FC2ブログ

北朝鮮との戦争を止める方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

北朝鮮との戦争を止める方法

電話するサマリーマンと猫が一致
まずは話し合おう!

北朝鮮のICBM水爆実験で、世界が揺れています。
実際には攻撃の意図はなく、核保有国であることを他国にアピールする戦略に過ぎないと思われますが、トランプ大統領の対応次第では戦争の可能性もないわけではありません。
投資家としては株価や為替が下がって押し目買いのチャンスが来るのは喜ばしいけれど、本当の戦争になるのは避けてほしい所です。

現実に北朝鮮からミサイルを向けられている我が国は、容認できないとして国家安全保障会議で協議するばかりで、具体的な働きかけは何もありません。
ミサイルを撃墜するレーザーを開発するという話もありますが、多分間に合わないでしょう。

この件に対して各国の専門家が色々な意見を出していますが、誰も正しい答えを持ち合わせていない気がします。
一体どうすれば戦争を避け、皆の安全を確保できるのでしょうか?

核兵器を廃止するよう要求すればいいのでしょうか?
国連で北朝鮮を非難すればいいのでしょうか?
経済制裁で食料の輸入を止めてやればいいのでしょうか?

答えは、全部違います。
というか、なぜこんな単純なことがわからないのかが不思議です。

戦争をしないためには、北朝鮮と不戦協定を結べばいいんですよ。
相手を滅ぼさずに戦いを止める方法は、手を結ぶことしかありません。

手をつなぐ

古来より人間はずっと戦争をしてきました。
縄文時代から近代に至るまで、人類の歴史は闘争の歴史です。
戦国時代がその際たるもので、異なる勢力が隣接していれば、決して戦いを避けることはできませんでした。

戦国大名がどうやって他国との戦を避けたかといえば、それは協定の力に他なりません。
自分の娘を相手に嫁がせて、協力関係を結ぶのが通例でした。
たとえ親の仇のように憎い相手でも、国を存続させるためには同盟を結ぶのが当たり前でした。

近世でもそれは大きく変わることなく、必要以上の争いを避けるために多数の条約が結ばれました。
日本はドイツやイタリアと三国同盟を結んで、欧米諸国と戦いました。
脅威であったソビエト連邦に対しては、不可侵条約を結びました。(後で破られましたが)

現在の日本と北朝鮮が不安定な状況にあるのなら、講和を結んで互いに納得したルールを作るしかありません。
そうしなければ、永遠に敵国のままです。

ところが、殆どの日本人はそれを理解していません。
貴方は今まで、「北朝鮮との条約締結がゴールだ」と言った政治家や知識人を見たことがありますか?
誰もが「戦争は良くない」というけれど、誰も「平和条約が必要だ」とは言わないんですよ。

戦争変態反対

経済制裁で弱体化させても、核ミサイルの脅威が消えるわけではありません。
逆に相手を怒らせて、発射ボタンを押される危険すらあります。

仮に空爆でボロボロにしたとしても、着地点を決めない限り戦争は終わりません。
どこかで落としどころ見つけなければ、原爆を落とされるまで敗戦を認めなかった大日本帝国のように、延々と犠牲者を出し続けることになるでしょう。

だいたい武力で勝ったところで、どうやって安全を証明し、国民を納得させるのでしょうか?
相手を皆殺しにして、更地になった国土を見せつけますか?

戦争に行く少年兵

戦争というのは、始めるよりも終わらせる方がずっと難しい。
相手を全滅させることができないのなら、どこかで妥協点を見つけて和平を結ぶしかありません。
もっとも、ベトナム戦争も朝鮮戦争も綺麗に終結させることのできなかったアメリカに、それができるかは怪しいところですけどね。

ちなみに日本は第二次世界大戦の後にサンフランシスコ平和条約に調印し、その後個別にインドネシア、中華民国、インドとも平和条約を結んでいます。
70年以上も平和が続いたのは憲法九条の力ではなく、それぞれの国との平和条約と日米同盟のおかげです。

