教科書にも間違いはあるが、素人はそれ以上に間違っている - 貴方を幸福にするFXブログ

教科書にも間違いはあるが、素人はそれ以上に間違っている

日本の借金が増えた
簡単に増えすぎ!( ノД`)

日銀総裁の黒田氏が、「金融政策は教科書通りに行かない」と発言していました。

なぁ、日銀がいつ教科書通りの政策を取ったんだ?

日銀の黒田東彦総裁は6日、アジア開発銀行(ADB)年次総会の関連行事に参加し、中央銀行の業務が近年複雑になっていると訴える一幕があった。
黒田総裁は日銀のかじ取りについて「悪戦苦闘とは言わないが、最大の努力を傾注している」と発言。
「(経済学の)教科書を文字通り適用できない」と金融政策の難しさを強調した。

黒田総裁は、マレーシア中銀のゼティ前総裁やフィリピン中銀のギニグンド副総裁らが参加する会合で発言した。
日本経済について、一度染みついた家計や企業のデフレ気質を変えるのは難しいと指摘。
「日本は円安でも輸出が大幅に増えなくなった」とし、企業が海外生産を増やした影響にも言及した。

黒田総裁はアジア諸国も人口動態の変化を受け、経済を冷やさず過熱もさせない中立的な金利水準である自然利子率が今後低下する可能性があると分析。
長期デフレに陥った日本の教訓として「インフレ期待(予想物価上昇率)を維持することの重要性が高まっている」と助言した。

黒田総裁は2005年からADBの総裁を務めた。
日銀とADBの総裁のどちらがよかったか聞かれ、「ADBのほうがよりエキサイティングだった」と話した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC06H2J_W7A500C1000000/?dg=1


日銀黒田緩和の悩み

エセ賢者は大学時代に経済学の講義を受けたことがありますが、マイナス金利とかトリクルダウンとか、アベノミクスに関連するような話を聞いた記憶は全くありません。

現代の教科書には、「消費税を8%に上げれば、景気が回復する」と書いてあるのでしょうか?

「社会保険料を上げて負担を増やせば、個人消費が増える」と書いてあるのでしょうか?

「金利を必要以上に下げてマイナスにすれば、貸し出しが増える」と書いてあるのでしょうか?

「株式ETFを買い上げて株価を高く維持すれば、企業の業績が伸びる」と書いてあるのでしょうか?

あるわけないだろ。

ふざけてんじゃねぇ猫

日銀が推し進める異次元緩和は過去に前例のない異常な政策であり、本来の経済学に沿ったものではありません。
アベノミクスのリフレ政策やトリクルダウンも近年提唱されたただの仮説であり、実証されたものとは言えません。

こんな無謀な実験に日本国民を巻き込んでおいて、結果が出なかったら教科書のせいにするとは。
恥を知れと言いたい。

アベノミクスの理論

昔の記憶によると、中学の社会の教科書には以下のような経済対策が記述されていたはずです。

・景気が悪くなったら、減税を行ってお金が回るようにする
・景気が良くなったら、利上げをしてお金の回りを抑える


安倍政権はきちんと減税して、景気を回復させたでしょうか?
まがりなりにも失業率が改善して景気が上向いたら、利上げを行ったでしょうか?

猫賢者には、全くのことをしたように思えるのですが・・・

現在の好況は少子高齢化による人手不足と海外への輸出が好調なのが大きく、個人消費は極めて弱い。
消費税を上げて社会保険料の値上げを続けていたら、可処分所得が伸びるわけがない。

この国のためを思うなら消費税10%なんてとっとと取り止めて、消費税の撤廃に動くのが正しいに決まっています。
重税を放置したまま形ばかりの増税延期を繰り返して支持率を稼ぐなら、売国政権と言われても仕方ない。

アベノミクスの結果

もちろん、教科書がいつも正しいとは限りません。
歴史の教科書は頻繁に訂正され、鎌倉幕府の設立年さえ1192年から1185年に変わっています。
鱗で覆われた爬虫類と思われていた恐竜も、最新の研究で羽毛に覆われた鳥類に近い生物であったと報告されています。

しかし、それが間違っていると証明できるのはきちんと理解した上で検証したからであって、理解も実行もしていない素人にそれを行うことはできません。
定説に従わずに都合の良い仮説に飛びついただけ日銀関係者に、マルクスやレーニンが築いた古典経済学を否定する権利はないわけです。

黒田日銀の目標数字
あまりにも適当すぎる。

教科書が大事なのは、いつどんな分野でも同じです。
マクドナルドやディズニーランドの仕事は、マニュアルを読み込むことから始まります。
いきなりオリジナルの接客を行ったバイトがいたら、即座にクビです。

我々トレーダーは最も自由裁量の大きい職種ですが、それでも基本は疎かにできません。
何も知らないまま勘でトレードを始めたって、あっという間に退場するだけです。

「教科書通りの手法で取引したって儲からないよ」
と言うトレーダーは多いけれど、その中のどれだけがきちんと勉強した上で発言しているでしょうか。

理解しているつもりで、実は勘違いしていることもはないでしょうか?
よく知らないのに、最初から使えないと決めつけていることはないでしょうか?
どこかの素人が考えた机上の空論に過ぎないのに、長年の実績のある聖杯と信じていることはないでしょうか?

正しい手法を学んだ上で忠実に行動して、その結果誤りを指摘するのはいい。
敢えてマニュアルから外れて、新しい方法を模索するのもいい。

けれど、定説を曲解した挙句失敗して、それを教科書のせいにするのだけは止めた方がいいと思います。

英語の勉強法
文句を言いたくなる気持ちはわかるが、ひとまず読んでからにしよう。

⇒維新流トレードマニュアル
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-05-11 23:30 | from -

Re: タイトルなし

> 日銀って、結局、何をどうしたいんですかっ?!間違いを認めて、消費税を戻すと、誰か死刑にでもなるのでしょうか……

日銀というより財務省の都合ですね。
黒田氏は元財務官僚なので、財務省の意向に逆らえないのだと思います。

国の予算は収入の見込みで決まるので、消費税を上げる(収入が増える)予定があれば予算を増やすことができます。
増税で景気が悪化して実際は減収になったとしても、上がる見込みさえあれば予算を分配して、
それを餌に各省庁を操ることができます。

社会福祉なんて名目を掲げていても、目的は権益の拡大です。
国がどうなろうと、増税を掲げて予算を確保できればそれでいいんですよ。

2017-05-12 09:45 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1204-d955f466