瞑想の目的と意味と意義とコツ - 貴方を幸福にするFXブログ

瞑想の目的と意味と意義とコツ

専門学校で笑顔に変わる
入学したい。(^∇^)

ここはFXブログの皮をかぶったオカルトブログなので、今回も怪しげな話をお送りします。

古今東西の修行僧達は、やたらに瞑想が好きです。
座禅を組んだり、滝に打たれたり、断食したりして真理に近づこうとしていますが、そんなのは無意味だとエセ賢者は思っています。

悟りとか、無我の境地とか、精神統一とか、難しい言葉はどうでもいい。
瞑想とは要するに、「静かにしなさい」ってことだとエセ賢者は解釈しています。

猫の音楽隊

雑音が大きすぎると、人の声が聞こえません。
年末になると、道路工事の音で仕事に集中できません。
近くで芝刈り機が動いていると、他に何が起きていても気付きません。

西日がまぶしすぎると、辺りの様子を見落として事故が起こります。
強烈な異臭を放つ物体があると、全然鼻が利かなくなります。

私達の五感は、外乱に極めて弱い。
小さな音を聞き取るためには、周囲の雑音をシャットアウトする必要があります。

舛添と野々村は耳が聞こえない

実は部屋を閉め切って毛布を被り、アイマスクと耳栓を着用しても、私達の感覚はそれほど鋭敏にはなりません。
なぜなら、外界だけでなく、私達自身もエネルギーを発しているからです。

心臓を動いても、血液が流れても、呼吸しても、物体が動く限り音が生じます。
人体は絶えず電気信号や熱が行き交っていて、周囲にも電磁波をまき散らしています。

私達自身は気付かなくても、聴覚の鋭敏な動物や赤外線を視ることのできる動物には知覚されます。
騒音計やサーモグラフィを使えば、人体が発しているエネルギーを測定することができますね。

人間には常態の信号を省くフィルタがあるので、いつも聞こえているはずの音は認識されません。
自分の息遣いを意識することはないし、自分の体臭も気になりません。
けれど、それは確実に存在して、外部からの信号をジャミングしています。

気になる人は、普段無視している機械音にでも焦点を当ててみてください。
キーンという高周波を一度意識してみると、ウザくて仕方ないから。

うるさいのでセルに殴られる

瞑想とは、その雑音を抑えて本当に欲しい微弱な信号をキャッチするということです。
周囲や自分が作り出しているものを極限まで落とせば、自然と聞こえない物が聞こえるようになって、見えないものが見えるようになります。

私達の脳内は、自分が思っているよりも遥かに騒々しくて、同時に受動的です。
人前では緊張して思考が乱れるし、チャートを見れば恐怖と欲望に駆られるし、可愛い猫を見るとそれだけで胸がいっぱいになります。
眼や耳を開いているだけで脳は周囲に反応し続けるので、本来の目的や意思はあっという間に消え去ってしまうでしょう。
大抵の場合、物事を続けるうちに趣旨が変わって本末転倒になってしまうのは、それが原因です。

目をつむったとしても、根本的な解決にはなりません。
過去の罪悪感や未来の心配事を考えれば、潜在意識は延々と暴走を続けます。

滝

だからこそ時々瞑想を行って、雑念を消してあげないといけません。
周囲に対する衝動的反応を抑えて、無意識に立ち返る必要があるわけです。

音のエネルギーは距離の二乗に反比例するので、周囲がいくら騒々しくても、距離が離れている限りは大きな影響をもたらしません。
本当に自分を苦しめているのは、他人や環境ではなく、それに反応して騒ぎ立ててしまう自分自身なんですよね。

悟る犬

私達の身体は自分が思っている以上に活発で、そのエネルギーの大きさ故に心の底にある本当の気持ちを忘れがちです。
そんな時は雑念を消して、その声をゆっくり聴いてみるといいでしょう。

それが貴方に何を伝えてくれるのか、私にはわかりません。
私の潜在意識はこのブログを書くように伝えてくれましたが、その行為に何の意味があるのかも知りません。
瞑想の意味なんて、本当は誰にもわからないのかもしれません。

けれど、雑音を取り払った後に生まれるインスピレーションは、間違いなく貴方自身の内から生まれたものであり、深奥にある願望や欲望をストレートに表現しています。
それ故に、どんな高名なアドバイザーよりも的確に最良の回答を与えてくれるでしょう。

静かにする猫
目まぐるしく変化する喧騒の中では、誰もが己の在り方を見失ってしまいます。
たまには静かに自分の声でも聴いてみましょう。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

心の状態に不満、不安があれば、どんな音でも、どんな言葉でもネガティブに聞こえるような気がします。音や言葉は、誰の敵でも味方でもなくいつでも中立的なはずなのに。
エコーで病気を発見出来るように、聞こえる音というのは、現在の自分の状態を指し示すバロメーターだと思ったりします。

2016-09-11 12:48 | from 鈴木 規夫

Re: No title

> 心の状態に不満、不安があれば、どんな音でも、どんな言葉でもネガティブに聞こえるような気がします。音や言葉は、誰の敵でも味方でもなくいつでも中立的なはずなのに。
> エコーで病気を発見出来るように、聞こえる音というのは、現在の自分の状態を指し示すバロメーターだと思ったりします。

結局自分を害するのは他人の暴言ではなく、自身の思考ということですね。
私達自身がむやみやたらに反応しないのなら、状況がどうなろうと関係ないのかもしれません。

2016-09-11 16:58 | from 幸福賢者

No title

サラリーマンの頃は、自分が変わりたくて、無性に永平寺に行って座禅を組みたかったですが、退職してからは、ポツンとひとり海に居るだけで充分満足です。
多分、禅寺なんか行っても我々凡人の場合、禅僧ごっこのアトラクションで遊ぶのと大して変わらないのでしょうねぇ。

2016-09-11 19:26 | from 山中 一人

Re: No title

> サラリーマンの頃は、自分が変わりたくて、無性に永平寺に行って座禅を組みたかったですが、退職してからは、ポツンとひとり海に居るだけで充分満足です。
> 多分、禅寺なんか行っても我々凡人の場合、禅僧ごっこのアトラクションで遊ぶのと大して変わらないのでしょうねぇ。

騒々しい会社にいると、一人でのんびり考える時間が欲しくなるんですよね。
ニートになると人付き合いがなくなるので、逆に刺激が欲しくなりますが。
禅寺は単に雰囲気を楽しむだけのものであって、本当の修練はどこでもできるものだと思います。

2016-09-11 19:35 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1115-32199c1d