上がるか下がるかの二択は平等ではない - 貴方を幸福にするFXブログ

上がるか下がるかの二択は平等ではない

クイズ問題ファイナルアンサー選択
究極の選択!! (((;゚Д゚))))))

株もFXもバイナリーオプションも、要は上がるか下がるかの二択。
雇用統計で適当に勘で賭けても、50%は当たるはずです。

しかし、エセ賢者が賭けたら五分では済まないくらいよく負けるし、実際にFXトレーダーの8割は負け越しています。
プロスペクト理論で損大利小になっているのもあるますが、それにしたって損切りが多すぎる。
まるで、負けるほうに誘導されているような気さえします。

実は上下の二択は同じ確率ではありません。
「明日ドル円が上がるか下がるか」
という簡単な選択でも、統計的に下のほうが確率が高くなります。

1949年~1971年の為替相場は固定相場で、1ドル360円に固定されていました。
それから変動相場制に移行しましたが、ドルはどんどん減価を続け、最高で76円台まで下落しました。
今では少し戻して100円台をウロウロしていますが、また300円まで戻る可能性は低そうです。

もしもドル円が上下する確率がフィフティフィフティなら、上がった回数と下がった回数が拮抗して、同じようなレートをうろうろしたはず。
そうならずに大幅に下落したということは、上がった回数より下がった回数の方が多かった(下がる確率のほうが高かった)ということになります。
この35年間の統計データを信じるなら、ロンガーよりショーターのほうが有利ということになります。

米ドルだけでなく、他の通貨に対しても日本円は相当に強い。
ポンドなんて以前は1000円以上あったのに、今は一割以下。
南アフリカランドに至っては年単位で一度も反転することなく、奈落の底まで落ち続けています。
「助からないショートはない」という言葉が正しいかはともかく、円インデックスが長期的に上昇傾向にあるのは確かです。

ドル円相場超長期チャート

上のチャートを見れば米ドルが下落傾向にあるのは明白ですが、FXを始めたばかりのミセスワタナベの大半はドル円をロングします。
下がる確率のほうが高いとわかっているのに、上がるほうに賭けているのです。
実に不思議な話でしょ?

「金利が高く、スワップポイントがもらえる通貨がいい」とか「自国通貨が信用ならない」といった刷り込みによって、私達は知らぬ間に誘導させられているのかもしれませんね。

もちろんこれは30年以上の長期スパンを見ているだけで、直近のトレンドとは関係ありません。
基準点と期間を変えてチャートを見れば、逆に円安傾向と判断することもあり得ます。
相場の方向性が知りたければ、MACDでも見てください。

ここで言いたいのは、相場はサイコロのような均一なものではなく、明らかに偏りが存在するということです。
そして、私達負けトレーダーはどういうわけか、不利な方向に賭けさせられる傾向が強い。

もうすぐまた米雇用統計がありますが、その時為替レートはどちらに動くと思いますか?
米国の非農業部門雇用者数次第なので、確率は五分五分だと思いますか?

エセ賢者はそうは思いませんね。
過去の何十回という雇用統計結果を集計すれば、結構偏りが出るんじゃないでしょうか?

興味がある人は、予想と結果の剥離、上昇と下落の割合の統計を取ってみてください。
おそらく、私達が抱いているイメージとは違う結果が出てくるはずだから。

物理現象は不確実性を持つものであり、神でもドラえもんでもない私達に未来はわかりません。
しかし、全ての確率が平等に分布しているわけではなく、その偏りが今の歪な世界を形作っています。

エセ賢者が未来をはっきり予言することはできないけれど、過去にどれだけの割合で何が起こったかを調べることはできます。
そして、その数字に基づいて投資の有利不利を判断することができます。
まぁ、それをテクニカル分析と呼ぶんですが。

どこぞのアナリストの作為的な予想に囚われるよりも、科学的データを用いて論理的な判断をしたいものですね。

目の錯覚でウエストが同じ
そんなバカな!?
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

指標時はスプ勝手に広げたり、レート操作して上下のストップ刈るからレバレッジかけてたらほぼ勝てませんよ

2016-10-06 18:04 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> 指標時はスプ勝手に広げたり、レート操作して上下のストップ刈るからレバレッジかけてたらほぼ勝てませんよ

別にハイレバで指標に挑めなんて言ってませんよ。
指標の上げに期待する人は沢山いるけれど、これまでの指標で上下のどちらが多かったか知っている人は殆どいません。
賭けるなら少しでも勝ち目のあるほうに賭けなさい、ってことです。

2016-10-06 19:00 | from 幸福賢者

No title

FX恐ろしやです。
本当に負ける方に上手く誘導されてるのかもしれませんね。(笑)

それで且つ損切りできない僕はヤバすぎます。(´・ω・`)

2016-10-07 07:39 | from ナオキ

Re: No title

> FX恐ろしやです。
> 本当に負ける方に上手く誘導されてるのかもしれませんね。(笑)
>
> それで且つ損切りできない僕はヤバすぎます。(´・ω・`)

実際に誘導されている部分はあると思います。
テレビや新聞、証券会社のメールなど、投資を盛んに煽っている情報だらけですし。
そういう無駄な情報をシャットアウトして、統計学に沿った理論に徹する人が勝つのかもしれません。

2016-10-07 08:48 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-10-13 23:35 | from -

Re: No title

> 定規で腰の長さ測ってみましたけど、1cmくらい右の方が細いがなw

感覚や他人の意見に惑わされず、自分で測って確かめることが大事。
そういうことですよ。

2016-10-14 08:52 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1129-1d8f6735