ハイパーインフレ ジンバブエが辿った道 - 貴方を幸福にするFXブログ

ハイパーインフレ ジンバブエが辿った道

ジンバブエドル
これはギャグではなく、本物の紙幣です。

☆ジンバブエドル
アフリカのジンバブエで流通していた、世界で最も価値の低い通貨
かつては米ドルよりも価値の高い通貨だったが、
経済政策の失敗により価値が急落した。
人類史上最大のインフレにより恐ろしい勢いで減価し、
2009年4月を以て発行無期限停止した。
現在では殆ど使われず、南アフリカランドや米ドル等が流通している。

世界一額の大きな紙幣であり、最高額は、なんと100兆ジンバブエ・ドル
「非常に大きな数字を扱うための、簡便な訓練法を国民にもたらした」
という功績で、準備銀行総裁ギデオン・ゴノ氏は、イグノーベル数学賞を受賞している。


2008年時点の為替レートは、
1米ドル=6,400,000,000,000,000,000,000,000,000,000 旧Z$
実際は、三回のデノミ(通貨の切り下げ)が行われており、
1米ドル=64京Z$ (京は兆の上の単位)
あまりにも桁が大きすぎて、正直、計算する気すら失せる。

紙幣というより、タダの紙屑なので、既に誰も使っていない。
現在は、お土産品として人気らしい。

☆ハイパーインフレーション
3年で100%以上の物価上昇が起こることを、ハイパーインフレと呼びます。
信じられないスピードで貨幣価値が暴落し、庶民の生活は完全に破壊されます。

歴史上、軽く十回以上起こっており、決して珍しいものではありません。
各国の最高インフレ率は、以下の通り

☆各国の最高インフレ率一覧
・1946年ハンガリー 13,600,000,000,000,000%
・1994年ユーゴスラビア313,000,000%
・2008年ジンバブエ 79,600,000,000%
・1944年ギリシャ 13,800%
・1923年ドイツ 29,500%
・1946年日本 300%


他にも、破綻後のアルゼンチンやブラジル等、様々な国で発生しています。

ギャグにしか思えない数字ですね。
敗戦後の日本も凄いインフレだったのですが、それすら軽く見えます。

特にハンガリーやユーゴスラビアのインフレは凄まじく、
喫茶店でお茶を飲んでいたら、代金が数倍に膨れ上がっていたらしい。

「去年100円ショップで売っていたものが、1年後には、1億円になっていた」
恐ろしい話ですが、ありえないことでもありません。

マネーサプライの増加や、作物の不作などにより、自然なインフレは
常時発生していますが、それだけでハイパーインフレは発生しません。

「なぜこんな急激なインフレが発生するのか?」
というと、全て国の政策の失敗が原因です。

通貨の信用とは、国の信用でもあります。
政府が市場の信頼を失墜させる行為を取るから、このようなインフレが
発生します。

☆インフレの原因
・敗戦による被害・賠償⇒ドイツ、日本、ハンガリー
・国家の分裂⇒ハンガイー
・外資の締め出し⇒ジンバブエ
・デフォルト⇒アルゼンチン


戦争、政情不安、金融破綻といった人的災害は、国の信用を著しく傷付けます。
信用を守るというのは、経済や国民の生活を守るということでもあるのです。

中には戦争の被害者であった国もあるでしょうが、ジンバブエ等は明らかな
人災です。

☆ジンバブエが崩壊した経緯
①白人社会から黒人至上主義社会にするため、
白人の土地や株式を譲渡する法律を作る。

②外資が全て撤退し、鎖国状態になる。

③外国から物資が入らないため、物価が上がる。

④国民の財布が尽きたので、紙幣を大量発行する。

⑤更にインフレになる。

⑥物の値段を上げてはいけない法律を作る。

⑦企業は赤字になり、次々に倒産する。

⑧ゲームオーバー

バカか、この国・・・。

冗談みたいな話ですが、政府が後先考えずに極端な政策を取ると、
実際に、こういう悲劇が生まれます。

そして、最近のこれとよく似た政策をしている国があります。
どこかわかりますか?

