現金よりクレジットカードの方がお得な理由 - 貴方を幸福にするFXブログ

現金よりクレジットカードの方がお得な理由

札束の食事
現金が好きすぎて困る。( ノД`)

内閣府の世論調査によると、「クレジットカードを積極的に利用したい」と答えた人は39.8%。
そうではないと答えた人は57.9%もいたそうです。
日本人の半分以上がクレカを嫌っているわけですね。

エセ賢者は光熱費を含む生活費の大半をクレジットカードで支払っていますが、周囲を見るとまだまだ普及率が低いように感じます。
業務用スーパーでカードを出すと処理に不慣れな店員によく遭遇するので、もう少し一般化して欲しいところ。

クレジットカードがなかなか普及しない理由としては、

・借金として扱われる
・紛失・盗難により不正利用される
・個人情報が漏洩するリスクがある
・リボ払い・分割払いの手数料が高い
・ついつい使いすぎてカード破産まっしぐら


といったマイナスイメージがあるので、利用したくない人の気持ちもよくわかります。
特に「借金は悪」と思い込んでいる高年齢層は、使いたがらないでしょう。

前に南アフリカのカードでセブンATMから巨額の資金が引き出された事件も、イメージ悪化の要因でしょうか。
それで損をした日本人はいないんですが、危険という印象はぬぐえない。
PCデポみたいな悪徳商店もあるし。

そんなわけで日本では未だに現金が主流ですが、外国では凄まじい速度でキャッシュレス化が進んでいるようです。
米国でもカード(デビットカードやプリペイドカードも含む)の利用が急増していますが、特にスウェーデンの電子決済比率は高い。
何でも支払いの約90%がカード払いで、「現金を使うのは観光客だけ」とまで言われているそうです。

日本のカード決済比率は15%程度で、米国でも37%。
スウェーデン人のカードに対する信頼性は驚異的ですね。

イエローカード
そのカードは要りません。

なぜこうもクレジットカードの利用が増えているかと言えば、その方が経済において合理的だからです。
きちんと安全を確保した上でコストにを計算すれば、カードを利用するほうが経済的に有利なのがわかります。

<クレジットカードのコストメリット>

①後払いのほうがコストは低い
お金には時間と共に減価していく性質があるため、先払いのほうが損で、後払いのほうがお得になります。
(日本人はなぜか先払いが好きですが)
今持っているお金を利殖に使うことで、後から支払う金額を相対的に小さくするという考え方もできます。
クレジットカードの引き落としは2ケ月先程度先になるので、無利子のショッピングの場合、本来の利息分だけ利用者は得をしていることになります。

もちろん、これは一括払いの話であって、分割払いやキャッシングなど手数料のかかる取引は別です。
楽天カードなどが盛んに勧めてくるリボ払いは、絶対に利用しないようにしましょう。

リボ押しもそうだが、楽天の全くお得感のないキャンペーンがやたらむかつく。
絶対当たらないスロットとか、嫌われるだけだと思う。
楽天は業績不振の原因が自分の態度にあると自覚すべき。

②ポイントや値引きがある
カードにもよりますが、だいたい0.5~2%程度のポイントがバックされます。
実質的に商品が値引きされるため、現金で払うよりお得。
エセ賢者が愛用しているp-oneカード(ポケットカード)は利用額から1%を引いた額が請求されるため、どんな商品でも1%割引になっています。(ふるさと納税でも有効)
イオンカード(WAON一体型)のように商店系列のカードは、特定のお店で割引を受けることができます。

③支払いの時間が短縮される
小銭を出したりお釣りを受け取る必要がないので、支払いが簡単になります。
利用者や店員はもちろん、レジで行列を作っている他の客も助かります。
店員の不手際で余計に時間がかかる場合もあるのですが、利用者が増えればいずれ解消されるでしょう。

④現金の管理コストは意外と高い
「現金の管理にコストは必要ない」と多くの人が思っていますが、実は多大なコストがかかっています。
人間が直接手で触れる紙や金属の塊を安全なレベルに維持しているのだから、当たり前です。
貨幣を定期的に洗浄し、盗難のないように金庫等へ保管する労力は、意外とバカにならない。

汚れた硬貨お金

⑤現金よりも盗難のリスクが低い
現金の入った財布を落とした場合、拾った相手がよほどのお人良しでなければ使われて終わりです。
保証は一切ありません。
クレジットカードは限度まで使われそうに思えますが、カード会社に電話すれば即座に止まるため被害が発生しません。

スキミングで知らぬ間に利用される場合もありますが、法律上本人以外が使ったものに対する支払い義務はなく、保険で賄われることになります。
楽天カードは利用する度にPCと携帯にメールを送ってくるので、不審な利用があればすぐにわかります。
(ウザいけど)

⑥ポイントサイトで金が入る
今更言うまでもありませんが、ポイントサイトを経由してクレジットカードやローンカードを発行すると、1枚あたり1万円程度がキャッシュバックされます。
直接申し込んだり、友人の紹介を受けるより遥かにお得なので、必ずポイントサイトを経由しましょう。

⇒ポイントサイトで不労所得

これだけのメリットがあれば、海外でキャッシュレス化が進むのは当然でしょう。
日本は商店側が負担する手数料が欧米に比べて高いため、使えない店が多いのが難点。
(EUは法律で手数料の上限が決まっている)

それでも、ネットショッピングが普及するのにつれて、カード利用額は増え続けています。
「他人が使わない物を使わず、他人が使うと使い出す」
のが日本人の傾向なので、10年も経てば現金のほうが少数派になると思います。

お金があるだけ使ってしまう浪費癖の人や、ブラックリストに載っている人はどうしようもありませんが、きちんと管理できる人にとってカードは非常に優秀なツールです。
まだカードを持っていない方は、日常のコストを少しでも削減するために利用を始めてみてはいかがでしょうか?



i2iポイントサイトへのご招待です♪

<合わせて読みたい記事>
⇒クレジットカード比較
⇒正しいクレジットカードの作り方
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1111-d42a9863