リバタリアンのリバタリアンによるリバタリアンのためのリバタリアリズム - 貴方を幸福にするFXブログ

リバタリアンのリバタリアンによるリバタリアンのためのリバタリアリズム

人材になる条件を満たせば給料は上がるのか
要求に応じた給料を払えよ! (♯`∧´)

エセ賢者は昔から税金が嫌いでした。

所得税も消費税も相続税も、健康保険料も年金保険料も、お金を取られるのは全部嫌い。
「人様のなけなしの財産を強制的に取り上げるなんて許されない!」と、いつも憤っていました。

役人が鞭を持って年貢の取り立てに来ていた頃から、搾取への怒りは変わりません。
今も買い物でレジに消費税が表示される度に、それを作った政治家や官僚への怒りが湧いてきます。

消費税

不満の対象は、税金だけではありません。

NHKの受信料も、町内会の会費も、会社のコンパ代も、半強制的に要求される募金や香典も、何もかもが憎かった。
自分からお金を出すのは問題ないけれど、他人に強制されるのは我慢がならなかった。

NHKの下請けが玄関を叩く度に、追い返してやったものですよ。

NHK集金人不法侵入

なぜそこまで強制徴収が嫌だったかと言えば、それは私がドケチ・・・じゃなかった、生粋のリバタリアンだからです。
心から自由を愛する野良猫だから、他人に自分を左右されることは許せなかったのです。

お金と自由にはあまり関係がないように思えるかもしれませんが、現実には密接に関係しています。
殆どの労働者は賃金のために働き、お金によって支配されています。
仕事によって時間や住居を縛られているし、十分なお金があればある程度自由を買うことができます。

我々リバタリアンにとって、お金を奪われることは自由を奪われるのと同意義なのです。

今でこそ奴隷は国際条約で禁止されていますが、かつては世界中で使役されていました。
彼等は一切報酬を与えられることなく、過酷な労働に従事していました。

現代の労働者はもちろん労働基準法に守られているし、サービス残業でなければ相応の賃金が支払われます。
しかし、その労働の成果を後から取り上げられたらどうでしょうか?

働きに応じた給料が支払われても、役人がそれを税金として取り上げたのなら手元には残りません。
政府が国民に勤労の義務を課してその報酬を収奪するのなら、サラリーマンと奴隷は何が違うのでしょうか?

形ばかりの自由経済を採用したところで、役人が合法的な搾取と浪費を行うのなら、自由主義が実現したとは言えないのではないでしょうか?

金のかからない政治

私達の身体は、私達のものである。
私達の時間は、私達のものである。

故に私達が身体と時間を使って生み出した労働の価値も私達の所有物であり、誰にも取り上げる権利はない。

これがリバタリアンが掲げる、税金の不当性の根拠です。
お金を取り上げられるのは、身体をちぎり取られるのと同じことなのです。

厳密に言えば、お金と時間を全く同じように考えるのは正しくない。
社会秩序を無視して、自分の権利だけを主張するのも正しくはない。

けれど、ワイルドキャットである猫賢者は、肉体的にも経済的にも自由を求めずにはいられません。

タダ働きも、奴隷扱いも、まっぴらゴメンです。
もっともっと稼いで自由になりたいと、本能が叫ぶのです。

歌って叫ぶ猫

かつて第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンは、人民のための政治を掲げて奴隷の解放のために戦いました。
その結果人々は自由を手にして、世界から奴隷制度は根絶されました。

しかし、今のこの世界で、完全な自由を得た人はどれだけいるでしょうか?
名目上は奴隷でなくても、雇用契約や福祉制度に隷属している人が大半ではないでしょうか?

貧しくて欲しいものが買えないのなら、
経済的な都合で若者が結婚できないのなら、
仕事の都合で居住地を選ぶことができないのなら、
勤務時間に縛られて好きな時間に行動できないのなら、
それは自由とは程遠い。

奴隷どころか、お金を生むだけの機械になり下がってしまうかもしれません。

理想の彼氏

貴方は自分で自分を所有する、自立した人間でしょうか?
それとも知らず知らずのうちに束縛された、社会の奴隷でしょうか?

