にほんブログ村トーナメントは機能していないのではないか? - 貴方を幸福にするFXブログ

にほんブログ村トーナメントは機能していないのではないか?

誠実で賢いのはゲイオタク
ゲイが一番評価されているのか!? (゚д゚)

にほんブログ村には記事トーナメントという機能があり、名前通りエントリーされた記事同士でトーナメントを行い、優勝を決めるようになっています。
投票は読者から一人一票で、票数の多いほうが勝ちです。

暇だったので、エセ賢者も当ブログの記事を20程のトーナメントに寄稿してきました。
トラックバックでも直接指定でも、好きな記事を投稿できるのが便利ですね。

結果は当然ながら全滅
猫画像と面白画像しかないブログなので、負けるのはしょうがない。

しかし、きちんと分析してみると、「この記事トーナメントは有効に機能しているとは言いがたい」と思います。
やっかみとかじゃなくて、明らかにおかしい。

例えば、以下はエセ賢者も参加した「さぁ広めよう23」トーナメントの結果です。

<さぁ広めよう23>
トーナメント・テーマ:この情報を広めよう!
開催期間:16年05月12日 から 16年05月18日まで
 
第1回戦 52名による総当たり戦 16年05月12日 00:00 ~ 16年05月13日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は162票となりました。
第2回戦 第2回戦結果ページ 全16戦 16年05月14日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は62票となりました。
第3回戦 第3回戦結果ページ 全8戦 16年05月15日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は15票となりました。
準々決勝戦 準々決勝戦結果ページ 全4戦 16年05月16日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は12票となりました。
準決勝戦 準決勝戦結果ページ 全2戦 16年05月17日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は4票となりました。
決勝戦 決勝戦結果ページ 全1戦 16年05月18日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は2票となりました。


1回戦の総得票数は162票は、まぁいい。
52名も参加者がいるにしては、かなり少ない気もしますが。

しかし、試合が進んでいく度に票数は半減し、決勝に至っては総得票数は2票しかない。
どれだけ注目されてないのよ・・・

参加者の少ないトーナメントに至っては、もっとひどい。
決勝が1票とか、何の意味があるのか?

<赦し・・>
トーナメント・テーマ:ゆるし、赦し、赦免、許し?、許可?、罪、偽善、拒否、不全、悔い改め、無理、祈り、・・
開催期間:16年05月11日 から 16年05月15日まで
 
第1回戦 10名による総当たり戦 16年05月11日 00:00 ~ 16年05月12日 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は8票となりました。
準々決勝戦 準々決勝戦結果ページ 全4戦 16年05月13日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は7票となりました。
準決勝戦 準決勝戦結果ページ 全2戦 16年05月14日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は4票となりました。
決勝戦 決勝戦結果ページ 全1戦 16年05月15日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は1票となりました。


票数が数票しかないのなら、仲間が数人いれば確実に勝てます。
極端な話、IPアドレスを変えれば一人でも勝てる。
エセ賢者はしたことありませんが、自分の記事にも投票できるだろうし。

「票数が少ないにしても、投票は投票なのだから、不正ではない」
と言えばその通りですが、「肝心の投票が内容を見て行われているか?」というのが次の問題。

せっかく記事を投稿したので、エースアナライザを利用して、トーナメント読者がどれだけ記事を読んでいるのか確認してみました。

眼鏡猫


<トーナメントページからのアクセス数>
閲覧数4→http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14090.html
閲覧数2→http://philosophy.blogmura.com/tment_vot/55_14077.html
閲覧数1↓
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14072.html
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14136.html
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14085.html
http://others.blogmura.com/tment_mup/57_14070_2.html
http://politics.blogmura.com/tment_ent/37_14108.html
http://others.blogmura.com/tment_ent/57_14090.html
http://politics.blogmura.com/tment_vot/37_14116.html
http://politics.blogmura.com/tment_ent/37_14094.html
http://local.blogmura.com/tment_ent/80_14153.html
http://philosophy.blogmura.com/tment_ent/55_14164.html
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14109.html
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14098.html
http://philosophy.blogmura.com/tment_vot/55_14087.html
http://politics.blogmura.com/tment_vot/37_14094.html
http://politics.blogmura.com/tment_ent/37_14116.html
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14070.html
http://others.blogmura.com/tment_vot/57_14090.html


一番読まれた試合でも、閲覧はたったの4回。
ほとんどは1回しか読まれていません。
トーナメント管理人がチェックのために一回見ると考えると、誰も読んでいない可能性すらある。

エセブログへのアクセス数が単に少ないのかもしれませんが、閲覧者が投票数を下回るなら、投票者は記事を読まずに投票していることになります。
下手すると、参加者が自分の記事に投票しているだけかもしれない。

記事を読んでつまらないと判断するならともかく、そもそも読んでいないのでは話になりません。
このトーナメントの存在意義すら危うくなってきました。
こんなに人が集まらないなら、トーナメント方式はやめて、一回限りの全数投票にすればいいのに・・・

こんなことを書くと、にほんブログ村からも追放されそうですが、別に構うまい。
既に『人気ブログランキング』からも削除されている身だし、消したければ好きにすればいい。

⇒人気ブログランキングから削除されました♪

はっきり言うと、近年のブログランキングサイトはどこもブロガーが自己サイトのアピールをするばかりで、全く読者のほうを向いていません
ランキングの上下は組織力と不正とによって築かれ、順位と内容は全く一致しません。
(もちろん、このエセブログも内容が全く伴っていない)

中には「お金を払って応援ボタンを押してもらう商売」まであるのだから、本当に嘆かわしい。
プロフ画像を動物にするような詐欺師と一緒に、まとめて消えてもらいたいところです。

