オープンフォーカス 視力回復の先に見える景色 - 貴方を幸福にするFXブログ

オープンフォーカス 視力回復の先に見える景色

人の顔をした象の耳
注意しなければ、見えないものもある。

オープンフォーカスとは、ジェイコブ・リバーマンが提唱した特定の物に焦点を合わせず、視界全体に焦点を合わせる方法です。
軸性近視を治すほどの効果はありませんが、ピントを合わせる力が格段に向上するため、視力にお悩みの方は試してみるといいでしょう。

ネットで紹介されている方法は、オーラが見えるので、妙に怪しげなので、後に回します。
もっとシンプルに、「複数の物に同時にピントを合わせる」方法から試してみましょう。

<エセ賢者流オープンフォーカス法>

①とりあえず、眼鏡やコンタクトを外す

②3メートルくらい先にある物体を見て、ピントを合わせる

③右目と左目で、二つの物を同時に見て、同時にピントを合わせる
この時、目に力を入れてはいけない。細目になってもいけない。

③2つにピントを合わせたまま、さらにピントを合わせる領域を広げる

④視界における全ての物に同時にピントを合わせる。
世界が今までよりも立体的に感じられたら成功。

ごちゃごちゃ書いていますが、要するに複数の物体に同時にフォーカスすることができればOK。
普段一つの物しか見ないことで鈍りきった眼球に喝を入れ、ピント調整機能を鍛えます。
焦点を分散させることを覚えれば、電車の中でも会社の中でも、常にオープンフォーカスの状態にできるようになるでしょう。

「全てにフォーカスする」のと、「何にもフォーカスしない」のは、表裏一体です。
何にも集中しないようでいて、それでいて全体に気を配るのがオープンフォーカスの極意と言えます。

このオープンフォーカスは視力回復法の一つではありますが、実際にはそれ以上の効果があります。
個人的に視野狭窄に陥った全ての人に、一度は試して欲しいと思っているくらいです。

なぜオープンフォーカスが重要なのかというと、人は基本的に自分の見たい物しか見ないからです。

人間の視野は左右に100°、上下に70°ぐらいありますが、その広大な範囲に均等に注意を向けているわけではありません。
眼球はカメラのように一点にフォーカスする働きがあり、掲示板があればそこに書かれた文字に、気になる人がいればその人に、可愛い猫がいればその猫に、目が釘付けになります。

目が光る猫
ロックオン!

欲しい情報に集中しているとき、それ以外の情報は全くと言っていいほど入ってきません。
たとえ自分にとって有益な情報があっても気付かないし、危険が迫っていても反応することができません。

株で含み損を抱えたときは、きっとアナリストの楽観的な予想しか頭に入ってこないでしょう。
それ以外の悲観的な予想や客観的なデータがいくら並んでいたとしても、きっと知らんぷりです。

舛添知事の政治資金流用に怒る貴方は、次々と明るみになる不正に目を奪われるでしょう。
彼がどこかで善行をしていたとしても気付かないし、彼よりもっと大きな問題があったとしても反応することはありません。

万歳する舛添と安倍

「光の医学――光と色がもたらす癒しのメカニズム」において、ジェイコブ・リバーマンは次のように述べています。

人はいつも何か特別なことを人生に探し求めており、その過程では探す対象以外の物をどれも見過ごしている。
人生での新しい発見のほとんどは、実際に探し求めていないときに起こるものであり、普段の見方では、現実のほんの一部を見たり経験したりできるに過ぎない。

何も見つめていなければ、あらゆることが眼に入るのではないか?

生活の中で実験してみると、劇的な効果が現れた。
視野が拡大したのに加え、近視が回復し、視覚が向上し、痛みが減った。
しかも見方が変わったので、以前は眼に入らなかったり、考えてもみなかったものさえ見ることができるようになった。

人間は自発的に見るのではなく、受動的に見るようにできている。
受動的に見れば、眼は私達の思うままに見えるようにできている。

視覚に努力は必要ない。
映画を見るのと同じように、努力しないで人生を見るようになる必要がある。

努力のいらない機能に努力を傾注しても、その流れるような動き、能率、与えられる快適さ、動作の邪魔になるだけだ。
残念ながら、いつも見ることに努力を注ぐあまり、眼に見えるはずの自然界や生命の奇跡が見えてこない人々がほとんどである。

彼は診療においてオープンフォーカスを用いることで、患者の病状を的確に見抜いたと言われています。
本人の言う通り人体のオーラや空気のエネルギーが認識できたのかは謎ですが、少なくとも私達には視認できない物が見えていたのは確かでしょう。

仕事でも相場でも家庭でも、私達は常に膨大な情報に触れ、その大部分を見過ごしています。

上がることを期待している時は、上がる材料しか見えない。
下がることを期待している時は、下がる材料しか見えない。

そんな視野狭窄な私達だからこそ、見えるものをありのまま見る努力が必要なのではないでしょうか?
オープンフォーカスとは本来視力矯正法ではなく、物事の捉え方なのです。

老婆の騙し絵
見方によって、現実は変わる。

なお、「オープンフォーカスを利用してオーラを見る方法」という非常に胡散臭い方法もあります。
下図のように指を立てて指の間か奥の景色を見ていると、指が3~4本になっているように見えてくるので、そのままの状態を保ってください。
指を立てる

奥と近くの二つの距離を保ちながら両眼視することによって、ピント調節機能を鍛えることができます。
ただし、やってると本当に白いオーラのような煙が見えてしまうので注意。
多分水蒸気か目の錯覚だと思いますけど、心配な人はやらないように。

何か見えるようになったら、エセ賢者にもこっそり教えてください。

横顔と縦顔
同じ写真を見ても、得られる情報は見方によって異なる。
本当に脳は作為的だ。

<参考文献>
光の医学―光と色がもたらす癒しのメカニズム
近視は治る―心と視力のメカニズム
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

何かを見出そうと、頑張って努力してしまうことによって、返って視界が狭まり、見えるものをありのまま見ることが出来なくなるというのは確かにその通りかも。
それによって奇跡や新たな発見を逃しているとしたら、とても皮肉な話しですね。

老婆が全て好みの可愛い女の子に見えてしまえるようになったら、楽しいかもしれない(笑)

2016-06-09 20:10 | from 鈴木 規夫

Re: No title

> 何かを見出そうと、頑張って努力してしまうことによって、返って視界が狭まり、見えるものをありのまま見ることが出来なくなるというのは確かにその通りかも。
> それによって奇跡や新たな発見を逃しているとしたら、とても皮肉な話しですね。
> 。
> 老婆が全て好みの可愛い女の子に見えてしまえるようになったら、楽しいかもしれない(笑)

私の視点では、老若男女にかかわらず、全て可愛く見えますよ。
もう抱きしめてあげたいくらい。

・・・猫限定ですけど。

2016-06-09 20:19 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1048-aa4d7425