2016参議院選挙投票率54.7% 低投票率は日本人が賢い証拠 - 貴方を幸福にするFXブログ

2016参議院選挙投票率54.7% 低投票率は日本人が賢い証拠

各政党の参院選公約
花粉症に悩む人が沢山いたんだね・・・(´・_・`)

2016年7月10日の参院選の議席獲得率は、以下の通り。

自民党 56議席
民進党 32議席
公明党 14議席
共産党 6議席
おおさか維新 7議席
社民党 1議席
生活の党 1議席
無所属 4議席
日本のこころを大切にする党 ゼロ
新党改革 ゼロ
支持政党なし ゼロ


花粉症対策を公約に挙げた自民党の大勝!

花粉症風邪

実際に公約が効いたのかどうかは知りませんが、予想よりも民進党・公明党が健闘したぐらいで、特に驚くようなことはありませんでした。
個人的に応援していた支持政党なしは議席を獲得できませんでしたが、64万票も集めたので、善戦したと言えるでしょう。

週明けの日経平均は上がり、為替も若干円安に動きましたが、まぁ想定内か。
どちらかといえば選挙の結果というより、政府が赤字国債の発行と財政投融資を宣言した影響が大きいみたい。

早速安倍首相は憲法改正を進めると表明していますが、それについては敢えて言うまい。
日本の民意で選ばれた者を否定するのは、日本人を否定することになりかねませんから。

ただ一つ負け惜しみを言わせてもらうなら、
「自民党は日本人の過半数の支持を受けたわけではない」
とだけ伝えておきましょう。

今回の参議院選挙で自民党が獲得した議席は、全体の46%
半分近くの議席を持っていますが、比例代表の得票数はそれほどでもありません。

<比例代表の得票数、獲得議席>
自由民主党 2010万0800票 19議席 35.9%
公明党 757万0424票 7議席
民進党 1173万2219票 11議席
日本共産党 601万4843票 5議席
社会民主党 153万5268票 1議席
生活の党 106万6749票 1議席
おおさか維新の会 515万2151票 4議席
日本のこころ 73万3093票 0議席
新党改革 57万9497票 0議席
幸福実現党 36万6041票 0議席
国民怒りの声 46万6142票 0議席
支持政党なし 64万6394票 0議席


獲得した議席が46%でも、党の人気投票は36%
これは小選挙区制によるアドバンテージが出た結果でしょう。

全ての地域に全政党の候補がいるならこうも露骨な差にならないのでしょうが、候補者が少ない地域だと弱小政党への支持は死票になるしかありません。
「マイナー候補に投票したいけど、死票が怖いので人気候補に入れた」というだって多いはず。

エセ賢者も選挙区で生活・支持なしに入れたかったのですが、候補者がいなかったので幸福実現党に投げました。
一票の格差の問題もあるし、全国平等になるように見直しをしてほしいところですね。

それよりも大きな問題は、投票率が54.7%しかないこと。
これは戦後で4番目に低い数字だそうです。
全体の半分しか投票していないのなら、自民党に投票したのは日本人の20%以下になってしまいますね。
(もちろん、最大であるのは変わらないが)

近年の低投票率に対して、
「日本人は選挙に無関心すぎる。もっと選挙に行くべきだ!」
と怒る人もいますが、エセ賢者はそうは思いません。

むしろ、
「日本人ってホントに賢いんだな」
と感じました。

選挙よりパンケーキが大事
選挙よりパンケーキのほうが大事だからね。

「時は金なり」の言葉に従えば、選挙に行くのもタダではありません。
候補者の名前と公約を調べて、近くの公共施設を訪れ、候補者の名前と政党名を書いて投票する。
これにかかる時間を1~2時間も、時給換算では3000円くらいに相当するはず。

日本人一人に与えられたのは、議員を選ぶ権利を有権者1億人で分割したものに過ぎない。
「1億分の1の選挙権に3000円以上の価値があるのか?」
と聞かれれば、大抵の人はノーと答えるでしょう。

仮に「自分だけで議員を決められる」という条件であれば、選挙権を放棄する者はいないかもしれない。
けれど、1億人が投票する中で1票与えられたところで、たいした価値はありません。

その時間を仕事や勉強に使ったり、家族と過ごしたりするほうが、遥かに合理的でしょう。

自身の利益を最大限に追求するなら、
貴方は選挙に行くべきではなかったのだ。


総選挙への関心
AKBの握手会に行くべきだったのだ。

選挙前には敢えて伝えなかったけれど、これが真理です。
雨の中小学校に出かけて、1議席も取れない政党に投票したどこぞの賢者は、相当な馬鹿者でしょう。

人生の時間は限られている。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎて、誰もがやりたいことをやり切れずに死ぬ。
時間はお金になり、無駄を排除して働けば、それだけの見返りを受けられる。


ならば、国政などという些事を無視して自己啓発に勤しむ人々を、どうして責められようか?
やるべきことを認識してそれに集中する者を、どうして批判できようか?

