某国のスパイが日本に潜入して破壊工作を行っているらしい - 貴方を幸福にするFXブログ

某国のスパイが日本に潜入して破壊工作を行っているらしい

意味のない会議と意味のない飲み会で会社がつぶれる
日本人は凄いな!

GigazineにCIAの極秘マニュアルが掲載されていました。
スパイが敵組織を壊滅させる恐るべき手口だそうです。

諜報員は、どこに隠れているかわかりません。
もしかしたら、貴方の会社や自治体にも、他国の工作員が紛れ込んでいるかもしれません。
ぜひ一度目を通して、自分の組織が何者かに攻撃を受けていないか確認してみてください。

引用元:Gigazine
http://gigazine.net/news/20160829-simple-sabotage-field-manual/

CIAは第2次世界大戦中に敵国にスパイを潜入させて、組織が機能しなくなるよう工作活動を行っていました。
その中でも、「Simple Sabotage Field Manual」と呼ばれる極秘マニュアルには、組織を機能不全に追い込むためにはどのように行動するべきかという「組織の癌」とでも呼ぶべき愚者の心得が説かれていました。
ここには時代を問わず多くの組織で反面教師とするべき含蓄があります。

CIAがスパイに実践させた組織腐敗行動は以下の通り。
このような行動は、全ての組織を機能不全に追い込むと考えられています。


<組織と会議>

①何をするにも「指揮系統」を主張せよ。
意志決定を早めるためのいかなるショートカットも認めるな。

②ひたすら「演説」せよ。
演説は可能な限り頻繁に、尋常ならざる長さで行え。
論点は、長々とした逸話や体験談で形作れ。

③委員会や会議には、「全ての項目」を提示せよ。
そして「さらなる調査と検討」を求めよ。
委員会の大きさはできる限り大きなものにせよ。
委員会は決して5人未満ではいけない。

④できるかぎり頻繁に「関係のない話題」を持ち出せ。

⑤解決策が出る直後に、正確な言葉をもって「押し問答」せよ。

⑥前回の会議で決まった問題を持ち出して、その決定を「再検討」するように議論を蒸し返せ。


な、なんだってーっ!?

なんだってと驚く

なんということでしょうか。
日本の会社の大半は、CIAのスパイによって占領されていました。

会社だけではありません。
政府や各自治体はもちろん、町内会に至るまで工作員の思うがままになっています。

この国は、一体どうなってしまうんだ!?

闇の権力者集団の陰謀

昔からおかしいと思っていたんですよ。

会議は何時間もかけて話題がループし、いつの間にか話題が個人攻撃にすり替わる。
議論のつもりで討論になり、相手を打ち負かすのが目的になる。
全員出席が原則なのに発言者はほんの一握りで、たいてい結論は次へ持ち越しになる。

名ばかりの責任者が乱立し、誰が本当に指示を出しているのかわからない。
書類にはいくつもの押印欄があり、各部署を回って全てを埋めない限り業務が進まない。

こんな悲惨な状況を作り出したのは、CIAのスパイだったんですね!
我々日本人は他国の謀略に巻き込まれていただけで、ブラック企業を望んでいたわけではありませんよね!

呆れて目を丸くする猫

日本企業が意味のない会議を繰り返すのは工作員の仕業ですが、我々日本人もそれを自覚して対処していかなければなりません。
決して上記のようなバカげた企業運営を容認してはならないし、ましてや諜報員の手助けなんて絶対にしてはいけません。

沢山の責任者を作って責任を分割し、個人の名前を伏せて運営すれば、有事の際に誰も責任を取らなくて済みます。
けれどそれは一時しのぎに過ぎなくて、最後には溜まったツケを会社そのもので清算しなくてはならなくなります。

重箱の隅をつついて企画を却下し続ければ、新規事業で失敗することはなくなります。
けれど、既存の事業を続けるだけの会社はいつか必ず衰退します。

間違いを指摘するのは楽しい。
失敗するのは怖い。
責任は取りたくない。


誰もがそう思って行動しますが、それでは新しい価値は生まれません。
正当性を振りかざして、自分の首を絞めているだけです。

今を変えたいと思うなら、間違いだらけでもすぐにスタートするしかありません。
問題はやりながら解決していけばいいのです。

真面目に問題点を指摘しているつもりで、仲間の意欲を削いでしまっていることはないでしょうか?
完璧を目指すせいで、チャレンジする機会を失ってしまっていることはないでしょうか?