日本が所有する領土も領海も領空も主権すらも、国際法における規定によって成立しています。
結局のところ国家に実体はなく、ルールが全てなんですよ。

金総書記も、トランプ大統領も、安倍首相も、皆がマスコミを通じてスピーチをするだけで、対話をしていません。
自国の強さを強調して他国を貶めれば国民からの人気は得られるかもしれませんが、国際社会からは孤立することになります。

北朝鮮総統のハーレム

事態を収束させるためには、各国が交渉のテーブルにつくことが必要です。
北朝鮮は応じないかもしれませんが、それでも交渉しなければ進展はありません。
何もせず放っておくのも一つの道ではありますが、将来の世代にツケを回すことになります。

「誰でも話せばわかる」と楽観的なことを言っているわけではありません。
簡単にミサイルを撃つヤクザ国家と仲良くできるとも思っていません。

かつての戦国武将がそうしたように、敵国だからこそ厳格な取り決めが必要なんですよ。
実際にそれが成立するかはもちろんわからないけれど、それでも平和を望むなら相手を向いて交渉するしかありません。
今の政治家にミサイルや拉致を防げる着地点を想定し、それを成立させようとしている方がいるでしょうか?

400年前に比べて人類の文明は遥かに進歩しましたが、なまじ成熟しすぎたが故に、対話する能力が衰えてしまったようにも思えます。
生まれた時からルールがあるのが当たり前になって、自分から作ろうとする人がずいぶん減ってしまいました。

暴力に訴えて言うことを聞かせるのも、上から与えられた指示にただ従うのも、極めて幼稚な行動です。
平和を実現するためには、どうしようもない相手とも粘り強く交渉して、いくつもの妥協の末に協定を積み重ねていく他ありません。

仲間達で手を伸ばす
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

日本は北とずっと粘り強く交渉してますよ、拉致問題がありますからねぇ。

それに日本がアメリカとの安保を崩すわけにいかないのは中国の拡張問題に対峙することが最も大きな理由であって、別に北との戦争に備えてのことではないでしょう。

それにこれだけインチキ憲法を保持しないといけない状態があるって時点で日本は普通の国ではありません(笑)
なんせ憲法によると軍隊を持たない、交戦権を持たない国だそうですから(笑)

しかし自衛権がどうの、集団的自衛権がどうのと、現実的に必要だと思われるものをインチキ解釈して運用し、さらに国民もインチキだと分かっていながらそこに目をつぶってる状況です(笑)

だから日本は遺憾だとか容認できないとか、それを言う事しかできないのです。首相がどうのじゃなく国民がそれを望んでいるのです(笑)

今でこそ平穏ですがもし北のミサイルが着弾し死人が出ると過剰な反応を示すかもしれませんね(笑)

日本人とは原理原則ではなく状況依存的判断しかできない故に事が起きた時に振れ幅も大きくなる、その時世論も戦争に傾くかも知れませんね、特に今はとにかく反戦平和主義の朝日・毎日あたりが一番掌返しをしそうですね(笑)

まあどんなことでも極端なのはよろしくないってことですかね(笑)

2017-09-04 18:19 | from 初心者

Re: No title

> 日本は北とずっと粘り強く交渉してますよ、拉致問題がありますからねぇ。
>
> それに日本がアメリカとの安保を崩すわけにいかないのは中国の拡張問題に対峙することが最も大きな理由であって、別に北との戦争に備えてのことではないでしょう。
>
> それにこれだけインチキ憲法を保持しないといけない状態があるって時点で日本は普通の国ではありません(笑)
> なんせ憲法によると軍隊を持たない、交戦権を持たない国だそうですから(笑)
>
> しかし自衛権がどうの、集団的自衛権がどうのと、現実的に必要だと思われるものをインチキ解釈して運用し、さらに国民もインチキだと分かっていながらそこに目をつぶってる状況です(笑)
>
> だから日本は遺憾だとか容認できないとか、それを言う事しかできないのです。首相がどうのじゃなく国民がそれを望んでいるのです(笑)
>
> 今でこそ平穏ですがもし北のミサイルが着弾し死人が出ると過剰な反応を示すかもしれませんね(笑)
>
> 日本人とは原理原則ではなく状況依存的判断しかできない故に事が起きた時に振れ幅も大きくなる、その時世論も戦争に傾くかも知れませんね、特に今はとにかく反戦平和主義の朝日・毎日あたりが一番掌返しをしそうですね(笑)
>
> まあどんなことでも極端なのはよろしくないってことですかね(笑)

