ゴールデンウィークとセルインメイ アノマリーは円高を引き起こすのか? - 貴方を幸福にするFXブログ

ゴールデンウィークとセルインメイ アノマリーは円高を引き起こすのか?

逃げることなど不可能な状況
絶体絶命のピンチ! (´;ω;`)

今年もゴールデンウィークが始まり、日々勤労に勤しんでいるサラリーマンの方々は久々の大型連休を満喫していると思います。
せっかくの長期休暇なので、ぜひ家族と大切な時間を過ごしてください。

ニート賢者は365日GWだけどね!

ニートってどんな仕事なんですか

一般の会社は休みでも為替相場は常に動いているため、FXトレーダーの中には取引を続けている方もいます。
閑散相場でも常に注視して、利益を上げられる場所を探している相場師には頭が上がりません。

ゴールデンウィークと言えば、「円高になる」というアノマリーが有名。
最近はそれほどでもありませんが、2008年~2012年は毎年為替相場が円高に動いていました。

GW中に為替が軟調になりやすいのは、以下のような理由が考えられます。

・海外市場が開いているのに日本市場だけ閉まっているため、相対的に円ショートが減る
・公的機関が動かないため、ファンドが仕掛けやすい
・取引が薄いため、少額でもレートが動きやすい
・3月~4月の決算で活発化してきた投資家心理が、GWの休場で冷める
・海外の現地法人は稼働しているため、稼いだ外貨が円転される
・海外旅行から帰ってきた日本人が外貨を日本円に両替する


海外旅行の支払いクレジットカード払いが増えたため、昔より影響は小さくなったと思われます。
しかし、日本特有の休暇であることは変わらないので、海外情勢の変化やはり懸念されます。
たとえ北朝鮮が態度を豹変させても、日本の役人は休日・祝日には仕事をしてくれないでしょうし。

例年の傾向からすると、GW後半にそれなりの下落が一度あるかな?
・・・とエセ賢者的には思っています。
FXレバレッジ10倍規制案の影響か中国の貿易戦争懸念かオセアニア通貨(豪ドルとNZドル)が軟調に推移しているので、その辺が特に気になりますね。

また、5月のアノマリーと言えばやはりセル・イン・メイ (5月は売れ)
5月自体が軟調になるというわけではありませんが、材料に乏しく新年や年末ほど上昇が期待できる月ではありません。
また、これから夏枯れ相場に変化する移行期間でもあります。

大きな下落トレンドが発生するとしたらGW中ではなく、6月以降の夏相場の可能性が高い。
「5月に売って10月に戻ってこい」
と言われるように、一旦含み益の利確やポジションの調整を考えるのもいいかもしれませんね。

挑むのも相場なら、休むのも相場。
投資でも旅行でも引きこもりネトゲ三昧でもいいので、この大切な時間を存分に楽しんでください。

旅行パンフレットを読む猫

⇒ゴールデンウイーク円高に対して為替介入は可能か
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

>>例年の傾向からすると、GW後半にそれなりの下落が一度あるかな?

当たりましたね。
凄いですwww

2018-05-05 01:24 | from 直樹

Re: No title

> >>例年の傾向からすると、GW後半にそれなりの下落が一度あるかな?
>
> 当たりましたね。
> 凄いですwww

過去の事例を見て起こる可能性が高いと言ってるだけだから、別に凄くはありません。
トレードなんて、検証の積み重ねでありそうなことを予想しているだけですから。

2018-05-05 09:29 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1325-086b47e1