トルコリラの暴落はセリングクライマックスか10円台への序曲か? - 貴方を幸福にするFXブログ

トルコリラの暴落はセリングクライマックスか10円台への序曲か?

FXで利益を脱税する住職
バチが当たったのか。( ノД`)

2018年5月23日、トルコリラの暴落が発生しました。

⇒エルドアン大統領「金利を下げればトルコリラは上昇する!」→んなわけない!

の記事でリラの下落を懸念していましたが、想定より早く発生しました。
TRY/JPYではたったの100pipsでも、USD/JPYに換算すれば500pips相当の大暴落です。

6分で5%ほどの急落は、東日本大震災後のメンテガラを彷彿させます。
あの時も早朝に大口の仕掛けがあり、1ドル76円台まで円高が進みました。
ヘッジファンドにはスワップ3倍デー付近で早朝の薄商いを狙ってストップ狩りをするルールでもあるんでしょうか?

⇒メンテガラ いつか再来する悪夢

トルコリラ円チャート

リラだけでなくドル円や他のクロス円も急落したのは、ミセスワタナベの損切りが原因だと思われます。
日本人ロンガーは大抵複数の外貨をストップなしでロングしているため、一度強制ロスカットに遭うと口座の買いポジが全て決済されます。
ロングの決済は売り注文になるので、ドミノ倒しのようにショートが追加され、短時間で急速にレートが落ちるわけです。

リラを触っていない人や株だけの人が損失を被ったとしたら、トルコショックのとばっちりですね。
まったく、日本人は連帯責任が好きで困る。

猫と一緒に休憩

そういえば、
⇒南アランド、トルコリラ…[高スワップ通貨]で資産倍増術
によると、「4億円脱税マダム」として知られる池辺雪子氏はこう述べていました。

「今は資源に乏しく輸入頼みのトルコですが、実は周辺に石油資源が眠っていることがわかっています。第1次世界大戦時に結んだ『ローザンヌ条約』で100年間地下資源の開発を禁じる『密約』があるとされていますが、’23年にそれが切れるのです」

採掘が始まれば原油を自給自足できる。貿易赤字が解消されて経済が上向き、リラが買われて上昇することが期待できるという。
さらにリラが近く大きく反転する兆しは、すでにチャートからも見てとれると、池辺氏は説く。

「リラは5月に入って過去最安値を更新してきたものの、これまでの急落局面のような急激な下げ方ではない、下げ止まりそうな底堅さが見られます。23円台までは下がる可能性を考えておく必要がありますが、おそらく今が絶好の買いチャンスではないでしょうか」


あのー、既に23円割ってますが。

池辺氏やエミン先生はトルコの復活を宣言していますが、本当に反転するんでしょうかね?
なんかロンガーに都合の良い言葉を言ってるような気もするので、怪しいところです。

エセ賢者は池辺雪子氏の言葉を信じませんが、チャートがセリクラの形になっているのは否定しません。
また、マネーパートナーズなどのポジション比率を見ても、今回のロスカットでロングの比率が下がっているのがわかります。
さらに言うなら、5chのトルコリラ掲示板でも「リラはまだまだ下がる」という声が多い。

相場は素人の意見とは逆に行くと考えるなら、この先いったん持ち直す可能性も考えられます。
ということで、

①セリクラで反転して一旦上昇 →60%
②エルドアン大統領のポカでさらに下落 →40%

ぐらいと予想しておきます。

エセトレーダーもお試しで短期ロングを数枚仕込んでみたい所ですが、以前宣言した20円に到達していないのでちょっと悩みます。
26円台でもセリクラっぽい値動きはあったし、ロングが一掃されたわけでもないので、断定するのは危険です。
将来デフォルトやデノミをするという噂もありますし。

セリクラを狙う時は十分な余力を持って、いざという時に逃げられるように備えておきましょう。

ターゲットを狙う猫

<トルコリラを取引できる業者>
GMOクリック証券 (オススメ!)