そう、貴方の目の前にある国ですよ。
政策は、アベノミクスとか、アホノミクスとか言われています。

自給率の低い国で、膨大な借金を抱えているにも関わらず、
紙幣を大量発行している姿は、ジンバブエとよく似ています。

流石にジンバブエほど極端な外資の締め出しはしていませんが、
他国に配慮しない強引な政策は、相当な反感を買っています。

破綻寸前の国債と、無謀な増税による経済の衰退が、
どのような結果をもたらすのか。
本当に心配ですね。

エセ賢者としては、日本の強さを信じていますし、
実際、ハイパーインフレは起きないでしょう。

しかしながら、現在の異常なマネーサプライを見ると、
年に数十%程度のインフレが起きる可能性はあり、それだけでも
国民の生活は脅かされます。

安倍総理には、
「国と通貨の信用を守る」
という政府の原点に立ち返って、堅実な国家運営に励んでもらいたいものです。

金本位制の崩れた現在、通貨というのは、信用によって成り立ちます。
ペーパーマネーの名の通り、一旦国の信用が失墜すれば、いつでも紙切れに
変わることを覚えておいてください。

ハイパーインフレが起こるのか。
それとも、軽度なインフレですむのか。
あるいはデフレに逆戻りするのか。

未来は誰にもわかりません。
しかし、そのときに備えることは、決して無駄にはならないのです。

有事の際に備え、食料や必需品を備蓄しておきましょう。
外貨や現物に分散して、資産を持つのもいいでしょう。
それはきっと、今の貴方に安心を与え、未来の貴方を助けてくれます。

そして、それ以上に、どんな逆風でも前向きに生きることに専念してください。

破綻国家の人々の多くは、財産を失いました。
けれど、それで彼等の人生が終わったわけでも、彼等が不幸になったわけでも
ありません。

本当の幸せとは、誰かに与えられるものではないからです。
状況に依存するのではなく、自分の意思で幸せになってください。

本当の幸福とはいつだって、お金では買えないものなのですから。

ジンバブエの買い物
札束を抱えて歩くその姿が、私には眩しく見える。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

こんばんは~
ジンバブエ、一時破たんしたんですもんねm(__)m

ハイパーインフレ。記事を読ませて頂いて
やはり、怖さを感じますね。
ペーパーマネーの歴史は、金に比べ浅いです。
ただの紙切れになる可能性も大いにありますね。
危機感は常に持っておかないといけないと…
改めて思います。

2013-12-18 19:17 | from 投資マニア

Re: No title

投資マニア様

最近は戦争が殆どないので、怖いのは財政破綻ですね。
米国債を買う金があるなら、国債を償還すればいいのに。

万が一に備えて、色々準備をしていきましょう。

2013-12-18 20:07 | from 幸福賢者

No title

こんな記事を書いているようでは、貴方の投資利益も知れたものですね。

まず日本とジンバブエでは前提が全然違います。
ジンバブエはムガベが実権を握った段階で、まだ
「途上国」
でした。
その段階で経済鎖国状態にしてしまったので、
諸外国、特に先進国はジンバブエに頼らない経済体制にしてしまい、
結果セルフ経済制裁状態になっていったのです。

日本の場合は「すでに世界経済の柱を支えている先進国」です。
日本経済が崩壊するようなことになれば、
まず、日本より先に日本からの借金と輸出品で国を回してる韓国と中国がジンバブエ状態になります。
そうなれば難民が大量発生しますし、
なにより核持ってる中国が崩壊とか悪夢の事態です。

