日本人を絶滅させる最も簡単な方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

日本人を絶滅させる最も簡単な方法

出ることも入ることもできない
帰る道は既に無い。

最近飼い始めた兎をやぶ蚊から守るために12個の蚊取りんを庭に設置したところ、一月も経たずに何百というボウフラが沸きました。
この雌が全て猫や兎の血を吸いに来ていたとすると、本当に恐ろしくなります。

蚊取りんはわざと卵を生ませて内部で捕獲する装置なので、中から蚊が出て来ることは99%ありません。
上層で孵ったボウフラが下層に沈み、そこでサナギ(オニボウフラ)になります。
内部で羽化して成虫にはなれますが、外に出る方法がないためゆっくり餓死していくのみです。
(ごく稀に小さなボウフラ状態で上層に上がって羽化する個体はいるらしい)

蚊取りんに、屋外で飛んでいる虫を殺す機能はありません。
あくまで雨水で幼体を捕らえて、次代の繁殖を妨害するだけです。

蚊の寿命は、雄で2週間程度。
越冬する雌でも1年程度です。
全く子孫を残せないのであれば、2年も経たないうちに絶滅することでしょう。

おや、今回のタイトルは「日本人を絶滅させる方法」でしたが、やぶ蚊退治の話をするだけでページがなくなってしまいました。
仕方がないのでここで打ち切って、後のことは読者の想像にお任せすることにします。

御精読ありがとうございました。

キスする可愛い兎
さて、兎に餌をやらんと。




さて、ここからは蛇足。
本筋とは何の関係ないので、読み飛ばしてもらって結構です。

日本政府は社会保障という名目で国民に重税(社会保険料含む)を課し、一般国民から既得権益層への所得移転を行っています。
特に薄給な若者の負担を大きくすることで、徹底的な少子化を推し進めています。
未婚率は年々上昇し、出生率は際限なく下がり続けています。

日本人を絶滅させようと思ったら、高齢者に危害を加える必要はありません。
彼等はいずれ寿命で天に召されるのだから、老人ホームに入れて年金で厚遇してやればいいのです。

根絶やしにしなければいけないのは、1億2千万のうちのたった4千万人。
適齢期の若者と、今後成長していく子供だけです。
子供を産み育てられない環境を作りさえすれば、いずれこの国からは誰もいなくなります。

若者を轢き殺す老人

移民党・・・じゃなかった、自民党がこのような政策を取るのは、移民を入れて安い労働力を確保するためでしょう。
スポンサーを儲けさせるのは政治屋の仕事なので、彼等を責めても意味がありません。

それよりも最近顕著なのは、日本国民全体による生殖活動の妨害です。
明治維新後の日本人はいささか潔癖な民族ではありましたが、近年は少々度が過ぎている気がします。

AKBのアイドルが結婚を宣言して、ファンに叩かれるのは何故でしょうか?
芸能人が不倫して、無関係な人々に中傷されるのは何故でしょうか?
有名人だからといって、自由に恋愛するのはそんなに悪いことですかね?

恋愛が凄い

生物の目的が繁殖することであるのなら、より子孫を残せる可能性が高い相手に向かうのは当然ではないでしょうか?
不倫疑惑を受けた宮迫博之氏が「ホテルに2人で入ったけど何もない」なんて意味不明な釈明をしなくてはいけない時点で、この社会はどこかおかしいと思います。

そう書くと不潔とか不義とかあちこちから怒られるでしょうけど、元々野生動物の猫賢者に人間の道徳はわからないので許してください。

多くの人々は他人の肉体関係に怒りを覚えますが、その原因は本当に不道徳だからなのでしょうか?
ワイルドキャット賢者の獣の視点から見ると、もっと別の、根源的な理由があるように思えてなりません。

それは、動物には元々自分以外の繁殖を嫌う本能があるということ。
その情動は、山猫でも人間でもたいして変わらないのだと思います。

クリスマスにいちゃついているカップルがいたら、視界から外したくなりませんか?
近所の猫が庭で交尾をしていたら、なんとなく水でもかけて追い払ってみたくなりませんか?

全ての動物には、血縁関係にない相手の性行為を妨害する傾向があります。
自分や一族が住むテリトリーを確保する際には、他者の子孫が邪魔になるためです。

交尾
めっちゃ邪魔したい。

フェミストは道徳や女性保護を槍玉にあげて規制を進めますが、その根底には「自分の血族以外に繁栄してほしくない」という当たり前の本能が隠れているような気がします。

女性の婚姻可能年齢を引き上げようとしている人々は、本当にそれが女子のためになると思っているのでしょうか?
結婚できる年齢と幸せな結婚生活を送れるかは、全く別の問題だと思いますが。

「猫のため」と言って野良猫の去勢を進める人々は、本当に猫のためになると思ってやっているのでしょうか?
本当に猫のためを思うなら、子猫の餌場が確保できるように自然環境の保護でもした方が遥かに良いと思うのですが。

今子孫を残さないことと、将来子供が幸せに暮らせる環境を用意できないことは無関係です。
責められるべきは無計画に子供を産む親ではなく、経済的にも環境的にも育児を妨害している社会の方ではありませんか?