間違っているのは、間接民主主義の権利を過大評価して、無駄な時間を使わせようとする偽善者のほうではないでしょうか?

半分近い有権者が選挙に行かなかったのは、それに相当する価値が今回の選挙になかったからです。
一票の力が弱い上に、逆転したところで与野党が変わるわけでもない。
与党も野党も争点がずれていて、投票したい人物がろくにいない。

期待値ばかり低くてコストの高い日本の政治に、賢い有権者がノーを突き付けただけです。
責任があるとすれば投票しなかった人ではなく、スマホによる電子投票すら実施できない無能な行政のほうでしょう。

もう一つ理由を挙げるなら、日本国民が貧しくなっていることというのもあるだと思います。
金銭的・時間的に余裕があれば、人は非生産的なことにもある程度労力を振り分けるようになります。
ニート賢者のように有り余るほど暇があれば、多少損でもボランティアくらいするでしょう。

けれど、労働単価が下がり、要求水準ばかり上昇する現代において、労働者の余力は日々減少しています。
増税で可分所得が下がり続ける今の日本人に、奉仕活動をする余裕が残っているのかは怪しい。
長期的に未婚率が上昇し続けているのと同じように、選挙の投票率が落ち続けるのも当然なのかもしれません。

少子高齢化
負担増えすぎ。

エセ賢者は貴方に選挙に行って欲しいと思っています。
多くの国民が参加して、自分の意思で政治を動かして欲しいと思いっています。

けれど、それは私のエゴであって、貴方にとって得があるわけではありません。
貴方は自分と家族のために時間を使って、建設的な活動に努めるべきなのです。

オーストラリアのように選挙を義務化し、投票所でウインナーでも配れば投票率は上がるでしょうが、それでは税金を上げているのと何ら変わりません。
選挙権という憲法で保障された自由を、義務とはき違えてはなりません。

大事なことだからといって、非合理的な行動を強制してはいけません。
大事なことだからこそ、皆に負担をかけないようによく考えるべきなのです。


どうか今の選挙制度が改善されて、多くの人がコストパフォーマンスを気にせず参加できるようになって欲しい。
人々がもっと豊かになって、得にならない行事にも自発的に参加できるようになって欲しい。
事実上の足切りになっている供託金が廃止されて、多様な立候補者を選択できるようになって欲しい。

誰もが喜んで権利を行使できるような、そんな選挙制度になることを願っています。

選挙投票
どこに投票するかも大事だが、投票さえしないのならそれ以前の問題。
信を得たと豪語する前に、有権者がきちんと活躍できる仕組みを作って欲しい。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-07-11 21:39 | from -

Re: タイトルなし

> どうして若者は自民党に入れたのでしょう…?親や教師の影響ですか?

彼等は働いたことも税金を納めたこともないので、
日本人が貧しくなったこと自体わからないのかもしれません。
また、民主から自民に代わった際に株価が倍増したのを知ってるので、
良いイメージを持っているというのもあるでしょう。

その選択が正しかったのかどうかは、この先わかること。
アベノミクスは道半ばだそうなので、見届けるとしましょう。

2016-07-11 21:48 | from 幸福賢者

ウェブで投票できないですか?

2016-07-11 22:17 | from 名も無き天才投資家

Re: タイトルなし

> ウェブで投票できないですか?

既にに米国の一部、フランス、インド、韓国、ブラジル、ベネズエラ、フィリピンなどの国では導入されています。
日本もいずれネット投票が基準になると思いますが、60歳以上の老害がのさばっている間は難しいでしょうね。
既に国政を牛耳っている方々は投票率が上がったら困るわけだし。

2016-07-11 22:59 | from 幸福賢者

コストが格段に安いし、投票率もあがるのでは

2016-07-12 00:15 | from 名も無き天才投資家

No title

俺。
政治よくわかんないから
選挙なんて行かね~
暇ないし
だって
誰が当選しようが
あまり
関係ないし
いまいち
盛り上がってないし
地味だし
ちなみに
メロリンきゅ~の太郎って
落選したの?
それだけ気になる。

2016-07-12 07:26 | from ねずみ賢者

Re: タイトルなし

> コストが格段に安いし、投票率もあがるのでは

ネット投票が必要なのは間違いない。
ただセキュリティの問題を言い訳にして、そこから逃げている層がいるだけ。
だから支持政党なしを応援したのですが、残念ながら議席獲得に至りませんでしたね。