それに、日本には日本でしかできない製品がいくつもあります。
これはひとつひとつの技術ではなく、製造ノウハウから品質管理技術までのパッケージがあって初めて成立するので、
おいそれと諸外国に持っていけません。
これだけ技術流出とか騒がれてるのに、
中国や韓国が日本と同じものを同じ品質で作れないのは、
見た目に華やかな技術ばかり切り取っていこうとするからです。
日本からすべてを持っていけたのは、今のところ台湾だけです。

従って日本経済が倒れれば、全世界が困ります。
特にアメリカは共倒れの危険が非常に高いです。
(ただでさえ7000億ドル程日本から借りてますし、民間も日本の技術に頼りきりです)
だから、日本の経済政策がジンバブエのようなものだと判断できるなら、
まずアメリカが強力に制止に来ます。
最悪の場合、軍事オプションもいとわないと思います。
そういう事態になってないという事は、
日本とジンバブエの経済政策を同一視することは
「アホ」
なんですよ。

2014-10-24 20:07 | from No Name | Edit

Re: No title

> こんな記事を書いているようでは、貴方の投資利益も知れたものですね。
>
> まず日本とジンバブエでは前提が全然違います。
> ジンバブエはムガベが実権を握った段階で、まだ
> 「途上国」
> でした。
> その段階で経済鎖国状態にしてしまったので、
> 諸外国、特に先進国はジンバブエに頼らない経済体制にしてしまい、
> 結果セルフ経済制裁状態になっていったのです。
>
> 日本の場合は「すでに世界経済の柱を支えている先進国」です。
> 日本経済が崩壊するようなことになれば、
> まず、日本より先に日本からの借金と輸出品で国を回してる韓国と中国がジンバブエ状態になります。
> そうなれば難民が大量発生しますし、
> なにより核持ってる中国が崩壊とか悪夢の事態です。
>
> それに、日本には日本でしかできない製品がいくつもあります。
> これはひとつひとつの技術ではなく、製造ノウハウから品質管理技術までのパッケージがあって初めて成立するので、
> おいそれと諸外国に持っていけません。
> これだけ技術流出とか騒がれてるのに、
> 中国や韓国が日本と同じものを同じ品質で作れないのは、
> 見た目に華やかな技術ばかり切り取っていこうとするからです。
> 日本からすべてを持っていけたのは、今のところ台湾だけです。
>
> 従って日本経済が倒れれば、全世界が困ります。
> 特にアメリカは共倒れの危険が非常に高いです。
> (ただでさえ7000億ドル程日本から借りてますし、民間も日本の技術に頼りきりです)
> だから、日本の経済政策がジンバブエのようなものだと判断できるなら、
> まずアメリカが強力に制止に来ます。
> 最悪の場合、軍事オプションもいとわないと思います。
> そういう事態になってないという事は、
> 日本とジンバブエの経済政策を同一視することは
> 「アホ」
> なんですよ。

長々とご高説をどうも。
記事にある通り、私も日本の強さを信じていますよ。
しかし、未来がどうなるのかは私にも貴方にもわかるまい。
20年後に平和な日本が残っているかどうか、
その眼で確かめてみればいいでしょう。

2014-10-24 20:18 | from 幸福賢者

No title

コメントを入力ください
> だから、日本の経済政策がジンバブエのようなものだと判断できるなら、
> まずアメリカが強力に制止に来ます。
> 最悪の場合、軍事オプションもいとわないと思います。
> そういう事態になってないという事は、
> 日本とジンバブエの経済政策を同一視することは
> 「アホ」
> なんですよ。
あららぁ。幸福賢者さんまたアホてーぇ~ぇ。。。えらい足元見られたものですね。。。ジンバブエは品薄国でZARとほぼ同じ不安定な国に見えますが、日本みたいに世界からリスクの高い事を求められていないので、きらくにおれる国の方が、国として長く残りやすいでしょぉ~。。。