拉致問題を解決しようとしたことが、かえって国交回復から遠ざかる結果になったのではないかと思います。
「拉致被害者を全員無事に返して、核は放棄して、ミサイルを撃たないと誓え」
と言ったって無理に決まっていますが、支持率のためにそれを要求し続けなければいけないのが現状です。

正義であれば、何でも通るわけではありません。
相手が納得しなければ、どんな交渉も意味がないのだから。
たとえ国民の期待を裏切っても、一番大事なことはやり遂げないといけないと思います。

2017-09-04 18:54 | from 幸福賢者

No title

>「拉致被害者を全員無事に返して」


多分これはセンチメンタルな言論から発生した話であってそんな合理性のない主張をして解決しようなんて誰も考えてないでしょうしそんな交渉をすることもないと思われます(笑)

2017-09-04 21:55 | from 初心者

Re: No title

> >「拉致被害者を全員無事に返して」
>
>
> 多分これはセンチメンタルな言論から発生した話であってそんな合理性のない主張をして解決しようなんて誰も考えてないでしょうしそんな交渉をすることもないと思われます(笑)

そんな交渉はしないけれど、世論がそれを望むのが辛いってことです。
仮に1万人を救うためであっても、10人を見捨てると言えば叩かれます。
それが解決を妨げているとしても、人間はそう簡単に割り切れるものではありません。

2017-09-04 22:02 | from 幸福賢者

No title

まず、お互いの国に正式な外交ルートを作ることが大切だと思います。それには両国に大使館を置き、きちんと交渉出来る土台を作らないとなかなか話も進まないんじゃないかなと思います。

正規のルートがないので他国頼みになり、他国は自国の利益を優先させるでしょうし、なかなかややこしい状況で話も進みません。

戦時中、日本は経済制裁を沢山受けていましたがそれでも戦争を止める事は出来ませんでした。今まで散々北朝鮮に経済制裁のカードを切ってきた日本ですが、最近は切りすぎてもう今では切るカードもない状況です。

私も不戦協定に賛成ですね。

2017-09-04 22:03 | from ころも

Re: No title

> まず、お互いの国に正式な外交ルートを作ることが大切だと思います。それには両国に大使館を置き、きちんと交渉出来る土台を作らないとなかなか話も進まないんじゃないかなと思います。
>
> 正規のルートがないので他国頼みになり、他国は自国の利益を優先させるでしょうし、なかなかややこしい状況で話も進みません。
>
> 戦時中、日本は経済制裁を沢山受けていましたがそれでも戦争を止める事は出来ませんでした。今まで散々北朝鮮に経済制裁のカードを切ってきた日本ですが、最近は切りすぎてもう今では切るカードもない状況です。
>
> 私も不戦協定に賛成ですね。

その通り。
順番が逆なんですよ。
拉致を解決してから国交を回復するのではなく、国交を回復してから拉致する方が現実的です。

人類の歴史を振り返ればわかるように、敵対する国が相手の国民を殺害したり、奴隷にしたりするのは当然のことです。
敵国のまま捕虜を返せと言ってもそれに応える可能性は低いし、敵である限りは攻撃も止まらないでしょう。
要求を通そうと思うなら、どうにかして敵対関係を解消する必要があります。
問題は韓国同様、敵意の原因が誤解と被害妄想にあることですが。