2016-07-12 09:43 | from 幸福賢者

Re: No title

> 俺。
> 政治よくわかんないから
> 選挙なんて行かね~
> 暇ないし
> だって
> 誰が当選しようが
> あまり
> 関係ないし
> いまいち
> 盛り上がってないし
> 地味だし
> ちなみに
> メロリンきゅ~の太郎って
> 落選したの?
> それだけ気になる。

山本太郎は非改選なので、今回の選挙の対象外です。
三年後の参議院選挙に出るでしょう。
生活の党は無所属含めて三人当選しているので、政党要件は満たす模様。

記事に書いた通り、選挙に行かないのは正しいことですよ。
国政なんて大きなものに手を出す前に、人はまず自分の生活を大切にするべきです。

2016-07-12 09:50 | from 幸福賢者

ウェブなら重要法案は国民投票にすればいい

2016-07-12 11:17 | from 名も無き天才投資家

集団的自衛権はまだしも秘密保持とか指示してる人はいるのか?

2016-07-12 11:20 | from 名も無き天才投資家

No title

いつも楽しく読ませていただいております。
低投票率は日本人が賢い証拠というのにはちょっと疑問です。

個人的には若者を支援して少子高齢化の解消を目指すのが結果的に将来の全ての世代にとって恩恵が大きいと思います。

そして今の政治家が若者向けの政策をとらない(とれない)のは、若者の投票率の低さが一因だと思います。

政党として若者向けの政策をとる方向にシフトする為には、それなりの勝算が必要になるはずですが、現状の若者の投票率では大した票が期待できず、(政治家個人で若者を支援したいという人がいたとしても)政党としては票がとれる老人メインの政策にならざるを得ないと思うのです。

若者がすべきなのは投票率を少しでも上げて、政治家に若者を支援するためのお墨付きを与えてやることではないでしょうか。

「(若者にとって)ろくな政治家がいない」と嘆く声もありますが、若者がろくに投票しないから若者にとってメリットのある政治家が現れないという側面もあるように思います。

現状を嘆くだけでなく、若者にとって良い政治家が現れる土壌を作り上げていくのが若者のすべきことではないでしょうか。

「日本を良い方向に変える」という目標を若い世代が共有し、その為に選挙等に継続的に参加していくような風潮や世論が根付いていくと良いのにと思います。

猫賢者さんのような影響力のある方には若い世代の啓発に勤しんでもらえるとありがたいです。今後も応援しております。

2016-07-12 11:37 | from ブログ愛読者

考えれば考えるほど日本に未来は無いですね

いつでも逃げれるように投資に力を入れた方がよさそうです

2016-07-12 11:57 | from 名も無き天才投資家

Re: タイトルなし

> ウェブなら重要法案は国民投票にすればいい

ガッチャマンクラウズインサイト方式ですね。
私もそれが理想です。
政治家は絶対にやりたくないと思いますが。

2016-07-12 12:18 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 集団的自衛権はまだしも秘密保持とか指示してる人はいるのか?

秘密保持は見えないので、気にしていない人が多いのでしょう。
見えないものが一番怖い、というのが事実なんですけどね。

2016-07-12 12:19 | from 幸福賢者

Re: No title

> いつも楽しく読ませていただいております。
> 低投票率は日本人が賢い証拠というのにはちょっと疑問です。
>
> 個人的には若者を支援して少子高齢化の解消を目指すのが結果的に将来の全ての世代にとって恩恵が大きいと思います。
>
> そして今の政治家が若者向けの政策をとらない(とれない)のは、若者の投票率の低さが一因だと思います。
>
> 政党として若者向けの政策をとる方向にシフトする為には、それなりの勝算が必要になるはずですが、現状の若者の投票率では大した票が期待できず、(政治家個人で若者を支援したいという人がいたとしても)政党としては票がとれる老人メインの政策にならざるを得ないと思うのです。
>
> 若者がすべきなのは投票率を少しでも上げて、政治家に若者を支援するためのお墨付きを与えてやることではないでしょうか。
>
> 「(若者にとって)ろくな政治家がいない」と嘆く声もありますが、若者がろくに投票しないから若者にとってメリットのある政治家が現れないという側面もあるように思います。
>
> 現状を嘆くだけでなく、若者にとって良い政治家が現れる土壌を作り上げていくのが若者のすべきことではないでしょうか。
>
> 「日本を良い方向に変える」という目標を若い世代が共有し、その為に選挙等に継続的に参加していくような風潮や世論が根付いていくと良いのにと思います。
>
> 猫賢者さんのような影響力のある方には若い世代の啓発に勤しんでもらえるとありがたいです。今後も応援しております。