日本とジンバブエの経済政策を同一視することは あるいみぃ+には+の良さがある-には-の良さがある。。。ただジンバブエは品薄国でZARも伸びやすい成長の期待はできるかなぁ~。。。いま買いかなぁ~。。。

2014-10-24 22:59 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> あららぁ。幸福賢者さんまたアホてーぇ~ぇ。。。えらい足元見られたものですね。。。ジンバブエは品薄国でZARとほぼ同じ不安定な国に見えますが、日本みたいに世界からリスクの高い事を求められていないので、きらくにおれる国の方が、国として長く残りやすいでしょぉ~。。。
>
> 日本とジンバブエの経済政策を同一視することは あるいみぃ+には+の良さがある-には-の良さがある。。。ただジンバブエは品薄国でZARも伸びやすい成長の期待はできるかなぁ~。。。いま買いかなぁ~。。。

井の中の蛙大海を知らず。
最近は日本を盲信する人が多くて困ります。
きっと海外に住んだこともないのでしょうね。
どこの国も崩れるときはあっという間ですよ。

2014-10-25 08:26 | from 幸福賢者

最近は日本を盲信する人が多くて困ります。

コメントを入力ください
最近は日本を盲信する人が多くて困ります。
幸福賢者さんまぁまぁまぁ~ お ち つ い てぇ~。。。

2014-10-25 22:01 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

三橋貴明には気をつけろ・・・

コメントを入力ください
政府は財政を拡大してばら撒きを続け、結局はインフレを招くとされています。

同時に、国内の通過量がどんどん増えて行くので、為替が下落します。
これも輸入価格の高騰を招き、結局はインフレを助長します。

実際にジンバブエなどはこのケースに近く、
自国通貨建ての内国債を大量に発行してそれを中央銀行がファイナンスしています。
その結果がどうなったかと言えば、ハイパーインフレが発生しています。

三橋氏は日本は供給力が有り余っているのだからインフレは発生しないと主張します。
しかし、日銀が国債を直接引き受けたと市場が判断すれば、
将来的なインフレを予測して、金融機関は手持ちの国債を手放そうと必死になります。
金利が極端に低い国債を保有し続けていては、金利上昇局面で損失が拡大するからです。

かくして、日銀が銀行などが保有する国債も市場から買い上げる事になり、
市場に一気に円があふれ帰ります。

この状況を見て国民は判断するでしょう?
私なら、預金を引き出して、現物で価値を保存しようとします。
皆が同じ行動に出ると思われるので、銀行はシャッターを開ける事が出来なくなります。
所謂、「取り付け騒ぎ」が発生し、預金封鎖が実行されるでしょう。

「日本国債が暴落したら日銀が全量買い取れば良い」などという発言は、
責任ある大人の発言とは思えません・・・。

これを口に出来るのは、「中央銀行制度はロスチャのシステムだから破壊しろ」と主張する
ちょっと頭のネジの緩んだ、私の様な陰謀論者だけです・・・。
あるいは、ロン・ポールの様な、過激なリバタリアンでしょう。
。。。三橋さんも2年後に韓国崩壊とテレビに出て物もうすぅ~
ほんまかなぁ~???中国も30年後共産党に何かあるとぉー~???幸福賢者さん的にどうなのですか???

2014-11-09 19:15 | from ばぁ~い辻~。 | Edit

Re: 三橋貴明には気をつけろ・・・

> ほんまかなぁ~???中国も30年後共産党に何かあるとぉー~???幸福賢者さん的にどうなのですか???

「国債は絶対に破綻しない」
昔の日本政府が言っていた言葉です。
結局デフォルトしましたけどね。

日本の破綻はどうやっても避けられません。
仮に消費税100%にしても財政再建できないのは、小学生でもわかる。
いつ破綻するのかわからないのが問題ですが。

30年後に中国という国があるのかは不明。
しかし、10年後はまだあるでしょう。
私達に関係するのはそれだけです。

2014-11-10 19:06 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/154-e3012a11