名目金利と実質金利 日本の金利は世界一? - 貴方を幸福にするFXブログ

名目金利と実質金利 日本の金利は世界一?

ヘルハウンド
記載されている内容が、真実とは限らない。

☆実質金利
インフレ率、デフレ率、諸経費を考慮した上で実際にかかる金利。


例えば、100万円を銀行から名目金利5%で借り、インフレ率が+4%だったとします。
1年後の返済で105万円を支払いますが、100万円の商品の価値は物価の変動に伴い、
104万円となっているため、実質的には1万円の支払いですみます。
つまり、実質金利は、5%-4%=1%となります。

このように、物価上昇率がプラスであれば、実質金利は低くなり、
逆に物価が低下すると、実質金利は高くなってしまいます。

例えば、南アフリカ共和国の政策金利は2014年現在5%で、
これはFXで取引できる通貨では、最高クラスの値です。

しかし、インフレ率は5.3%(2013年11月)なので、実質金利は、
5.0-5.3=-0.3%
となります。
数字がマイナスということは、利息よりも通貨価値の下落のほうが大きいということ。
南アフリカランドで外貨預金しても、長期的には利益を見込めないということです。

このことは、ZARだけでなく、殆どの高金利通貨にいえます。
高金利の国は、投資を呼び込みたいから金利を高くしているのではありません。
高いインフレ率を押さえ込み、通貨の下落を避ける為に、わざと高金利にしているのです。

住信SBIネット銀行をはじめ、多くの銀行では高金利の外貨預金を勧めていますが、
それに乗って預金するのは、考え直したほうがいいでしょう。
額面通りの利息を貰っても、それ以上に通貨価値が下落している可能性が高いので。

このことは、FXにおいても同様です。
通貨価値は目減りする為、長期的に外貨を買うことは、大きな損をもたらす場合が
あります。
スワップポイントで大儲けを狙っても、インフレでそれ以上の為替差損が生じる
かもしれません。

例えば、以下は各国のインフレ率です。

☆各国のインフレ率(2012年時)
・インド 11.4%
・トルコ 6.2%
・南アフリカ 5.6%
・イギリス 2.6%
・中国 2.5%
・オーストラリア 2.2%
・ドイツ 2.0%
・アメリカ 1.7%
・ニュージーランド 1.0%
・カナダ 0.9%
・日本 -0.2%
・スイス -0.4%


インド、トルコ、南アフリカはいずれも高金利で知られていますが、
全てインフレ率が政策金利を上回っています。
つまり、現地で預金すると、貨幣価値としては損になるのです。

イギリスとアメリカ、ユーロ圏も同様です。
最近はインフレが落ち着いてきていますが、殆ど金利が付きませんので、
やっぱり損だったりします。
イギリスなんか、0.5-2.6=-2.1。
イギリス人が預金より投資を好むのは、これが理由かも。

逆に実質金利が高いのは、
ニュージーランド、日本、スイス。

政策金利が高いニュージーランドはともかく、ゼロ金利で知られる日本とスイスの
実質金利が、他国に比べて高いというのは驚きです。
銀行の利息は少なくても、デフレの分だけ実質金利は高くなっているのです。

2012年まで各国の投資家がやっきになって、日本円を買っていたのも頷けます。
米国やイギリスで預金をするより、日本で預金をしたほうがお得だったからです。

しかしながら、2012年後半から状況は変わりました。
政府と日銀が、日本円の価値を必死に毀損した為、実質金利も低くなっています。
インフレターゲット2%を達成したとしたら、実質金利も-2%になるので、
イギリスや米国と変わらないことになります。
そうなると日本円で預金する意味はないので、外貨に替えたほうが賢明かもしれません。

そもそもインフレターゲットとは、国民の生活を守る為に「インフレを一定以下に抑える」
数値目標なのですが、どうしてインフレを推奨することに取り違えられているのやら。
まったく、この国の首相は何を考えているんだか。

貨幣に限らず、全ての物の価値は、常に変動し続けています。
何一つ、変わらないものなどないのです。

数字上ではお得でも、実際には損をすることもあります。
それを踏まえた上で、何にお金を使うべきか考えましょう。

貯め込むより、ずっと良い使い道があるはず。
大切なのは数字ではなく、貴方が満足することなのだから。


金運兎
どんなに時代が変わっても、変わらないものはきっとある。

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからリスクなしでFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/187-e32d9ca4