2017-09-04 22:37 | from 幸福賢者

日露不可侵条約を知らないのか

2017-09-04 23:13 | from おあんだ

ごめん。ちゃんと読んでなかった。
ごめんね。

2017-09-04 23:15 | from おあんだ

Re: タイトルなし

> ごめん。ちゃんと読んでなかった。
> ごめんね。

ロシアじゃなくてソ連ですね。

2017-09-04 23:21 | from 幸福賢者

No title

では国交を回復ってどうやってするんでしょうかねぇ。
間違いなく北は莫大な賠償金を要求するでしょうね。
そのお金は税金なわけで国民が納得できますかねぇ。
韓国に対しても日韓基本条約で相当なお金を無償有償で差し出しましたが、同じことが今の状況でできますかねぇ。
しかもアメリカとの同盟関係まで無視して、一体どれだけのベネフィットが得られるか、相手はヒキコモリ独裁政権で対話もできない相手ですね。

あるべき論や理想を言うだけなら簡単なもんですが、現実として具体的にどうするかって、それが難しいのでしょう(笑)

2017-09-05 11:24 | from 初心者

Re: No title

> では国交を回復ってどうやってするんでしょうかねぇ。
> 間違いなく北は莫大な賠償金を要求するでしょうね。
> そのお金は税金なわけで国民が納得できますかねぇ。
> 韓国に対しても日韓基本条約で相当なお金を無償有償で差し出しましたが、同じことが今の状況でできますかねぇ。
> しかもアメリカとの同盟関係まで無視して、一体どれだけのベネフィットが得られるか、相手はヒキコモリ独裁政権で対話もできない相手ですね。
>
> あるべき論や理想を言うだけなら簡単なもんですが、現実として具体的にどうするかって、それが難しいのでしょう(笑)

間違いなく過大な要求をしてくるでしょうが、そのまま答える必要はありません。
互いに脅迫と譲歩を繰り返して、落としどころを探るのが交渉というものです。

無茶苦茶な要求であれば、それを全世界に公表して客観的に判断してもらうべきでしょう。
当事者間だけで物事を解決しようとしても、慰安婦問題と同じで永遠に蒸し返されるだけです。
過去の戦争がそうであったように、第三国(特に中国と米国)の調停は必須です。

2017-09-05 11:44 | from 幸福賢者

No title

>互いに脅迫と譲歩を繰り返して、落としどころを探るのが交渉というものです。

>無茶苦茶な要求であれば、それを全世界に公表して客観的に判断してもらうべきでしょう。
>当事者間だけで物事を解決しようとしても、慰安婦問題と同じで永遠に蒸し返されるだけです。
>過去の戦争がそうであったように、第三国(特に中国と米国)の調停は必須です。

ですから現在拉致問題でその落としどころを巡って交渉している結果が、現在の結果なのです。

相手が正日時代よりも強硬な北朝鮮である以上、約束などあってないようなもの、掌返しは当たり前、条約を結んでも守らないのは当たり前、そもそも意思決定機関が何なのかさえはっきりしない、正雲は現在まで他国の要人と会うことさえしてないようですがそういう国とどうやって交渉するのかって話ですね(笑)

2017-09-05 18:14 | from 初心者

Re: No title

> ですから現在拉致問題でその落としどころを巡って交渉している結果が、現在の結果なのです。
>
> 相手が正日時代よりも強硬な北朝鮮である以上、約束などあってないようなもの、掌返しは当たり前、条約を結んでも守らないのは当たり前、そもそも意思決定機関が何なのかさえはっきりしない、正雲は現在まで他国の要人と会うことさえしてないようですがそういう国とどうやって交渉するのかって話ですね(笑)

私が伝えているのは手段ではなく、進むべきゴールです。
どうしたらそこに辿り着けるのかは、やってみないと誰にもわかりませんよ。

一番の問題は手段がないことではなく、日本国民が何を最優先にするべきかを理解していないことです。
具体的なアクションについて考えることもしますが、それは今回の主題とはかけ離れていることをご理解ください。

2017-09-05 18:35 | from 幸福賢者

No title

壺中の天たる陋屋より、高論を語る。
幸福賢者氏を見ると、私は笠原嘉氏を思い出す。
笠原氏の「退却神経症」、その見事な典型例が、ここにある。
隠者の襤褸は、至上の防具。