もしも心当たりがあれば、今日からすっぱり止めましょう。
CIAの片棒を担ぐのは止めて、何事もシンプルに考えて、頑張る人を応援しましょう。

会社員のチャレンジ挑戦
日本の将来は貴方の肩にかかっています。

<合わせて読みたい記事>
⇒議論と討論の違い
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>会議は何時間もかけて話題がループし、いつの間にか話題が個人攻撃にすり替わる。
議論のつもりで討論になり、相手を打ち負かすのが目的になる。

それなーw

あまりに前に居た会社の会議風景そのものだったので、夜なのに笑ってしまいました。

こんな事で多くの時間を潰してるのに、会社が存続出来るのですから、日本人は明日からでも1日6時間労働が可能な民族だと思います。

2016-09-01 23:23 | from 山中 一人

Re: No title

> それなーw
>
> あまりに前に居た会社の会議風景そのものだったので、夜なのに笑ってしまいました。
>
> こんな事で多くの時間を潰してるのに、会社が存続出来るのですから、日本人は明日からでも1日6時間労働が可能な民族だと思います。

GHQが日本を占領した時に、発展しすぎないように爆弾を残していったんでしょうか。
自分達を苦しめるルールを大事に守っている日本人が可愛そうです。
過去の悪習を廃止して効率化できれば、残業ゼロでも6時間労働でも簡単に実現できそうです。

2016-09-02 09:51 | from 幸福賢者

No title

戦後、日本人もCIAに買収された人間が何人か居たみたいです。

ワシントンDCに国立公文書記録管理局というアメリカ政府の書類と歴史的価値のある資料を保存する公文書館があります。
そこに機密期限が切れたエージェントのファイルが保管されてありネットでも閲覧できます。(アメリカ法律では一定年数経過後に政府の記録が機密解除されることになってるようです。)
そのファイルの二次公開には日本人の名前が31名あり、岸信介・児玉誉士夫・笹川良一・正力松太郎・昭和天皇裕仁などが載ってます。
残りは元軍人や思想家、財政界の超大物なども数多く・・・。

上記の人たちの共通点は、GHQに逮捕され戦犯として巣鴨刑務所に拘留されていたか、同じくGHQにより公職追放された人がほとんどです。
驚いたのが、アドルフ・ヒトラーの名前も載ってたことです。(昭和天皇裕仁の下)

http://www.archives.gov/iwg/declassified-records/rg-263-cia-records/second-release/name-files.html

悲しい敗戦国の現実ですが、現在も続くアメリカ隷属の基礎はこれらCIAのスパイ達によって戦後、作られました。
実際には、正力松太郎→原発導入、岸信介→安保、児玉誉士夫→リクルート事件、笹川良一→公営ギャンブル利権など。

今日も小泉純一郎や安倍晋三、竹中平蔵など、あと特捜部や警察公安自衛隊の幹部も買収されてる人いるでしょうね。

2016-09-03 03:24 | from ハクション大魔王 | Edit

Re: No title

> 戦後、日本人もCIAに買収された人間が何人か居たみたいです。
>
> ワシントンDCに国立公文書記録管理局というアメリカ政府の書類と歴史的価値のある資料を保存する公文書館があります。
> そこに機密期限が切れたエージェントのファイルが保管されてありネットでも閲覧できます。(アメリカ法律では一定年数経過後に政府の記録が機密解除されることになってるようです。)
> そのファイルの二次公開には日本人の名前が31名あり、岸信介・児玉誉士夫・笹川良一・正力松太郎・昭和天皇裕仁などが載ってます。
> 残りは元軍人や思想家、財政界の超大物なども数多く・・・。
>
> 上記の人たちの共通点は、GHQに逮捕され戦犯として巣鴨刑務所に拘留されていたか、同じくGHQにより公職追放された人がほとんどです。
> 驚いたのが、アドルフ・ヒトラーの名前も載ってたことです。(昭和天皇裕仁の下)
>
> http://www.archives.gov/iwg/declassified-records/rg-263-cia-records/second-release/name-files.html
>
> 悲しい敗戦国の現実ですが、現在も続くアメリカ隷属の基礎はこれらCIAのスパイ達によって戦後、作られました。
> 実際には、正力松太郎→原発導入、岸信介→安保、児玉誉士夫→リクルート事件、笹川良一→公営ギャンブル利権など。
>
> 今日も小泉純一郎や安倍晋三、竹中平蔵など、あと特捜部や警察公安自衛隊の幹部も買収されてる人いるでしょうね。

相変わらずの植民地っぷりですね。
従軍慰安婦より東京大空襲や原爆投下のほうが遥かに重大な戦争犯罪なんですが、
どういうわけかそれを指摘する人はいません。
尖閣諸島や竹島より北方四島のほうが重大な領土問題なのですが、皆中韓ばかり見ています。
本当に上手くコントロールしているものだと、感心してしまいます。

2016-09-03 10:01 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1110-b52ff7a3