日銀会合にて「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付量的・質的金融緩和」が決定!⇒日本語でおk - 貴方を幸福にするFXブログ

日銀会合にて「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付量的・質的金融緩和」が決定!⇒日本語でおk

9/21の日銀金融政策決定会合で、なんと長短金利操作付量的・質的金融緩和の導入が決定しました。
これはすごい!
前代未聞です!

・・・と言いたいところですが、エセ賢者はあまり頭が良くないので、何のことかさっぱりわかりません!
イールドカーブ・コントロールとか、オーバーシュート型コミットメントとか、全く意味がわからないよ!
日本語でおk

この発表を受けて相場は円安株高に動きましたが、数時間後には元に戻り、夜にはさらに円高になってしまいました。
多分相場参加者も内容を理解せずに「追加緩和が来た!」と騒いで、後から冷静になって売ったんでしょうね。

今回の決定は、厳密には追加緩和ではありません。
「今までは国債を一定額買っていたけど、これからは長期金利が0%になるように購入額を調整しよう」
ということです。

今まで国債の買い過ぎで金利がマイナスになっていたことを考えると、買い入れはむしろ減るかもしれません。
対象となる国債が変化するので一概には言えませんが、テーパリング(緩和縮小)に向かう可能性が高いと考えられます

変更前の緩和力が+100として、それが+50~-50になるとしたら、明らかに円高に向かうよね?
こんなの全然追加緩和じゃない!

緩和拡大だと思って買い、緩和縮小だと理解して売る。
そんなちぐはぐな思考が発表直後の急激な上下運動を作った気がします。

日銀は「インフレ目標2%を実現するために枠組み変更を行った」と言っていますが、それは全く違います。
当座預金のマイナス金利政策・長期金利固定政策は明らかな金融引き締め政策であり、消費者の購買力を低下させるからです。

「長期金利が0%で固定されているのに、物価だけが2%まで上昇する」
とか、普通に考えてあり得ないでしょう。

わけがわからないよ

日銀の金利政策は単なる相場操縦であって、市場が期待する緩和政策ではありません。
それを理解した投機筋は市場の歪みを鋭敏に感じ取って、日本円や日本国債に仕掛けてくるでしょう。

それにも関わらずこんなわけのわからないアクションに出たのは、以前から言っている通り、
・日銀の量的緩和は持続不可能である
・アベノミクスの本当の目的は国債の買い支えである

からです。

既に日銀は全国債の1/3以上を買い占めており、このままのペースだと2020年までに買い取れる国債が尽きます。
それを避けつつ、なおかつ返済不能にまで膨れ上がった国債を支えるために、金利0%固定という前代未聞の賭けに出たのでしょう。

予想外の決定に、正直エセ賢者は感心しましたよ。
てっきり日銀は「国債増発⇒日銀引き受け」で、ズルズル破綻を先延ばしにすると思ってましたから。

こんな大胆な行動に出るってことは、我々の思っている以上に国家財政はヤバイことになっているのかもしれませんね。
日銀の株式ETFも10兆円の含み損が出ているそうだし、実はもう余力がなくなってきているのかも。

両手を上げて諦める日銀黒田総裁
黒田総裁もお手上げ?

マイナス金利の深堀りがなくなったことで、銀行は大喜び。
銀行株は一気に上昇し、長期金利も上がりました。

しかし、日銀の目標通り10年債金利が0%近辺に固定されるかは怪しいところですね。
国債を直接購入できず、よしんば購入できても売ることのできない日銀が、どうやって永続的に国債相場を制御するというのか?

自由主義経済において、国家の無理なコントロールはいずれ崩壊するもの。
為替レートを固定して金融危機を引き起こしたイギリスやスイスのように、最後は大きな花火を打ち上げるでしょう。

今回の方針転換が、日本破綻の引き金にならないといいのですが。

町を破壊する猫
破滅の時が近づいている・・・

<合わせて読みたい記事>
⇒アベノミクスは失敗していない むしろ大成功
⇒日銀の統括的検証は大暴落の引き金を引くか?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

なるほど、無知な私は最初円安に振れた時に「長短金利操作付量的・質的金融緩和」ってもしや永久債とかにも関係してるのか?なんて考えてしまいました。
それにしても、このような相場操縦は、海外勢の絶好の標的になりそうですね。

2016-09-22 12:08 | from 鈴木規夫

No title

現状マイナス金利の深堀が無くなった事で、円高となっているようですが、金利が低下すれば、国債は高騰し、円高になり、金利が上昇すれば、国債は下落し、円安になるのではないのですか?

