墓場から墓場まで 高齢者同士の遺産相続で経済が回るわけがない - 貴方を幸福にするFXブログ

墓場から墓場まで 高齢者同士の遺産相続で経済が回るわけがない

海賊王になる夢
少年の気持ちを忘れないでっ! (´;ω;`)


世界一の長寿国として年々平均寿命が延びる日本ですが、その一方で景気は長い停滞が続いています。
長生きするのは素晴らしいことですが、あくまで社会の主役は活力と意欲に溢れた若者です。
年寄りばかりが主権を握る日本の現状は、あまり望ましいものではありません。

衆議院議員の平均年齢は、53.2歳
全国社長の平均年齢は、なんと60.8歳
とっくに定年を迎えていそうな人々が組織の舵を取っているんだから、若者に優しい社会が作られるわけがない。

金融資産の8割以上は50歳以上が所有しており、30代以下が持っている資産は5%にも満たないそうです。
現金や株だけでなく土地などの現物資産を含めれば、差はもっと大きいと思われます。

家計金融資産の年代別保有比率

年代別貯蓄額
出典:ガベージニュース http://www.garbagenews.net/archives/2063802.html

年長者は長年資産を蓄積して老後に備えてきたのだから、若年層よりお金を持っているのは当然です。
しかしながらその差はあまりにも大きく、国民年金保険料や医療費を介して若者から高齢者へ資金が移動することを考えると、極めて不平等で不合理な状況と言えます。

年金の払い損

この世代間の不均衡は、数百年前の地球であれば、それほど問題ではありませんでした。
なぜなら人類全体の平均寿命が短く、天寿を全うした高齢者から次代へ資産と地位の移譲が行われたからです。

現代でも親の遺産は配偶者や子が受け継ぐことになっていますが、その相手も相当な高齢であることが殆どです。
親が100歳で無くなったとしたら、その子供は80歳前後。
これでは世代間の資産移動など、全く行われていないに等しい。

どんな財産も風習も、亡くなれば次に移ります。
かつての人々は「地面は平坦な円盤であり、巨大な亀の上に乗っている」と本当に信じていました。
太陽が地球の周りを回る天動説を信じ、地動説を異端として迫害していました。

そういった迷信が消えたのは、科学的な実証によって真実が確かめられたからではありません。
迷信に囚われていた旧世代が滅んで、次代に主権が移ったからです。
社会が変わるためには、どうしても世代交代が必要なんですよ。

日本が世界に追いつかれて追い抜かれようとしているのは、色々な理由があるにせよ、老人中心の社会であるのが大きな要因であると思います。
若者にカネがないから、国にも活気がないのです。

日本人の実質賃金は長い事下がり続けていますが、団塊世代の給料が下がったわけではありません。
単純に賃上げの回数と幅が減少したから、年長者の給与はそのままに若者の賃金だけが知らない間に下がったのです。

「正社員になり、結婚してマイホームを建て、子供を産み育てる」という発展途上国ですら当然の将来設計ですら、多くの若者にとっては手の届かない夢に成り果てています。

子供の夢と願望
夢も希望もねぇ。

この国のより活気あふれる国に変えるためには、若者が立ち上がって、お金と地位を手に入れなくてはなりません。
何もしなくても数十年経てば自然と世代交代が起こるでしょうが、それではあまりにも遅すぎる。

現代の日本で若者が躍進するためには、会社勤めではなく、起業や投資に向かうのが近道です。
現在の企業はコストカットに余念がなく、若者に重要な地位を任せる土壌がないので、サラリーマンを続けて大成するのは難しいでしょう。

年齢による有利不利が一切ないのが、株式やFXといったトレードの長所です。
それがわかっているから若者ほど投資意欲が強く、既にお金を持っている高齢層は投資に前向きになりにくいのでしょう。

商売をするなら若者相手ではなく、より上の世代をターゲットにしましょう。
全ての高齢者がお金を持っているわけではありませんが、より消費能力のある方に狙いを定めるのは理に叶っています。
間違いなく伸びる介護事業や再生医療などを中心に、起業や融資をするのが望ましい。

この国の主役はテレビに映っている議員や社長ではなく、今まさに全盛期である貴方です。
少数派であるからいって諦めるのではなく、頑張って稼いでこの国を豊かにしていってください。

若者と高齢者の違い
81歳に期待しないで!

⇒若者が1人当たり10人の老人を殺せば今日にでも高齢化問題は解決する
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1151-dcedcde0