年金の払い損

人間が本来持っている「他人の繁殖を嫌う本能」は思った以上に強烈で、深層心理に根付いているが故に気付きにくいものです。
放っておけば不道徳の名の元にどこまでも広がって、意味不明なモザイク規制を作ったり、何の利害関係もない人々が自由恋愛を攻撃する事態に陥ります。

エセ賢者も蚊とりんでやぶ蚊の繁殖を妨害することにより、兎や猫が子供を産める環境を作りました。
命に優先順位を付けるなと聖人は言いますが、自分の子供のために何かを犠牲にするのは避けられないことです。

しかし、人間が人間の誕生を阻害して未来を閉ざすのは、やはり間違っていると思います。
既に役目を終えた先代を保護するために次代をないがしろにするのは、自分で自分の首を絞めるようなものです。

今の政策を続ければ、遅かれ早かれこの国は衰退するでしょう。
誰も殺さない(が誰も生まれない)優しい介護保険制度が、広大な空地を作るでしょう。

間違いに気付いた日本人が、絶滅を避ける道を選んでくれることを願っています。

妊婦と子供

⇒若者が1人当たり10人の老人を殺せば今日にでも高齢化問題は解決する
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

今の若者世代はかつてない程LGBTへの理解があるそうです。
どこらへんがこじれてるんですかね。

2017-08-14 19:50 | from 名無しもほどほどに

Re: No title

> 今の若者世代はかつてない程LGBTへの理解があるそうです。
> どこらへんがこじれてるんですかね。

大抵の人は関わりたくないだけだと思いますよ。
LGBTが差別を主張すれば一方的に悪者にされるので、
自分に害がないのなら放置するのが一番です。

2017-08-14 20:47 | from 幸福賢者

No title

人間は牛や豚を家畜化し、
猫や犬を愛玩動物として作り変えました。

動物愛護は「究極のエゴ」でしょうね。

2017-08-14 22:28 | from うっしー | Edit

Re: No title

> 人間は牛や豚を家畜化し、
> 猫や犬を愛玩動物として作り変えました。
>
> 動物愛護は「究極のエゴ」でしょうね。

人間が動物を愛しいと思うのは、エゴではありません。
それが貴方達の「才能」なのですよ。

かつての人間達は動物を家畜化して自らの食料や武器としましたが、
決して「愛情」なしにそれを成し遂げられたわけではありません。

愛するからこそ育成し、役立てることができる。
とりわけ子供を好むからこそ、繁殖させることができる。
その愛情こそが、人間を支配者たらしめてきました。

動物を愛することと、それを食料にすることは、決して矛盾した行為ではありません。
遥か昔から、全く同じ人物がそれを行ってきたのですから。
一見矛盾して見える感情を同時に処理できることが、貴方達人間の本当の能力なのです。

育成と食事を分けるようになってから、殆どの人間がそれを忘れてしまいましたけどね。

2017-08-14 22:39 | from 幸福賢者

賢者様、いつも楽しく記事を読ませていただいています 
 まさに搾取されている二十代の若者です 薄給の原因は、私の勉強不足、努力不足に他ならないとは思いながら、重税に耐え、子供と四年の連れ添いの妻を養っています そんな妻は潔癖で、不倫のニュースがでるたび、嫌な顔や小言でうんざりです 僕は妻と真逆で貞操観念が薄く、ネットで会った女と初対面でもすぐしたり、複数を楽しんだり、今現在も不倫相手が二人いますし、とにかく性交依存です 結婚していなければ、もっと自由が効いて、薄給の重税でもあまり気にならなかったと感じることはあります 僕の行動原理が性交だからです でも欲求に従って、結婚せず性交ばかりしていても、何にも得られなかったと考えると、とりあえず子孫は残せたからまぁいいかと考える今日この頃です 長々とすみません

2017-08-15 07:28 | from 間宮

Re: タイトルなし

> 賢者様、いつも楽しく記事を読ませていただいています 
>  まさに搾取されている二十代の若者です 薄給の原因は、私の勉強不足、努力不足に他ならないとは思いながら、重税に耐え、子供と四年の連れ添いの妻を養っています そんな妻は潔癖で、不倫のニュースがでるたび、嫌な顔や小言でうんざりです 僕は妻と真逆で貞操観念が薄く、ネットで会った女と初対面でもすぐしたり、複数を楽しんだり、今現在も不倫相手が二人いますし、とにかく性交依存です 結婚していなければ、もっと自由が効いて、薄給の重税でもあまり気にならなかったと感じることはあります 僕の行動原理が性交だからです でも欲求に従って、結婚せず性交ばかりしていても、何にも得られなかったと考えると、とりあえず子孫は残せたからまぁいいかと考える今日この頃です 長々とすみません

種をばら撒く雄と選別する雌では役割が違うので、行動原理がかみ合わないのは仕方ありません。
どこかで妥協点を見つけられたなら、それでいいと思います。

2017-08-15 10:30 | from 幸福賢者

No title

つまり、我々は蚊取りんの中で暮らしていたということですか。
気づかなかった・・・

2017-08-15 10:48 | from 名無しもほどほどに

Re: No title

> つまり、我々は蚊取りんの中で暮らしていたということですか。
> 気づかなかった・・・

いや、我々が住んでいるのは餌も交際相手も豊富な楽園ですよ。
ただ正論を振りかざしながら蚊取りんをばら撒いている為政者と、それに騙されている民衆がいるだけで。

一見綺麗で安全な場所でも、繁殖に適していないこともあります。
先進国と発展途上国の出生率の差を見ると、必ずしも恵まれた国の方が良いとは言えないのかもしれません。

2017-08-15 11:21 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1233-9a3a6121