日銀の統括的検証は大暴落の引き金を引くか? - 貴方を幸福にするFXブログ

日銀の統括的検証は大暴落の引き金を引くか?

ハンドルの性格診断
真面目に運転しなよ!|ω・`)

期待外れで終わった7月の日銀政策決定会合後も、相場は軟調に推移し、米追加利上げ観測後退もあって円高ドル安が続いています。
債券市場もその影響を受けたのか不安定になり、金利の急騰が発生しました。

このように日本市場が弱気になっている理由の一つとして、日銀が9月に「総括的な検証」を行うと宣言したことが挙げられます。
アベノミクス開始後3年間の金融政策の反省と今後の展望が、9月の日銀会合で発表されます。
その内容次第では、相場の急変も有り得ると考えていいでしょう。

実際に蓋を開けてみないと、「総括的な検証」で黒田総裁が何を発言するのかはわかりません。

ただ単に過去の成果(インフレ率や失業率)を並べて、無理矢理「アベノミクスは成功した!」と言い張るのかもしれない。
国債や株式の買取額に柔軟性を持たせて、より市場に合わせた状態にするのかもしれない。
マイナス金利幅や適用範囲に手を加えるのかもしれない。
(個人的にはマイナス金利を止めて、当座預金金利を全てゼロにしてほしい)

このように検証や修正を行う分には、特に問題はない。
どうせ市場は勝手に期待して、勝手に失望するだろう。

個人的に最悪と思うシナリオは、
「インフレターゲットもう止める!」
と言って、目標達成を諦めてしまうことです。

両手を上げて諦める日銀黒田総裁

まさか金融緩和そのものを終了することはないでしょうが、インフレターゲットの変更マイナス金利の見直しは十分にあり得る話です。

日銀は長いこと2%のインフレ目標を掲げてきましたが、全く達成できていません。
口では目標達成のために何でもすると言いながら、達成時期を先送りし続けているのが現状です。

日本人の大半は既に「インフレなんか来ない」と思って、財布の紐を固く締めています。
このまま達成不可能な目標を掲げておくくらいなら、撤回して「インフレ目標1.0~2.5%」みたいな安易な目標に挿げ替えそうな気がします。
(そもそもこんな大雑把な目標に意味などないのだが)

弊害だらけのマイナス金利も、見直しが入る可能性がありますね。
常識外れの低金利政策により、日本国債の金利は極端に低下し、国民年金や厚生年金の収益は悪化し、三菱からは特別入札資格返上という抗議を受けました。
導入以降デメリットしかないマイナス金利に対しては、方向転換を図ってもいい頃合いかもしれません。

日銀黒田緩和の悩み


一応アベノミクスの加速が現実になって株価や為替が上昇する可能性もありますが、普通に考えれば失望と下落の確率のほうが高い。
安倍首相は「アベノミクスのギアを上げる」と息巻いておられますが、日銀との温度差は広がり続けているような気がします。

9月の会合でインフレターゲットを変更しなくても、どうせ目標達成はできないので、いつかは諦めて撤回するのではなかろうか。
実体経済においては殆ど無意味な尺度であっても、インフレ目標の引き下げがあれば投機筋は日本市場を見限るでしょう。

達成できない目標を、いつまでも掲げ続けるのか?
あるいは痛みを伴っても、方向転換を図るのか?

今後発表される「総括的な検証」に注目が集まっています。

黒田バズーカ
まだ撃つ玉は残っているのか?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1097-0ffece9d