なんとなくわかると思いますが、思いっきり皮肉を込めて書いています。
若者に選挙に行ってほしいのは、私も同じ。

数で劣る若者が高齢者に勝とうと思ったら、彼等以上に派手に動かなくてはなりません。
インターネット投票は、新しい世代のための強い武器です。
電子投票を認めることで若者の投票率が劇的に向上し、議論も盛んになると思っています。

2016-07-12 12:26 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 考えれば考えるほど日本に未来は無いですね
>
> いつでも逃げれるように投資に力を入れた方がよさそうです

逃げるも良し、留まるも良し。
エセ賢者は最後まで戦う気ですけどね。

それにしても、「期日前投票率最高」と「戦後4番目の低投票率」がなぜ両立するのか?
期日前に投票するほど熱意があるなら、投票率も上がるはずだが・・・
単に日曜出勤が増えているだけなのか、それとも何か不正があるのでしょうか?

2016-07-12 12:30 | from 幸福賢者

川内はひどいね
住民投票すべし

2016-07-12 16:41 | from 名も無き天才投資家

No title

「誰もが喜んで権利を行使できるような、そんな選挙制度」になって欲しいですね。
やっぱりネット投票ですかね。与党は阻止しそうですが。

ところで、ちょっと別観点から考えてみたのですが、
子供を勉強嫌いにさせたいなら「遊んでないで勉強しろ!」と言い続けることだといいます。
そこで思うのは
「必ず投票に行きましょう」と言わずに、
「選挙なんてあんなものに絶対行かないで、遊びに行け」
なんて言ってみたらどうなるだろうと想像してしまいました。やっぱりダメかな(笑)

2016-07-12 16:50 | from 鈴木 規夫

Re: タイトルなし

> 川内はひどいね
> 住民投票すべし

住民投票したら原発止められそうだが、それでいいのだろうか?

2016-07-12 17:18 | from 幸福賢者

Re: No title

> 「誰もが喜んで権利を行使できるような、そんな選挙制度」になって欲しいですね。
> やっぱりネット投票ですかね。与党は阻止しそうですが。
>
> ところで、ちょっと別観点から考えてみたのですが、
> 子供を勉強嫌いにさせたいなら「遊んでないで勉強しろ!」と言い続けることだといいます。
> そこで思うのは
> 「必ず投票に行きましょう」と言わずに、
> 「選挙なんてあんなものに絶対行かないで、遊びに行け」
> なんて言ってみたらどうなるだろうと想像してしまいました。やっぱりダメかな(笑)

天邪鬼の数次第ですね。
世の中の半分くらいは反骨心で動き、残りは素直に従うでしょう。
故にひっくり返しても、結果はあまり変わらないと思います。

2016-07-12 17:21 | from 幸福賢者

No title

オイルもこれだけ下がっている今、福島の甲状腺がんを考えれば
桜島のある川内で再稼働しなくても

2016-07-12 19:03 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> オイルもこれだけ下がっている今、福島の甲状腺がんを考えれば
> 桜島のある川内で再稼働しなくても

実は桜島の近くによく行くのだが、桜島は年がら年中噴火しているので、今更という気がしなくもない。
鹿児島県知事が変わったから、近いうちに停止するかもしれません。

2016-07-13 09:04 | from 幸福賢者

消去法で選挙区は幸福実現党に入れたんですか?すごい決断ですね。
私は選挙区は白票にしてしまいました。
比例は支持政党なしに入れたのですが。1議席はイケると半分思ってました。
1票の格差を是正するには議員の定数を増やすしかないのでは?
代わりに議員の報酬 を減らせばいいのですが大半の政治家はそれが嫌なので
定数の削減にすり替えてる気がしてならないですね。

2016-07-14 18:27 | from 支持候補なし | Edit

Re: タイトルなし

> 消去法で選挙区は幸福実現党に入れたんですか?すごい決断ですね。
> 私は選挙区は白票にしてしまいました。
> 比例は支持政党なしに入れたのですが。1議席はイケると半分思ってました。
> 1票の格差を是正するには議員の定数を増やすしかないのでは?
> 代わりに議員の報酬 を減らせばいいのですが大半の政治家はそれが嫌なので
> 定数の削減にすり替えてる気がしてならないですね。

幸福実現党は消費税減税を公約していたので、一応応援しました。
実際にできるかはともかく、減税の意思があれば十分です。

一票の格差は地域毎の選挙を廃止して解消するべきだと思いますね。
これだけ情報が行き渡る世の中なら、誰がどこの県の候補に投票してもいいはず。
比例も選挙区も全て廃止して、得票数の多い順に当選させればいいと思います。
そうすると人口の少ない地方が不利になるかもしれませんが、死票はなくなるはず。

2016-07-14 19:08 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1077-a84c6967