良き発信者になりたければ、ブロガーしかいないランキングサイトになど頼らず、自分の力でファンを作るべきなのでしょう。
実際にアルファブロガーのアクセスは、殆どグーグル検索かブックマークによるものですし。

もしもあなたが不正を正したいと思うのなら、にほんブログ村に行って本当に面白いと思われるブログに投票してあげてください。
きちんと見てくれる人が増えないと、あそこはずっとこのままです。
(別にどこぞの猫に投票する必要はありません)

不正選挙
世の中から不正選挙がなくなりますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

かつて、2ちゃんねる運営者の西村博之さんが、
「嘘を嘘であると見抜ける人でないと、掲示板を使うのは難しい」と言ったそうですが、

ブログランキングサイトの運営者にも、もちろん責任はあるのかもしれませんが、
それを見て、評価するほうにも問題があるように思います。
政治もそうですが、インターネットにおいては特に、それを見る私達が、真偽を見抜くメディアリテラシーを養っていくことが大切であり、それこそが、こういったインチキまがいの最大の抑止力になるのだと思います。

2016-05-19 21:56 | from 鈴木規夫

No title

上記コメント本文とズレてる、誤爆でした。すみません。

決勝が1票ってやる意味ないですな、これ

2016-05-19 22:11 | from 鈴木規夫

Re: No title

> 上記コメント本文とズレてる、誤爆でした。すみません。
>
> 決勝が1票ってやる意味ないですな、これ

本当に意味ないと思いますよ。
しかも、同じブログがいくつも優勝してる出来レース。
読んでみたけど、自己満足ポエムで理解すらできませんでした。

2016-05-19 22:33 | from 幸福賢者

Re: No title

> かつて、2ちゃんねる運営者の西村博之さんが、
> 「嘘を嘘であると見抜ける人でないと、掲示板を使うのは難しい」と言ったそうですが、
>
> ブログランキングサイトの運営者にも、もちろん責任はあるのかもしれませんが、
> それを見て、評価するほうにも問題があるように思います。
> 政治もそうですが、インターネットにおいては特に、それを見る私達が、真偽を見抜くメディアリテラシーを養っていくことが大切であり、それこそが、こういったインチキまがいの最大の抑止力になるのだと思います。

「ギフト券2万円分プレゼント!」
なんてのは、ひっかかるほうが悪い。
けれど、それでも登録してしまう人がいるのも事実。

・・・私とか私とか。やっぱり私とか。

2016-05-20 14:30 | from 幸福賢者

同感

 仰っていることの全てに共感しています。

 私も記事トーナメントに参戦して同様の印象を抱きました。初戦で敗退したのですが、対戦相手の記事はマニアックな写真が並んでいるだけで文章はほとんどなく、主張したい内容もはっきりしない駄作でした。

 しかし、ごくわずかな投票者がその記事に投票して私は敗北を喫しました。自分が記事が優れているとは思いませんが、少なくとも第三者が読んでそれなりの情報が得られるようにはしています。

 昨今はフェイスブックが流行していますが、大半の人々は食べ物の写真、景色の写真を連日のように公開しているだけです。これは単なる自己満足にすぎません。こういうのに付き合うのは時間の無駄です。外部に価値のある情報を発信するというスタンスの人は滅多に見かけません。

 貴兄の記事は文章もしっかりしている上、中身の濃い傑作です。ランキングサイトに一票入れておきました。

2017-08-31 12:01 | from 佐々木智親 | Edit

Re: 同感

>  仰っていることの全てに共感しています。
>
>  私も記事トーナメントに参戦して同様の印象を抱きました。初戦で敗退したのですが、対戦相手の記事はマニアックな写真が並んでいるだけで文章はほとんどなく、主張したい内容もはっきりしない駄作でした。
>
>  しかし、ごくわずかな投票者がその記事に投票して私は敗北を喫しました。自分が記事が優れているとは思いませんが、少なくとも第三者が読んでそれなりの情報が得られるようにはしています。
>
>  昨今はフェイスブックが流行していますが、大半の人々は食べ物の写真、景色の写真を連日のように公開しているだけです。これは単なる自己満足にすぎません。こういうのに付き合うのは時間の無駄です。外部に価値のある情報を発信するというスタンスの人は滅多に見かけません。
>
>  貴兄の記事は文章もしっかりしている上、中身の濃い傑作です。ランキングサイトに一票入れておきました。

ブログランキングもフェイスブックもYoutubeも見ていますが、年々レベルが下がっている気がします。
きちんと視聴者のことを考えて情報を発信している人がどれだけいるのやら。
素人なのだから低レベルな物を出すのは仕方ないのですが、それが上位に来るように設定している運営は問題です。
特に中身のない動画を推薦して広告料を提供しているYoutubeには、猛省してほしいところです。

2017-08-31 12:27 | from 幸福賢者

No title

 「きちんと視聴者のことを考えて情報を発信している人がどれだけいるのやら」という部分が私が最も共鳴する考え方です。

 対象はYouTubeであれば視聴者、ブログ、ツイッター、フェイスブックであれば読者ということになりますが、見知らぬ人が立ち寄って少しは面白いと感じるものでなければ、情報を発信する意味がないと思います。

 貴兄が仰るように、素人が情報発信をしている以上、文章、写真、動画編集等のレベルが低くなるのは仕方ないとしても、低いレベルなりに「こういう人たちをターゲットにして、こういう情報を発信しよう」という明確な指針を持つべきです。

 こういう視点でネット上に溢れかえっている情報を見ると、9割は読む(見る)価値のないものです。

 貴兄の慧眼ぶりに敬意を表してやみません。

2017-08-31 12:51 | from 佐々木智親 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1031-ba23a2cd