名著は古びない。

2017-09-05 21:46 | from 名無しもほどほどに

No title

単純に戦争を止めることは簡単です。
軍事力の差が大きいので、サクッと暗殺できます。

しかし、北が崩壊すれば南は困るし、
中国と米国は緩衝地帯を失うので嫌がってるのです。

北を崩壊させずに戦争を止めることは難しい。

2017-09-05 22:11 | from うっしー | Edit

No title

>私が伝えているのは手段ではなく、進むべきゴールです。

>一番の問題は手段がないことではなく、日本国民が何を最優先にするべきかを理解していないことです。

和平で進めて、外交で解決するっていうのは日本国民の誰もが理解してるゴールですが。(ネットの極端な話は除いて)
なぜなら日本には現実的な装備としてもメンタルとしても戦闘という選択肢はありませんから(笑)

あなたの話は観念論に留まっているようです。
それではあまり何かを言ってるようには感じませんが。

2017-09-05 23:32 | from 初心者

Re: No title

> 壺中の天たる陋屋より、高論を語る。
> 幸福賢者氏を見ると、私は笠原嘉氏を思い出す。
> 笠原氏の「退却神経症」、その見事な典型例が、ここにある。
> 隠者の襤褸は、至上の防具。
>
> 名著は古びない。

私はそんな立派な人物ではない、ただの野良猫ですよ。
人間が動物として当たり前のことを忘れてしまっているので、
時々こうやって思い出してもらっているだけです。

2017-09-05 23:53 | from 幸福賢者

Re: No title

> 単純に戦争を止めることは簡単です。
> 軍事力の差が大きいので、サクッと暗殺できます。
>
> しかし、北が崩壊すれば南は困るし、
> 中国と米国は緩衝地帯を失うので嫌がってるのです。
>
> 北を崩壊させずに戦争を止めることは難しい。

朝鮮半島を消滅させれば全て解決するようなことを言っている人がたまにいますが、
そんなに簡単な話ではないでしょう。
北朝鮮が周囲の注目を引き付けることで米中露の直接衝突が避けられているとしたら、
総統閣下こそ真の英雄だったりするのかもしれません。

2017-09-05 23:57 | from 幸福賢者

Re: No title

> あなたの話は観念論に留まっているようです。
> それではあまり何かを言ってるようには感じませんが。

それは貴方が自分に都合の良い夢ばかりを追い求めて、現実を見ようとしていないからですよ。

これまでとは全く違う独創的な方法がポンと出てくることも、最小限のコストであっさり問題が解決することも、
現実にはあり得ません。
何十という試行錯誤の上で、たまたま上手くいったのものが歴史として残ります。
やる前からたった一つの完璧な方策を要求するのは、根本的に無理な話です。

過剰な期待を他人に押し付けて落胆するのは止めなさい。
人の言葉に意味を見出せないのなら、それは他人ではなく貴方の問題です。

2017-09-06 00:12 | from 幸福賢者

No title

>過剰な期待を他人に押し付けて落胆するのは止めなさい。
人の言葉に意味を見出せないのなら、それは他人ではなく貴方の問題です。

(笑)
いや、私はあなたが「方法」があるというからそれを聞いただけであなたの意見がどうであろうとただそれがあなたの意見だってだけの話ですね。
そもそもどんな「方法」であろうとそこに落胆も無ければ、過剰な期待もありませんが。

その方法とやらを具体的に聞いていくと具体的な方法ではなく観念論に留まってますねってだけの話ですね、何を一人でエキサイトされてるのか知りませんが。

もしかして観念論だって指摘されたことに怒ってるのですか?(笑)

2017-09-06 12:46 | from 初心者

Re: No title

> いや、私はあなたが「方法」があるというからそれを聞いただけであなたの意見がどうであろうとただそれがあなたの意見だってだけの話ですね。
> そもそもどんな「方法」であろうとそこに落胆も無ければ、過剰な期待もありませんが。
>
> その方法とやらを具体的に聞いていくと具体的な方法ではなく観念論に留まってますねってだけの話ですね、何を一人でエキサイトされてるのか知りませんが。
>
> もしかして観念論だって指摘されたことに怒ってるのですか?(笑)