という事は、円高の状態では、日本は破綻しないという理解でよろしいですかね^^;

そして、それは国債が日銀や政府のコントロール下にあるうちだけで、国債を購入できず、金利を0%に押さえつけておけなくなった場合、一気に円安へ展開し、ハイパーインフレ等日本が破綻と言える状態になるという理解でよろしいでしょうか。

簡潔にいうと、現状は円高ですが、破綻する状態の国の通貨は大暴落するはずなので、2020年頃、日銀は手を打てなくなり、日本破綻する可能性があるという感じでしょうか。

2016-09-22 13:56 | from いつもみてます

Re: No title

> なるほど、無知な私は最初円安に振れた時に「長短金利操作付量的・質的金融緩和」ってもしや永久債とかにも関係してるのか?なんて考えてしまいました。
> それにしても、このような相場操縦は、海外勢の絶好の標的になりそうですね。

このまま国債買いを続けるわけにもいかないけど、普通に打ち切ったら大暴落する。
そのジレンマを解消するために、両方面介入という言い訳を作って、実質的に縮小させたのでしょう。
それを鵜呑みにするほど市場はバカではないので、投機筋は円売りを崩しているようです。

2016-09-22 13:59 | from 幸福賢者

Re: No title

> 現状マイナス金利の深堀が無くなった事で、円高となっているようですが、金利が低下すれば、国債は高騰し、円高になり、金利が上昇すれば、国債は下落し、円安になるのではないのですか?
>
> という事は、円高の状態では、日本は破綻しないという理解でよろしいですかね^^;
>
> そして、それは国債が日銀や政府のコントロール下にあるうちだけで、国債を購入できず、金利を0%に押さえつけておけなくなった場合、一気に円安へ展開し、ハイパーインフレ等日本が破綻と言える状態になるという理解でよろしいでしょうか。
>
> 簡潔にいうと、現状は円高ですが、破綻する状態の国の通貨は大暴落するはずなので、2020年頃、日銀は手を打てなくなり、日本破綻する可能性があるという感じでしょうか。

シナリオ①
このまま円高・国債高・金利安が進み、どこかで破綻して急激に円安・国債安・金利高になる。

シナリオ②
行き場のない資金が国債バブルを引き起こし、国債高・円高が止まらない。

シナリオ③
国債の信用が地に堕ちて国債安・金利高になるが、それでもなぜか円高になる。

普通の国なら間違いなく①になります。
2020年を待つことなく、どこかでコントロールが効かなくなるでしょう。

しかし、日本人のカネ余りは異常であり、日銀は国債高を止める手段がないため、
かえって円高に進んでしまうこともあり得ます。

③は本来あり得ないことですが、日本の特殊性を考えると否定できないのかも。

2016-09-22 14:18 | from 幸福賢者

No title

ありがとうございます♪
相場の行く先が予測できればと願いますが、それが解ったらマネーゲームは成り立たない事も解っています。
しかし、状況が整理できていなかったので、3つのシナリオ、興味深く読ませていただきました。
今後もブログの更新楽しみにしております。

2016-09-22 16:11 | from いつもみてます

Re: No title

> ありがとうございます♪
> 相場の行く先が予測できればと願いますが、それが解ったらマネーゲームは成り立たない事も解っています。
> しかし、状況が整理できていなかったので、3つのシナリオ、興味深く読ませていただきました。
> 今後もブログの更新楽しみにしております。

普通に考えれば国債暴落一直線ですが、何分金利のコントロールは1940年の米国以降前例がありません。
日本が世界でも特殊な国であることも踏まえると、先行きを正確に見通すのは難しい所です。

「〇〇かもしれないし、〇〇かもしれない」
などと、どこぞの無責任なアナリストのようなことを言いたくはありませんが、
はっきり言い切れる段階ではないとお考えください。

2016-09-22 17:24 | from 幸福賢者

お疲れ様です

僕は会見時は為替の動きしか見ることができていませんでしたが、あとあと考えてもなんのこっちゃ分かりませんでした。(笑)

日本の破綻。。。
そうなったら怖いですね。
最後の猫の画像も怖いですね。(´・ω・`)

2016-09-23 07:38 | from ナオキ

Re: お疲れ様です

> 僕は会見時は為替の動きしか見ることができていませんでしたが、あとあと考えてもなんのこっちゃ分かりませんでした。(笑)
>
> 日本の破綻。。。
> そうなったら怖いですね。
> 最後の猫の画像も怖いですね。(´・ω・`)

ゴジラみたいに巨大な猫が現れて街を破壊するのではないかと思って、
恐怖で夜も眠れません。
本当に重大な危機が訪れた時は、我々個人に抗う術はないものです。

私達にできるのは最低限の現物資産と非常食を用意した上で、
後悔しないように毎日を楽しく生きることでしょう。

2016-09-23 10:25 | from 幸福賢者

No title

黒田さんのお手上げ画像で吹きましたw

私は、先日の政策決定会合のこともわかっていませんが、日本の財政はヤバいということなのでしょうか。

私はトルコリラ円でのFXをやっているので、円高がさらに進むと、含み損が増えて困ります。
長期的に見ればまた円安の時代もくると思いますので、それまでじっくり耐えたいと考えています。


2016-09-23 12:01 | from 木枯らし

Re: No title

> 黒田さんのお手上げ画像で吹きましたw
>
> 私は、先日の政策決定会合のこともわかっていませんが、日本の財政はヤバいということなのでしょうか。

私達が思っている以上に官僚は危機感を持っているように感じます。
公表されているのは1000兆円強ですが、実際はまだまだあるんじゃないかと。

> 私はトルコリラ円でのFXをやっているので、円高がさらに進むと、含み損が増えて困ります。
> 長期的に見ればまた円安の時代もくると思いますので、それまでじっくり耐えたいと考えています。

いつかはまた円安も来るでしょうけど、何年後になるでしょうかね。
アベノミクスで3年円安が来たなら、次の3年円高トレンドになってもおかしくありません。
仮に円安が来たところで、過去の履歴からしてTRYとZARは元のレートに戻らないでしょう。

2016-09-23 12:49 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1121-9866d28f