FC2ブログ

子供のいない男女は遺伝子を残せない負け組なのか? - 貴方を幸福にするFXブログ

子供のいない男女は遺伝子を残せない負け組なのか?

コンパの専門用語
専門用語についていけない! 。゚(゚´Д`゚)゚。

毎年ダーウィン賞の筆頭候補とされながら、なかなか受賞できずにいるエセ賢者です。
円満な家庭を築いているリア充に会う度に、「まだ結婚しないの?」とか「子供欲しくないの?」と聞かれて心が折れそうです。

結婚相談所に登録に行ったら、「猫で無職の方は受け付けておりません」と断られました。
猫なのがダメだったのか、無職なのがダメだったのか、未だにわかりません。

実際ニート賢者は低スペックで低収入なので、異性に相手にされないのは当然です。
しかし、世の中には敢えて結婚しない人や子供を作らない人も少なからずいます。

そして、そのような人は人間として欠陥がある、あるいは社会に貢献しないとして見下す人がいます。

特に恋愛脳の人は思い込みが強く、恋愛や結婚をするのが当たり前だと思っています。
異性に対するアピール力が人間の価値だと思い込んでいる人もいます。

異性にモテる人は人間としての価値が高い。
モテない人は価値が低い。


童貞バンザイ

我々非モテからすれば腹立たしい限りですが、誰しもそういう思考が少なからずあるのではないでしょうか?
特に女性は価値観が横並びになりやすいので、「高収入・高学歴・高身長」の男性はいつの時代も引っ張りだこです。
(男性は価値観のばらつきが大きいので、誰もが求める理想の女性像は存在しにくい)

なぜモテる人が優れていて、モテない人は劣っているのでしょうか?
なぜ子供を産む人が偉くて、産まない人はダメなんでしょうか?

その根拠はおそらく、ダーウィンの進化論にあるのではないかと思います。

人類の進化とロボット

キリンの首が長いのは、高い場所にある草や木の実を食べるのに適していたから。
首の短いキリンは自然淘汰され、その環境に適した個体が生き残ることで進化した。

子供を作った個体は、遺伝を伝えたから優秀。
子供を作った個体は、遺伝子を伝えていないから劣等。


科学的に正しいかどうかはともかく、それなりに説得力のある話ではあります。

ただ、この思考には相当欠陥があり、色々な要素を見落としています。
進化の仕組みについても、色々誤解があるような気がします。

まず第一に、ダーウィンの進化論は「自然選択の結果として環境に適した個体が残った」という話であって、「子供を沢山作った個体が優れている」という意味ではありません。
子供の数が優秀さの証明ならば、2億個の卵を産むマンボウは霊長類より遥かに優れた動物ということになってしまいます。
幼体が成長して成体になる数だとしても、昆虫類は全て人類を圧倒します。

また、メンデルは遺伝の優性・劣性について説きましたが、それは「形質の遺伝しやすさ」を示すものであり、ナチスドイツのように特定の種族の能力的優位性を主張しているわけではありません。

アフリカには「赤血球に異常がある代わりに特定の病気にかからない」といった民族もいます。
同じ人間であっても場所や時代、環境によって最善な性質は異なります。

各個体の遺伝子には当然差異がありますが、それはあくまで多様性を示しているに過ぎません。
自然界はあくまで「適者生存」あって、人間の考えるような優劣は存在しないのです。

美人が沢山

もう一つの間違いは、子供を作らない人も遺伝子を残す役割を果たしているということです。
こちらに対しては、多分理解している人の方が少ないんじゃないでしょうか?

自己増殖を伴わずにDNAを伝える例として、ミツバチを挙げましょう。

ご存じの通り、ミツバチは女系社会。
1匹の女王と10%の雄蜂、90%の雌蜂(働き蜂)で構成されます。

働き蜂はメスですが、子供を産むことはありません。
それをするのは、たった一匹の女王蜂だけです。

もしも「カップルを作らない・子供を産まない奴に価値はない」という人間の価値観に従うなら、9割の働き蜂は全員無価値な個体だということになります。
生物の目的が「遺伝子を残すこと」だというなら、なぜ働き蜂は女王を倒して自分が子供を産もうとしないのでしょうか?

童貞を捨てるなんてとんでもない

理由は、「自分で子供を産まなくても遺伝子を残せる」からです。
というか、遺伝的に見るとむしろ自分で産まない方が得なんです。

女王蜂が産む次代の女王は、働き蜂から見たらに当たります。
両親が同じと仮定した場合、なんと遺伝子の3/4が自身と同一になります。

ちなみに自分で子供を作った場合パートナーと折半するので、遺伝子の一致率は1/2です。
自分の子供より妹に生き残ってもらった方が、結果的に自分に近い個体が残るんですね。
「自己の遺伝子を残す」という役割が果たせるからこそ、働き蜂は交尾もせずにコミニティに尽くすのかもしれません。

交尾
猫も同じ?

