ありがとう、ごめんなさい 感謝と謝罪は表裏一体 - 貴方を幸福にするFXブログ

ありがとう、ごめんなさい 感謝と謝罪は表裏一体

ゴメン俺家猫
ヤマネコじゃなくてごめんなさい!

「ありがとうございます」は感謝の言葉。

「ごめんなさい」は謝罪の言葉。

ありがとうと言って謝る人はいませんが、『感謝』という言葉の中には「謝」という文字が入っています。

お礼を言っているのに、なぜ謝るの?
これって、少しおかしいと思いませんか?

実はこれはただの偶然ではなく、感謝の中には謝罪の気持ちが入っていることを表しています。

私達は人の親切や心遣いを受けて感謝しますが、どんなことに対しても同様に恩義を感じるわけではありません。
自分自身の失敗に対するフォローや、自分にできないことを代わりにやってくれた時、ありがたいと感じるのではないでしょうか?

貴方が食料を生産していないのなら、農家の代わりに農地を耕し、作物を栽培してくれているということです。
貴方が道具を作っていないのなら、職人が代わりに工場で働き、金属やセラミックスを加工してくれているということです。

貴方ができないこと、貴方がやらないことは、他の誰かがやってくれています。
それに「苦労をかけてすまない」と思うことができたなら、その気持ちが「ありがとう」へと変わります。

良い仕事をしたと讃える猫

感謝と謝罪は、鍵と鍵穴のような関係。
片方の凹凸を見れば、もう片方の形状を知ることができます。
貴方が他人に感謝できないと思うなら、自分自身の欠点を見つめればいいのです。

謝罪が感謝に繋がるのと同様に、傲慢は憎悪に繋がります
己の能力を過大評価して、他人が期待に応えられないと知れば、そこには侮蔑や恨みが生まれます。
能力が高い人ほど他人に悪感情を抱きやすいのは、そのためです。

恨み怒り猫

憎悪と感謝は、決して両立することができません。
プライドは競争と憎しみを生み、己の弱さを知ることは尊敬と謝意をもたらします。
どちらが悪いというものではなく、人の心は必ず偏るものなのです。

優性遺伝の結果か、高度な義務教育のおかげか、補助器具の発達の為かわかりませんが、近年若者の能力は飛躍的に高まり、同時に自尊心も天井が見えないほど高くなりました。
それは決して悪いことではないけれど、プライドが高まるほど他人への配慮がなくなり、感謝の気持ちが薄れることを忘れてはなりません。

人は他人の行いを見て我が振りを直すものですが、同様に己の欠点を見て他人のありがたみを自覚することもできます。
周囲の人や物を見回してそれがいかに役立っているのか考えるより、自分自身を見つめ直すほうがよほど効率的なのです。

鏡を見る猫

「ありがとう」の言葉が素直に出ないなら、「ごめんなさい」と言ってください。
他人の長所は見つけられなくても、自分の欠点ならいくらでも知っているはずです。

貴方に足りないものは全て、この地球に住む仲間達が補ってくれていることを思い出してください。
そうやって湧き上がる気持ちの奥には、今までどうやっても感じられなかった敬愛と温情があるはずです。

こんなつまらない話しかできない私から、ごめんなさい。

それでも、黙って聞いてくれた貴方に、ありがとう。


どこまでも高慢な私達だけど、感謝の気持ちを忘れずにいきましょう。

感謝する猫
今日もお読み頂き、ありがとうございました。

<合わせて読みたい記事>
⇒上手くいかない時は感謝できる物を探してみよう
⇒感謝できない人が、感謝に満たされる方法






※以下蛇足

ぬこ「エセ賢者さん、いつもブログカテゴリ無視して、無駄な話ばかりしているよね。
  たまには役に立つ話をしたらどうなの?」

エセ賢者「何を言っとる! 毎日のように有難い話をしているから、読者から感謝されまくりだ。
      頻繁にお礼の言葉が来てるぞ!」

何の参考にもならないけど感謝

ぬこ「それは感謝されてないから!
    ただのおせっかいだから!」


驚いた猫
猫にめっちゃ怒られました。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

昔彼女と別れるときに「今までありがとう」「こんなことになってごめんね」と言っていたような覚えがある。

そして、年老いて病気になって、病院にて生きるか死ぬかの手術が始まる前
最後になるかもと、家族に言ったのは「ありがとう」「ごめんね」「愛してる」でした。

賢者の書かれた通り、それを言っているとき湧き上がる気持ちの奥には、滅多に感じられなかった敬愛と温情そして悲しみというよりは喜びと感謝の涙がありました。
その気持ちでずっと生きていけたら、きっと幸せな人生が送れると思いました。

