アベノミクスよりネコノミクスの方が危険かも - 貴方を幸福にするFXブログ

アベノミクスよりネコノミクスの方が危険かも

神様と猫を恐れ敬え
全力で敬います! (=゚ω゚)ノ

2010年以降の猫ブームはネコノミクスと呼ばれ、関西大学の宮本勝浩名誉教授によると2兆3162億円もの経済効果を生んでいるとされています。
当ネコブログもヌコ様の人気に支えられており、記事の執筆から画像の添付、応援クリックの誘導まで全てがイエネコとヤマネコによって行われています。

犬と違って登録が義務付けられていないため正確な数はわかりませんが、日本全国で飼育されている猫は約1000万匹。
猫の飼育費用、動物病院の医療費、猫カフェ、猫アプリ(ねこあつめ)、猫島への旅行、Youtubeの猫動画などありとあらゆる分野で猫に関する消費が増加し、おそらくオリンピック以上に経済を動かしています。
もはや日本経済はぬこさんなしには成り立たないのかもしれません。

飛行機に乗る猫
飛行機もネコノミークラスがあるとかないとか。

猫は確かに可愛い。
寂しい人に癒しを与えてくれる。
しかも経済的効果もあるとなれば、救世主と呼んでも過言ではないかもしれません。

しかし、その一方で猫が蔓延することで起こるデメリットにも、目を背けてはいけないと思います。
野良猫が町内を徘徊するだけ、産業や生態系に悪影響を与えている場合もあります。

例えば、エセ賢者が住む田舎には空を飛ぶ鳥を除いた鳥獣類が殆どいません。
自然は豊かなのに、よく見かけるのは虫やトカゲくらいです。

特に草食動物は少なく、兎や鼠、リスは殆どいません。
人間による環境破壊が大きな理由ですが、野良猫がそれらを狩ってしまうのも原因の一つではあると思います。

ライオンを含む猫科動物は食物連鎖の頂点に位置する生き物なので、他の動物の獲物になることは少なく、鼠や雀などの小動物を一方的に狩り殺します。
ライバルとしては狼や犬がいますが、ニホンオオカミは既に絶滅しており、野犬は保健所によって駆除されるため、まず見かけることはありません。

より大きい動物、例えば熊や猪などは猫よりも強靭ですが、保護されることはなく、むしろ排除の対象です。
人間の保護を受けつつ他の動物を狩れる猫こそが、現代における野生動物のトップと言えるでしょう。

ライオンのように気高い猫
まさに百獣の王。

もしも貴方が自宅の庭で鶏を飼育し、毎日新鮮な卵にありつこうとしたら、猫は確実にそれを邪魔するでしょう。
鶏の匂いを察知した野良猫や放し飼いの猫が集まって、一日と経たずに食べられてしまうはずです。
人間の食料としても人気のチキンなので、さぞ美味しいんでしょうね。

鶏以外の動物でも、それは同じです。
昆虫、雀、兎、ハムスターなど、猫より小さな動物は全て捕食対象です。
弱っていたり子供であれば、牛や馬、ヤギでもやられる場合もあります。

猫の襲撃を防ぐためには小屋やバリケードを用意すればよいのですが、猫の侵入能力は極めて高い。
1メートルくらいの塀なら軽々超えるし、頭さえ入れば僅かな隙間からも僅かな隙間からも入り込んでしまいます。

小学校のウサギ小屋に猫が入り込んで、兎をみんな食べてしまったという話もあります。
瀬戸内海には兎島(大久野島)という兎の楽園がありますが、それは天敵がいないから成り立っているだけで、イエネコを一匹入れただけで壊滅する可能性が高いでしょう。

猫が狂暴で立入禁止
なんて恐ろしい猛獣なんだ。

兎賢者が作った兎王国はぶどう畑を改造したもので、ぶどう棚を支柱に四方を強靭な網で囲って完全ガードしています。
それでも毎日ノラヌコがやってきて網を破ろうとしたり、網の周りをグルグル回って隙間を探しているのを見かけます。
いつ何時飼い兎が襲われるかわからないので、一瞬たりとも気が抜けません。

何が何でも獲物を捕らえようとする野生本能は、凄まじいものですね。
彼等も生きるのに必死なだけなので文句は言えませんが、野良猫の存在がペットを屋外で飼う大きな妨げになっているのは確かです。

餌に群がる猫

以上の話から屋内で飼う分には問題と思うかもしれませんが、ペットの飼い主が被る損失はさらに甚大です。
飼育費用に加え、世話に多大な時間を取られています。

ネコノミクスの経済効果は、飼い主や猫サービスの利用者が支払ったお金なので、猫好きは2兆円もの負担を強いられていることになります。
それを被害と思うか貢献と捉えるかは、人それぞれですけどね。

単純なコストだけでなく、夜に起こされたり、食事の邪魔をされることもあります。
猫がいなかったら、いったいどれだけの時間を仕事や家族との団欒に費やせたでしょうか?

食事を邪魔する猫
おちおち飯も食えない。
けど、可愛いから許す。

エセ賢者もネコトレーダーのFX取引によって多大な損害を被っているのですが、それを友人に話すと「猫のせいにするな!」と怒られます。
周囲にはあまり理解されませんが、自宅で仕事をしている人にとって猫による経済損失は無視できないものがあります。

FX猫
勝手に通販やトレードをするので困っています。

経済には必ず裏表があり、万人に対して良いものなどありません。
ある産業が儲かれば、必ず誰かがその費用を負担しています。
社会のために導入したものが、誰かの邪魔になることもあります。

オリンピックの経済効果やアベノミクスなど、あたかも日本中が活性化するような報道がメディアから流されていますが、表面的なメリットだけで判断しないようにしましょう。
人間も猫も、一つの側面だけで判断できるほど単純なものではないのだから。

人間も猫も大変
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-07-26 16:16 | from -

Re: タイトルなし

> 兎寄りな賢者さん、ヒアリ対策の方は大丈夫ですか? 野良猫たちは、大丈夫ですかね?

歴史上外来種による侵略は何十回と行われてきたので、それほど大きな問題にはならないと思います。
日本中の河川で繁殖したブラックバスに比べれば、ヒアリなんて可愛いもんです。

ヒアリにしてもエボラにしても、メディアが大々的に宣伝することで事態を大きくしている気がします。
一部の産業のために情報を流しているのかはわかりませんが、事件を起こすことで利益を得る人々がいるのは確かです。
完全にプラスな物事がないように、完全にマイナスな物事もないってことですね。

2017-07-26 16:49 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1225-e5d557bf