はて、貴方は何か怒られるようなことをしたのでしょうか?
私にはよくわかりませんが。
議論をすり替えて批判する方に忠告することはありますが、
そんな幼稚なことにいちいち怒ったりはしませんよ。

2017-09-06 13:05 | from 幸福賢者

No title

ま、何でもいいですが

>過剰な期待を他人に押し付けて落胆するのは止めなさい。
人の言葉に意味を見出せないのなら、それは他人ではなく貴方の問題です。

これは見当違いな意見であると指摘しておきましょう(笑)

2017-09-06 18:23 | from 初心者

Re: No title

> これは見当違いな意見であると指摘しておきましょう(笑)

それは失礼しました。
余計な勘違いをされないように、発言に注意した方がいいと思いますよ。
まともな人は自分の意見に(笑)なんて付けませんから。

2017-09-06 18:30 | from 幸福賢者

北朝鮮は投資家?

戦争を止める方法の話からはそれますが、
北朝鮮自身が投資家だと考えれば、株や為替の相場を思い通りに操れるわけで大儲けできるでしょうね。

巨額の資金をかけた先進国の協調介入よりも、北のミサイルや核実験の方が、安上がりで効果抜群だと思います。

相場の乱高下で大儲けした個人や機関投資家の中には、ミサイルや核実験のインサイダー情報を得ていた人々もいるかもしれませんね。

北朝鮮自身のダミー会社があってもおかしくはありませんね。。
不自然な取引を監視する国際的な機関や枠組みはないのでしょうか。

2017-09-06 20:59 | from あきら

難しい話はよく分かりませんが、「観念論」の意味をどう捉えるかにもよると思いますが。
世界はそれぞれの人たちの「観念」で出来上がっているのは事実だと思います。どの意見が正しいのかなんて私には分かりませんが、それぞれの人の想いがこの世界を体現しているのだと思いますので、意見がバラバラなのは当然ですよね?

2017-09-06 21:23 | from けら

Re: 北朝鮮は投資家?

> 戦争を止める方法の話からはそれますが、
> 北朝鮮自身が投資家だと考えれば、株や為替の相場を思い通りに操れるわけで大儲けできるでしょうね。
>
> 巨額の資金をかけた先進国の協調介入よりも、北のミサイルや核実験の方が、安上がりで効果抜群だと思います。
>
> 相場の乱高下で大儲けした個人や機関投資家の中には、ミサイルや核実験のインサイダー情報を得ていた人々もいるかもしれませんね。
>
> 北朝鮮自身のダミー会社があってもおかしくはありませんね。。
> 不自然な取引を監視する国際的な機関や枠組みはないのでしょうか。

北朝鮮自体がそうかはわかりませんが、それを利用している人はいるでしょうね。
戦争が起これば武器や物資が売れますし、株価や為替も動きます。
他国の問題を利用して、自国の不満を反らすこともできます。
直接的にせよ間接的にせよ、恩恵を受けている人は必ずいます。
それを証明することは難しいので、監視や処罰は不可能でしょう。

2017-09-06 22:41 | from 幸福賢者

Re: タイトルなし

> 難しい話はよく分かりませんが、「観念論」の意味をどう捉えるかにもよると思いますが。
> 世界はそれぞれの人たちの「観念」で出来上がっているのは事実だと思います。どの意見が正しいのかなんて私には分かりませんが、それぞれの人の想いがこの世界を体現しているのだと思いますので、意見がバラバラなのは当然ですよね?

皆の意見が同じなら、それほど気持ち悪いことはありません。
バラバラで当たり前だし、それが種の生存にも必要なことです。

ただし、国家そのものが崩壊するようなことがあれば本末転倒なので、
どうしても歩調を合わせないといけない部分も出てきます。
特にそれが顕著なのが国防ですね。
国民全体の安全を守るのが国家の第一目標であるのなら、
その他の経済政策などは些細なことかもしれません。

2017-09-06 22:47 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1241-a7728b09