もしかしたら、人は最後に言い残すのはこの2つの言葉が多いのではないかなと思ったりします。
だったら、この2つの言葉を最後の瞬間まで出し惜しみしないで、毎日たくさん言っていこうと思います。

こんなつまらないコメントしかできない私からごめんなさい。
それでも、いつも応えて頂きありがとう!(*´∀`*)

2016-07-13 00:56 | from 鈴木 規夫

このブログはためになることがたくさん書かれていて勉強になります

2016-07-13 04:16 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> 昔彼女と別れるときに「今までありがとう」「こんなことになってごめんね」と言っていたような覚えがある。
>
> そして、年老いて病気になって、病院にて生きるか死ぬかの手術が始まる前
> 最後になるかもと、家族に言ったのは「ありがとう」「ごめんね」「愛してる」でした。
>
> 賢者の書かれた通り、それを言っているとき湧き上がる気持ちの奥には、滅多に感じられなかった敬愛と温情そして悲しみというよりは喜びと感謝の涙がありました。
> その気持ちでずっと生きていけたら、きっと幸せな人生が送れると思いました。
>
> もしかしたら、人は最後に言い残すのはこの2つの言葉が多いのではないかなと思ったりします。
> だったら、この2つの言葉を最後の瞬間まで出し惜しみしないで、毎日たくさん言っていこうと思います。
>
> こんなつまらないコメントしかできない私からごめんなさい。
> それでも、いつも応えて頂きありがとう!(*´∀`*)

「ありがとう」「ごめんね」「愛してる」
言葉は違っても、感情の持つ波動はほとんど同じなのでしょう。
いつも文句ばかり言っている私ですが、最後の言葉は感謝でありたいと思います。

2016-07-13 09:08 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> このブログはためになることがたくさん書かれていて勉強になります

できるだけ知られていない内容を書くようにしていますが、
時々私も知らないような話が書かれていて戸惑います。
何も参考にしていないのにスラスラ言葉が出てくるあたり、
どこかで電波でも受信しているのかもしれません。
聞くことで学ぶことができるように、書くことで学ぶこともあるのです。

2016-07-13 09:14 | from 幸福賢者

おはようございます。

何時もブログを拝見しております。
話題が豊富なので驚いていますが、今ヘリマネ論が急浮上しているように思われるのですが、ヘリマネをばらまいた場合、今の日本にはどのような悪影響が予想されるのでしょうか?

もしお時間があればブログで取り上げて下さい。
よろしくお願いいたします。

2016-07-13 11:17 | from MotherLake1952

Re: おはようございます。

> 何時もブログを拝見しております。
> 話題が豊富なので驚いていますが、今ヘリマネ論が急浮上しているように思われるのですが、ヘリマネをばらまいた場合、今の日本にはどのような悪影響が予想されるのでしょうか?
>
> もしお時間があればブログで取り上げて下さい。
> よろしくお願いいたします。

ヘリマネ期待で、円安株高に動いていますね。
前に緩和継続のために赤字国債を増やす政策を書きましたので、
一応予想の内です。
気が向いたら、今後の展開について書いてみるとします。

2016-07-13 11:27 | from 幸福賢者

No title

仕事でいつも怒鳴られてすみませんと意味のないすいませんを繰り返していることにより本来のすいませんを忘れてしまっていたような気がする。気づかせてくれてありがとう!

2016-07-15 06:57 | from ねずみ賢者

Re: No title

> 仕事でいつも怒鳴られてすみませんと意味のないすいませんを繰り返していることにより本来のすいませんを忘れてしまっていたような気がする。気づかせてくれてありがとう!

形ばかりの謝罪が横行する社会では、本当の謝意は忘れられてしまうものです。
頭を下げて舌を出すような謝罪なら、何もしないほうがいいと思いますね。

2016-07-15 10:34 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1078-8989934c