人間や猫はハチよりも染色体が多いため全く同じ論理が成立するわけではありませんが、動物である以上は概ね似たようなことが起こります。
繁殖とそれ以外の雑務を役割分担するのは、何ら不思議なことではありません。

貴方の遺伝子は(突然変異でもなければ)貴方だけの独立した要素ではなく、親兄弟から親戚、果ては種族全体まで同じゲノムを持っています。
仮に家族旅行で乗っていた船が難破したとして、貴方は誰の救助を優先しますか?

①自分の兄弟
②遠い親戚の少年
③名前も知らない日本人
④観光に来た外国人
⑤動物園から脱走したチンパンジー


スマホを使う猿

特に猿が好きみたいな特殊な性癖がない限りは、だいたい上の方が優先されるでしょう。
「自分の遺伝子を残す」という種の本能が働いて、自身とDNAが近い者を助けようとするからです。

生物が遺伝子の乗り物であるのなら指示を出しているのは貴方個人のDNAではなく、血縁者や民族・種族を含めた遺伝子の総体と考えた方がいいでしょう。
貴方は遺伝子を自分だけの所有物と思っているかもしれませんが、実態は生物群が持つ共有財産です。

力を合わせて頑張る猫

「自己の複製をつくる生物の法則」に従って子孫を増やすことは否定しません。
異性に積極的にアプローチしたり、努力して恋愛市場における自分の価値を高めるのは素晴らしいことです。

しかし、それだけが生物としての価値ではないし、遺伝子を残す方法でもありません。

弟や妹、甥や姪を助けるのも、仕事を通じて同じ民族を繁栄させるのも、自身のゲノムを存続させる立派な方法の一つです。
場合によっては、個人で子供を産むより大きな効果を生むかもしれません。
だから子供のいない人ほど、近所の子供や若者達を大事にするべきなのです。

モテない猫の言い訳じみた話ではありますが、異性に相手にされないダーウィン賞まっしぐらのエセ賢者でも、世界中の恵まれない子供を助けることはできます。
生産性がないと言われるLGBTだって自身のスキルもって社会に貢献し、兄弟や親戚を通じて子孫に遺伝子を残します。

魔法使い

子供のいない安倍首相だって少子高齢化問題に取り組むのであれば、日本人という遺伝子プールを広げる役割を果たすことになるでしょう。
(増税と高齢者優遇で出生率を引き下げなければね)

たとえ結婚や出産をしなくても、貴方には次代の子供を守る理由と権利があります。
円満な家庭を築いた人々を羨む時間があるのなら、自分は遺伝子を残すために何ができるのか考えてみましょう。

母親と父親で対応が違う子供

⇒親は親ではない 子は子ではない
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

遺伝子か~。
確かに勝ち負けの問題でないし
戦後の日本の名残かもしれないな。
でも
理屈ではなく
祖先から
植え付けられている
思考を打破することは
非常にむずかしい。

2018-09-18 07:36 | from ねずみ賢者

Re: No title

> 遺伝子か~。
> 確かに勝ち負けの問題でないし
> 戦後の日本の名残かもしれないな。
> でも
> 理屈ではなく
> 祖先から
> 植え付けられている
> 思考を打破することは
> 非常にむずかしい。

選択肢は二つ。

・本能に従って努力し、旧来の価値観に応じた喜びを得る
・本能から解放され、自由と新しい価値観を得る

私はどっちだっていいと思うんですよ。
どこかで折り合いをつけて、納得のいく結果を得られるのなら。
ただ選択肢があることすら理解しないのなら自動的に争いに巻き込まれて、
世間はなんて不条理なんだと嘆くことになります。

2018-09-18 08:20 | from 幸福賢者

No title

遺伝子の命令を聞くか、ミームの命令を聞くかということですかね……。

いずれにせよ価値だのなんだの面倒な事この上ないっす。重き荷を負うて遠き道をゆくが如しっす。

2018-09-18 11:36 | from 愚者愚者

Re: No title

> 遺伝子の命令を聞くか、ミームの命令を聞くかということですかね……。
>
> いずれにせよ価値だのなんだの面倒な事この上ないっす。重き荷を負うて遠き道をゆくが如しっす。

面倒なのは遺伝子でもミームでもなく、他人との比較で成り立つ市場原理ですね。
市場を無視して自分の本能だけに従うなら、こんなに楽なことはありません。

2018-09-18 12:17 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/1375-705290d2