時が来ることを想定しないと、まずい時代になっているのかなと最近思っています。

では。。

2016-05-06 18:34 | from yyaloha

Re: No title

> こんにちは。。
>
> 面白い分析ですね。
>
> 自分が就職活動をしているときは、自分が活躍できそうな会社はどれかという消極的な選択の仕方をして決めました。
> 従って、必然的に、大企業でなく、大企業より小さな会社です。
>  今振り返ると、大企業はは時代の流れの変化に対応できずに、会社再編、リストラ、撤退などで、結構厳しい状況になっているようです。
>
>  もちろん、会社が小さくても、時代の流れに乗れない会社はあるのですが、幸いにも、今のところ、耐えているようです。 今後どうなるのかわかりませんだ、どのような会社に入っても、厳しい時が来ることを想定しないと、まずい時代になっているのかなと最近思っています。
>
> では。。

良い就職をなされたようですね。
私は大企業にいましたが、大きな企業だから良い仕事ができるというものでもありませんでした。
就職先も株式もネームバリューで選ぶものではないと思った次第です。

2016-05-06 18:42 | from 幸福賢者

No title

わたしはブラジルレアルで死にました。

2016-05-06 23:04 | from ねずみ賢者

Re: No title

> わたしはブラジルレアルで死にました。

私もブラジルレアルで死にました。
スワップ狙いでロングすれば為替損で負け、
為替狙いでショートすればスワップで負ける。
本当にどうしようもない通貨です。

2016-05-07 10:06 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1019-d0dd24ca