外為オンラインがマネースクエアジャパンに勝訴 iサイクル注文とトラリピの違いとは - 貴方を幸福にするFXブログ

外為オンラインがマネースクエアジャパンに勝訴 iサイクル注文とトラリピの違いとは

プーチンとモナリザは美しい
よく見ると似てる?

サイバー攻撃による顧客情報の漏洩でマネースクエアジャパンが営業を休止したことで、トラリピによく似たFX取引手法であるiサイクル注文に注目が集まっているようです。

マネースクエアHDは自社の専売特許であるトラリピを独占するためにiサイクル注文を特許侵害として訴えていましたが、先日の裁判で敗訴しました。
マネスクは控訴していますが、とりあえずiサイクル注文はトラリピではないと判断されたようです。

個人的には取引注文に関する特許など百害あって一利なしと思っているで、この判決は歓迎しています。

外為オンライン 特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ
https://www.gaitameonline.com/news.jsp#P525


トラリピとは
あらかじめ指定した価格帯において自動売買を繰り返す注文。
上下しそうなレンジに対して特定の値幅(pips)でリピートイフダン注文を並べることで、機械的に売買を繰り返す。

例)ドル円を100円で1枚買い、0.5円下がる毎に買って、0.5円上がったら売るを繰り返す

iサイクル注文とは
値動きと資産額に合わせて、相場に自動追従した注文を繰り返す注文。
想定変動幅に従ってIFDONE+OCO注文を繰り返し、利確と損切りを行う。

iサイクル注文チャート

トラリピは価格を固定しているのに対して、iサイクル注文は最初のレートに関係なく、その時点からの変動幅に従って注文を出します。
そういう意味でiサイクル注文の方が応用が利くのは確かですが、FXトレーダーであれば二つの注文は本質的に同じ理屈で利益を追求しているであるのがわかると思います。

相場にはトレンドとレンジの二種類がありますが、期間で言えば圧倒的にレンジ相場の方が長い。
レンジ相場におけるレートは小刻みに上下を繰り返すため、トラリピ注文を用いることで利益を積み上げることができます。
もちろん一方的にレートが伸びるトレンド相場ではナンピンポジションが膨らみ、一気に多額のロスカットに至るリスクもありますが、機械的に取引することによって素人でも高勝率を確保することができます。

iサイクル注文はトラリピより若干自由度が高くなっていますが、同じように一定のレンジの中に等間隔の売買注文を繰り返し出していく方法で、相場の反発を狙った逆張り買い増し戦法です。
プラザ合意以降、円高になる度にナンピンを繰り返してきたエセトレーダーとしては、先使用権を主張したくなるぐらいありふれた手法と言えます。

二つの手法が同一であるなら、なぜ裁判所は特許の侵害を認めなかったのでしょうか?
それは「特許発明が保護される範囲は、特許請求の範囲に記載された文言によって限定される」という原則があるからだと思われます。
要するに、出願時に記載した要素を全て満たしていなければ、実態がどれだけ似ていても制度上は別の物になるわけです。

具体的に言うと、iサイクル注文はトラリピの必須要素であるスタート価格・利幅が規定されていません。
想定変動幅が実質的に利幅になっているような気もしますが、文面上はイコールではないので、違うものと判断されるのでしょう。

我々投資家からすればよくわからない部分もありますが、考えるだけ無駄です。
だって、裁判官は裁判官であって、トレーダーではないのだから。

以前のスイスフランショックの裁判でも、業者の不正を裁判所に認めさせるのは非常に難航しました。
弁護士や検事、裁判官というのはそれだけで生計を立てられる立派なの仕事なので、トレードを行ったことのある方は殆どいないと考えられます。
そういった方々にトレーダーの視点を持てと言っても無理だし、本来の職務通り文面に即して淡々と判定するだけなのでしょう。

野球の金属バットで逮捕
いちいち事情を考えている暇はありません。

我々個人投資家がMT4プラットフォームで50pipsおきの指値注文を入れまくったところで、マネスクに訴えられることはありません。
しかし、トラリピやiサイクル注文に近い自動売買EAを作成して販売したのなら、特許に接触するものと見なされるリスクがあります。

FX業者の健全な開発・競争を考えると、こういった特許は好ましくないものと言えるでしょう。
裁判所には、安易な取引に対する特許を認めないようにしてほしいものですね。

ちなみにiサイクル注文の勝率は76%と言われており、自動売買故に誰でも同じ結果が出ることから、新米のFXトレーダーに人気のようです。
期待値が気になりますが、トレンドとレンジを見極めることさえできるのであれば、中途半端な裁量取引より有効なのかもしれません。

皇室用の特別車両
特別なものはいらない?

外為オンライン口座開設が一番お得なサイトは、ECナビです。
(13000円)
FX業者を利用するときは、ポイントサイトを賢く利用しましょう。

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

いよいよ今夜ビットコインですね!
中国が分離する可能性が高いそうですが
そうなったら暴落かなー?

2017-08-01 13:46 | from 応! | Edit

iサイクル面白そうですね!
意外と勝率高いし。
以前作った口座がiサイクル対応だったので今度試してみます!

2017-08-01 13:51 | from 応! | Edit

Re: タイトルなし

> いよいよ今夜ビットコインですね!
> 中国が分離する可能性が高いそうですが
> そうなったら暴落かなー?

思ったより平和的に解決しそうです。
中国が新しい仮想通貨「ビットコインキャッシュ」を作り、現在の所有者に付与するそうですが、
それで正当なビットコインが消えるわけではありません。
付与されたBCCはすぐ暴落するかもしれませんが、本来の分は問題なさそうな気がします。

2017-08-01 14:07 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> iサイクル面白そうですね!
> 意外と勝率高いし。
> 以前作った口座がiサイクル対応だったので今度試してみます!

相場は基本的にジグザグ動くものなので、トラリピにせよiサイクルにせよ勝率は自然と高くなります。
今のようなレンジ相場では全勝してもおかしくありませんが、問題はトレンドが出た時ですね。
潮目が変わった時にすぐ撤退し、安定してから入り直すのが肝です。

2017-08-01 14:10 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1227-41c2bfa3