SBIFXトレード (オススメ!)
・外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
・トレイダーズ証券[みんなのFX]
・ヒロセ通商[LION FX]
・マネーパートナーズ[パートナーズFX]
・サクソバンク証券
・外為オンライン
・楽天証券[楽天FX]
・インヴァスト証券[トライオートFX]
・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]
・FXトレード・フィナンシャル
・IG証券
・マネックス証券[FX PLUS]
・マネースクエア[M2JFX]
・フィリップ証券[フィリップFX]
・デューカスコピー・ジャパン


口座開設はもちろん、ハピタス経由で!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トルコリラの暴落は大統領発表が原因なんですかね?
なんかこのまま暴落し続けてトルコ円がランド円並になりそうな予感がします!
こういう大相場で大儲けできる人が勝ち組になるんでしょうね。

2018-05-23 20:54 | from ミスターワタナベ

No title

週足で長い下ひげが出て、ポジション比率が30%以上改善すればセリクラ「だった」と言えそうですね。
チャートなんて単に過去の出来事の推移を表すものですから、私は長年の勘だけでここから無限ナンピンしていきます。
デフォルトだけが怖いですがそんなこと言ってたら大儲けできないですからね。

2018-05-23 22:02 | from 名無しもほどほどに

Re: タイトルなし

> トルコリラの暴落は大統領発表が原因なんですかね?
> なんかこのまま暴落し続けてトルコ円がランド円並になりそうな予感がします!
> こういう大相場で大儲けできる人が勝ち組になるんでしょうね。

仕掛けの材料としては大統領の発言や格下げなんでしょうが、
実際はミセスワタナベが大量の含み損ポジションを抱えているから狙われただけだと思います。

ランド並みの価格になる前にトルコがデフォルトして、FXも取引停止になると思います。
以前高金利通貨だったアイスランドクローナみたいになるでしょう。

2018-05-24 10:39 | from 幸福賢者

Re: No title

> 週足で長い下ひげが出て、ポジション比率が30%以上改善すればセリクラ「だった」と言えそうですね。
> チャートなんて単に過去の出来事の推移を表すものですから、私は長年の勘だけでここから無限ナンピンしていきます。
> デフォルトだけが怖いですがそんなこと言ってたら大儲けできないですからね。

損切りでポジションは改善していますが、せいぜい10%程度。
緊急利上げの上昇でもう少し改善すれば、上値も軽くなるかもしれません。
といっても、昔のようなレートに戻るとは思いませんが。

2018-05-24 10:41 | from 幸福賢者

売りが一掃?

自分でも良く使うのですが、「売りに偏るとか買いに偏る」とかってどういうことなんでしょうね?

売りと買いは同じ枚数のなのに偏り、って。。

単に情報が足りないだけにしても個人投資家も機関投資家も売っている時に一体誰が買ってるのか、いつも不思議です。教えてほしーのあきって誰でしたっけ

2018-05-25 19:10 | from Tochi

Re: 売りが一掃?

> 自分でも良く使うのですが、「売りに偏るとか買いに偏る」とかってどういうことなんでしょうね?
>
> 売りと買いは同じ枚数のなのに偏り、って。。
>
> 単に情報が足りないだけにしても個人投資家も機関投資家も売っている時に一体誰が買ってるのか、いつも不思議です。教えてほしーのあきって誰でしたっけ

ほしのあきは昔いたタレントですね。
オークションの詐欺に関わっていたため干されました。

売り買いの偏りとは、
・特定の集団の注文が偏っている
・板の買い注文・売り注文が偏っている
どちらかを指していると思われます。

前者であれば、「日本人投資家」や「短期筋」といった集団の注文がショートに偏っているということ。
銀行や海外、実需がそれを吸収する方向に動けばトータルとしてニュートラルになります。

後者は板における注文の偏りですね。
為替は株のように全体の板を見ることはできませんが、
銀行は売りと買いのどちらの注文が多く届いているのか把握することができます。

2018-05-25 19:58 | from 幸福賢者

助かりました!

わかりやすいです、ありがとうございます。

意図していたのはポジションの偏りです。よく聞くのはCMEの買い越しとか売り子し、って奴です。

誰が反対の売買をしているのかなぁー?

2018-05-25 21:59 | from Tochi

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1334-969e19f4