できることなら、前者であって欲しいと思います。

誰もが人間としての権利を持てるように。
経済的に成功して、より多くの選択肢を得られるように。

それが私達リバタリアンの願いです。

より多くのお金が貯まる帽子

自由な人生を手に入れる教科書
※現在無料

⇒アフィリエイトで一億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-05-12 18:13 | from -

町内会の会費は強制ではない

町内会の会費は町内会に入らないか、脱会すれば払わずに済みます。じっさい、お隣のアパートに住んでる人は町内会に入っていないので払っていません。違いは公民館で自由にもらえる広報を配ってもらえないだけです。

2017-05-13 10:40 | from 名も無き天才投資家

Re: タイトルなし

> 私は役所の公務員も大嫌いです!!
> 政治家も官僚も、まともな人間に見えないです。
> 頼んでもいない公共事業や横領で税金を使われて、真面目に税金を払っていても国や都から感謝状の一通も、誕生日にお食事券の一枚も来たこと無いです!!!!
> せめて、そんな政府に反抗するために、ニュースとかで煽ってる事や、イベントや流行りを全く無視して、政府の洗脳に乗らないようにして生きて行きたいです。

公共事業や横領に怒ること自体ニュースに煽られている気もしますが、
お金の使い方を間違えているのは確かですね。
海外に何兆円も費やすより、日本国民のために使って欲しいとは思います。

結局のところお金があれば利権が生じるのは避けられないので、
徹底的に減税して小さな政府を運営するしかないと思っています。
与党野党関係なく、政府の権限を極大化しようと考える勢力が多すぎるのが問題です。

2017-05-13 12:15 | from 幸福賢者

Re: 町内会の会費は強制ではない

> 町内会の会費は町内会に入らないか、脱会すれば払わずに済みます。じっさい、お隣のアパートに住んでる人は町内会に入っていないので払っていません。違いは公民館で自由にもらえる広報を配ってもらえないだけです。

その辺は地方によりますね。
自由なところもあれば、入らないと生活に支障をきたす場合もあります。
受けられるサービスが明確で、加入に対する選択権があるのなら、
それでいいと思います。

2017-05-13 12:17 | from 幸福賢者

その通り~!

サラリーマンは奴隷だと思ってた。

政府は暴力団だと思ってた。

でもどうしたらいいんでしょうかね、死ぬ自由でも行使するしか手はないのか。まあ使い果たしてから、ね。

2017-05-14 02:39 | from Tochi

Re: その通り~!

> サラリーマンは奴隷だと思ってた。
>
> 政府は暴力団だと思ってた。
>
> でもどうしたらいいんでしょうかね、死ぬ自由でも行使するしか手はないのか。まあ使い果たしてから、ね。

徹底的にお金を稼ぐか、お金のかからない生き方をすればいいんですよ。

ここでは強制と書きましたが、本当に人に強制できることなどありません。
どうしても嫌なら拒否したっていいんです。
私のように勤労からも社会からも逃げて、ただ自分のために生きるのも一つの道です。

2017-05-14 13:42 | from 幸福賢者

No title

>心から自由を愛する野良猫だから、他人に自分を左右されることは許せなかったのです。


自由に考え、
自由に発言し、
自由に行動する。

素敵と思う。

2017-05-16 23:03 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> 自由に考え、
> 自由に発言し、
> 自由に行動する。
>
> 素敵と思う。

自由もそんなに楽なものじゃないんですけどね。
野良猫より飼い猫の方が遥かに恵まれているのは間違いない。
長生きしたいなら、間違いなく人間に飼われるべき。
それでも敢えて野良の道を選んだのは、私のちっぽけなプライドの問題です。

2017-05-16 23:40 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1205-57975b7e