落ちるナイフの掴み方 暴落相場を利益に変える方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

落ちるナイフの掴み方 暴落相場を利益に変える方法

チョコを食べる猫
猫だってバレンタインチョコがほしい! 

※猫にチョコレートは猛毒です。
どんなに美味しそうでも、食べてはいけないものがあります。


暴落している銘柄というのは、投資家にとって非常に魅力的です。
しかし、バーゲンセールだと思って買うと、買値より更に下落して、大火傷をすることが多い。

そのため、相場には「落ちてくるナイフは掴むな」という有名な格言があります。

けれど、安値で株や外貨を激安で買えるのは、数年に一度の大きなチャンスでもあります。
底を打ったのを確認してからポジションを取ることができれば、大きな利幅を取ることができるかもしれません。

そこで、どうしても落ちるナイフを掴みたくてしょうがない困った猫のために、安全なナイフの扱い方をレクチャーします。
危険だからと敬遠するのではなく、きちんと取り扱い方を覚えて、熟練の料理人になりましょう。

飼い主を刃物で刺殺する猫

<落ちるナイフを掴む際の注意点>
①あらかじめ最安値を確認しておく
②指値買いは控える
③レバレッジは抑える
④平時はポジションを持たない
⑤ショートは損切りを厳守
⑥利確は焦らず、気長に待つ
⑦緊急時に約定できる業者を使う


ナイフ

①あらかじめ最安値を確認しておく

例えば110円の米ドルが100円になったら、相当下がったように感じます。
しかし、それは全然最安値ではありません。

明治時代には1ドル=1円の頃がありました。
近年に限った話でも、2011年10月に75円台まで下落しています。

<各通貨の最安値>
米ドル:75.54円
ユーロ:88.96円
ポンド:116.81円
豪ドル:54.97円
NZドル:41.87円
カナダドル:57.76円
スイスフラン:58.75円
※業者によってレートは若干異なる


リーマン

10%も円高になればそろそろ底かと思いたくなりますが、下には下があります。
過去の金融危機の安値まで落ちるかもしれないし、場合によっては過去最安値を更新して、さらに下落する可能性もあります。

この価格は本当に手ごろか?
このレベルまで下がったら、証拠金維持率は大丈夫なのか?
どこまで下がったらロスカットするのか?

エントリーする前に、よく考えておきましょう。

②指値買いは控える

急落してV時回復するような事態を想定すると、安値でリミットを入れておきたくなりますが、それはかなり危険です。
猫賢者の経験的に、一気に落ちるなら指値を通過して下落が進み、含み損を抱える可能性が高い。
逆にゆっくり落ちるようなら、指値に届かずに反転し、買い場を逃すことが多い。

実際に2011年の東日本大震災後にはメンテガラが発生し、指値がいくつも約定してエセ賢者の口座が爆発しました。

爆破

⇒メンテガラ いつか再来する悪夢

どこまで下値が掘られるのかは、誰にも予想できません。
落ち切るのを待って、反発を確認してから、成行注文か逆指値注文でエントリーしましょう。

③レバレッジは抑える

落ちるナイフを掴むのはトレンドの逆張りであるため、運良く底値を掴まない限りは含み損を抱えることになります。
長期的にドローダウンに耐えられるように、証拠金比率を上げておきましょう。

④平時はポジションを持たない

USDやAUDを安値で欲しいと思ったら、平常時にロングしてはいけません。
下落前に買ったポジションが残したまま次のポジションを買えば、ナンピンしたことになります。
含み損を抱えた上にポジションが重くなるので、圧倒的に不利になります。

落ちるナイフを掴みたいと思うなら、普段は短期トレードかショートに励みましょう。
塩漬けポジションが多いと、せっかくのチャンスが無駄になってしまいます。

⑤ショートは損切りを厳守

下落トレンドにショートで追従し、さらに反発にロングで乗ることができれば、巨額の富を得ることができます。
しかし、暴落がどこまで続くのかは予想できないため、底値でドテンするのは難しく、下手すればショートカバーで焼き殺されることもあります。

ロンガーがショートに走ったり、ショートしている状態からすぐロングに切り替えるのはかなり難しい。
どちらかに集中するか、両方する場合でも予想が外れたらすぐに空売りを手仕舞うように心がけてください。
マイナススワップがあるため、底値ショートの塩漬けは天井ロング以上に悲惨です。

地球が抱えている問題に比べれば損失は軽微

⑥利確は焦らず、気長に待つ

逆張りにも、短期と長期があります。
短期の場合は急落時の半値戻しで、さっさと撤退しましょう。

しかし、上手く安値を取ることができたら、大きく育つまで持っておきたい。
高金利通貨を特価で仕込むことができれば、大きな値幅とスワップポイント(株なら配当)の両方が得られます。

その場合の最大の敵は、自分自身の欲です。
人は含み損には耐えられても含み益には耐えられない生き物なので、すぐに利確したい衝動に駆られるでしょう。
プロスペクト理論を乗り越え、大きな果実を得られるように頑張ってください。

⑦緊急時に約定できる業者を使う

暴落の時は、スプレッドやスリッページの拡大が発生します。
ひどい時はシステムが停止し、注文を受け付けなくなることもあります。
実際にスイスフランショックやポンドショックでは、レート配信が止まった業者も数多くあります。
(DMM FX、楽天FX、YJFXなど)

いくらBIDが下がっても、約定拒否されたら意味がありません。
SBIFXトレードなど、大事件でも約定実績のある業者を使いましょう。

パニック相場は大きなリスクも伴いますが、同時に大きく儲ける機会でもあります。
いつ何が起こってもいいように、あらかじめ証拠金余力を確保し、対応を考えておきましょう。

大暴落

⇒「FX 約定能力 約定力 約定率 スリッページ 比較 ランキング」とスイスフランショックの関係
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

現金主義の嫁をようやく口説き落としクレカの使い方と使うことは恥ではなく賢いことだと洗脳し、最近あと一歩で口座で腐ってる嫁の現金を株式投資に回してくれるかも知れない?!
という所に来ているのですが、実は私も株なんぞハピタス経由で口座作った程度の知識しかなく手始めにイオン?とか思ってる程度の所にこの記事を拝見しました。

初手イオン。どうでしょうかエセ先生。

2018-02-15 20:42 | from 名前ぐらい書いてくだ

Re: タイトルなし

> 現金主義の嫁をようやく口説き落としクレカの使い方と使うことは恥ではなく賢いことだと洗脳し、最近あと一歩で口座で腐ってる嫁の現金を株式投資に回してくれるかも知れない?!
> という所に来ているのですが、実は私も株なんぞハピタス経由で口座作った程度の知識しかなく手始めにイオン?とか思ってる程度の所にこの記事を拝見しました。
>
> 初手イオン。どうでしょうかエセ先生。

私も最初はイオンカードを作ってポイントを稼ぎました。
イオンは毎月特定の日に割引が受けられるので、非常に重宝しています。

ポイントが付く上に履歴が残るので、カードの方がお得なのは間違いありません。
しかし、うっかり使いすぎてしまったり、リボ払いに手を出すと悲惨なことになります。
嫁さんは多分そういう所に危険を感じていると思うので、旦那さんが気を使ってあげてください。

2018-02-15 20:56 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1297-f363e9a2