寒いのは環境のせいではなく、己の熱量が足りないからだ - 貴方を幸福にするFXブログ

寒いのは環境のせいではなく、己の熱量が足りないからだ

ザワールドのスタンドを出すスケート選手
内に秘めた圧倒的な才能を感じるぞ!

12月になってすっかり寒くなりました。
人間は恒温動物なのでまだ大丈夫ですが、変温動物のエセ賢者は大変です。
なにせ、自分で体温調節ができませんからね。

辺りの気温が少々下がろうと、運動して身体を温めれば大事には至りません。
暖房もなしでじっとしていたら凍えてしまいまいますので、こんな時こそ動き回りましょう。

「今日は寒いから仕方ない」とか「私は冷え性だから」と考えるのはナンセンスです。
人の感じる『寒さ』というのは「自分の体温が低い」ということであって、外気や体質はあまり関係がないからです。

例えば、熱湯風呂に一時間ぐらい入ったら、出た直後に寒さを感じますか?
暖房の効いたコンビニで買い物をしてから外に出て、すぐに寒さを感じますか?
まず感じないと思います。

身体が十分に温まっている状態なら、寒気の中でも不自由を感じることはありません。
寒いなと感じるのは、長時間外気にさらされて体温が低下した時です。

大事なのは、人体に十分な熱量を供給すること。
そして、その熱を外に逃さないように工夫すること。
それができれば、環境がどうあれ貴方には関係ありません。

寒さによる現象
星のささやきが聞こえなければ大丈夫。

「フロンガスでオゾン層を破壊し、地球を温暖化させろ」
と言っているわけではありません。
南極でブリザードが発生しようが、シベリアで雪崩が起きようが、自分の体温を適正に保てばいいだけのことです。

これは暑さ・寒さに限った話ではなく、飢えや渇きでも、資源やお金でも同じことです。
十分満ち足りていれば外界の影響は軽微で済むし、そうでない人は少々の外乱でも精神を乱されてしまいます。

怒りっぽい人は、カルシウムが足りていないのでしょう。
他人の批判に弱い人は、自信が足りていないのでしょう。
弱者の施すことができない人は、自分がそれ以上に弱者だからでしょう。

凍えている人が他人を温めることができないように、恵まれていない人が他人を助けることはできません。
だから、他者や社会のことを考える前に、自分の身体と懐を暖めなくてはいけないのです。

真っ赤に燃える猫
暖めすぎた。

人間は脅威を感じた時、外界に原因を見つけますが、それはあくまで当人の知覚であって、外界の状況を確実に認識できているわけではありません。
とんでもない寒波に見舞われたと思ったら、うっかり上着を忘れていただけということもあるかもしれません。
結局のところ苦境の多くは、ただの勘違いだったりします。

社会が不条理に満ちていたとしても、そんなのはどうでもいい。
ろくでもないブラック企業に努めていたとしても、そんなのはたいしたことではない。
他人に怒られようと、罵倒されようと、そんなことで揺らいだりはしない。

自分自身の熱意と資産さえ十分であれば、どんなことも問題にはならないのだから。

苦しい時の対処法は、いつも一緒。
外のことを考える前に、まずはこの身を暖めましょう。

寒さに耐える猫
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

本日は熱量足りてないようです。批判というか無関心に晒され打ちのめされてます。人は赤の他人の批判には磐石でいられるのに何故、大切な人の無関心、批判には簡単に打ちのめされてしまうのでしょう。当たり前と言えば当たり前ですがそれも自信が足りてないからでしょうか?

2016-12-20 18:51 | from けら | Edit

Re: タイトルなし

> 本日は熱量足りてないようです。批判というか無関心に晒され打ちのめされてます。人は赤の他人の批判には磐石でいられるのに何故、大切な人の無関心、批判には簡単に打ちのめされてしまうのでしょう。当たり前と言えば当たり前ですがそれも自信が足りてないからでしょうか?

傷付いているのではなくて、自分で傷付けているのかもしれません。
他人が何もしていないのに苦しむのだとすれば、その原因は自分の中にあります。

欲しい物がある自分と、それを手に入れられない自分。
そんな自己を認められずに蔑むのなら、リストカットと変わりません。

自分に何が足りないのか?
どうすれば埋められるのか?
それをきちんと考えて全力実行すれば、打ちのめされることなどありません。
他人の一挙一動に惑わされる時点で、まだ本気じゃないってことです。

2016-12-20 19:35 | from 幸福賢者

確かに人は私に対して何もしていません。けれども無関心というのは酷く人間を傷つけます。それは相手にとって自分は存在しないということです。そんな状態でも賢者さんは強く、影響を受けないでいられますか?その強さの秘密は何でしょうか?
勝手に傷つくのは本当にリストカット的な行為でしょうか?私には人間として当たり前にある感情としか思えません。
でもこれも越えなければならないのでしょうね。何にせよ明日はまた新しい1日です。今日は終わります。明日には心は移り変わるのですから。

2016-12-20 21:35 | from けら | Edit

Re: タイトルなし

> 確かに人は私に対して何もしていません。けれども無関心というのは酷く人間を傷つけます。それは相手にとって自分は存在しないということです。そんな状態でも賢者さんは強く、影響を受けないでいられますか?その強さの秘密は何でしょうか?
> 勝手に傷つくのは本当にリストカット的な行為でしょうか?私には人間として当たり前にある感情としか思えません。
> でもこれも越えなければならないのでしょうね。何にせよ明日はまた新しい1日です。今日は終わります。明日には心は移り変わるのですから。

物理的に触れない限り、他人が自分を傷つけることはできません。
傷付けているのは、あくまで自分自身であるということをご理解ください。

それがわかったら、ただ自傷行為を止めるだけです。
強さは要りません。
刃物にすがりつくような執着を捨てて、他人も自分も許してあげましょう。
全部認めて良い意味で諦めれば、何の影響も受けることはありません。

2016-12-20 22:17 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-12-20 22:27 | from -

Re: タイトルなし

> じつはうちの猫が、夏に亡くなったのですが、亡くなる前はいつも冷たいお風呂場にこもってました。

人でも獣でも具合が悪い時はむしろ体温が上がるので、冷たいお風呂に向かったのではないかと思います。
また、野生動物は警戒心が強く、自分の弱っている姿を他の動物に見せようとは思いません。
なので、我々猫は人気のない場所を選んで最後の時を迎えるのだと思います。

2016-12-20 23:05 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1161-170ebfd8