消費税増税再延期決定 相場は円安株高へ動くか? - 貴方を幸福にするFXブログ

消費税増税再延期決定 相場は円安株高へ動くか?

金のかからない政治
しょせん政治は金なのか・・・ (T_T)

消費税の10%への引き上げが、2019年10月まで2年半延期されることになりそうです。

延期じゃなくて中止しろよ!

・・・と個人的には言いたいところですが、それは置いておきましょう。

気になるのは、
「増税が延期されると為替相場・株式相場はどうなるの?」
ということですが、結論から言うと円安株高要因になると思います。

増税が実施されるなら、増税前に駆け込み需要が起きて、その後の反動で一気に内需が低下し、企業の業績も悪化します。
それがなくなるなら、市場の安心感からリスクオンが進み、安全通貨である円は売られることになると思います。

なので、今回の増税延期報道を受けて、市場は円安・株高にシフトするでしょう。
といっても、たいした影響はないし、大部分はもう織り込まれているかもしれませんが。

リーマンショックより消費税のほうが影響が大きい

では、増税が行われていたら、相場はどうなったでしょうか?

実はこちらも円安株高に進んだ可能性が高い。

「延期されても実施されても円安って、矛盾してない?」
と思うかもしれませんが、それは期待と事実の違いです。

過去に消費税は0%→3%→5%→8%と引き上げられてきましたが、その後の相場はだいたい円安方向に動いています。
そして、円安に引っ張られて、株価も上昇する傾向がありました。

<過去の例>
①1989年 消費税:0%⇒3% ドル:130円⇒160円
②1997年 消費税:3%⇒5% ドル:120円⇒150円
③2014年 消費税:5%⇒8% ドル:100円⇒120円


理由は、消費税が明らかなインフレ要因だからです。
消費税自体が物価にかかり、さらに流通過程のガソリンも派遣代も何もかも消費税がかかるので、増税割合よりも大きく物価が上昇します。

増税とスマホ
便乗値上げが酷すぎる。( ノД`)

政府は消費税抜きのインフレ率を発表してデフレと言っていますが、そんなのはまやかしです。
税金が上がればその分物価が上がり、日本円の価値は下がります。

よって、2019年に消費税が再度引き上げられれば、その後はまた円安株高に進むでしょう。
ただ、それは増税後の話であり、今回の延期による影響とは関係ありません。

今後の相場は増税が止まった安心感で一旦落ち着き、そしてまた次の材料が来るまで緩やかに推移すると思います。

消費税に減税はない
延期じゃなくて、減税してくれよ。

<合わせて読みたい記事>
⇒消費税増税で円安が進む?
⇒消費税増税の本当の被害者
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1040-32b40e09