FC2ブログ

変わるのは当然のこと 止まっている物体は何一つない - 貴方を幸福にするFXブログ

変わるのは当然のこと 止まっている物体は何一つない


お茶しかない自動販売機
ラインナップを変えてくれ。

人生はチャレンジの連続と言いますが、ぶっちゃけあまりチャレンジする人はいません。
新しい事業を始めたり、頻繁に仕事場を移って熱心に活動する人なんて、ほんの一握りなのです。
大抵の人は毎日同じような仕事をしたり、テレビやネットを見たり、代わり映えのない生活を繰り返しています。

わざわざこんな辺鄙なブログを読む悪趣味な貴方はわりとマシなほうですが、それでもたいしたチャレンジャー精神は持ち合わせていないでしょう。
そんなに人生を楽しんでいるなら、こんなゴミみたいな記事を読んでいる暇なんかないはずなのだから。

心の底からニートであるエセ賢者は、毎日ダラダラとグダグダのんびり生きています。
三度の飯より寝るのが好きな自堕落ニートなので、何もせずに寝てばかりいます。
ブログとかFXとかアフィリエイトとか、めっちゃ面倒。
置物のほうがよっぽど動いているんじゃないでしょうか?
猫の置物

みんな、結構動いていないんです。
何もせずに、一箇所に止まっているだけです。

なーんてのは、嘘。

実は、止まっているものは一切ありません。
どいつもこいつも、もの凄いスピードで動いています。

どのくらいのスピードだと思いますか?
なんと、時速10万km。
1秒あたり30kmの超スピードで、全ての人類が移動しています。
オリンピックの金メダリストなんて、相手にもなりませんね。

「そんな速度で動けるわけないだろ!」
と思うかもしれませんが、科学的に立証されている事実です。
実はこれ、地球の公転速度なのです。

地球

地球の公転速度は、100,000km/h。
赤道付近の自転速度は、1,670km/h。
私達自身が動かなくても、地球そのものが恐ろしいスピードで運動しているんですね。
だから、地球上に停止しているものは一切存在しないのです。

ちなみに太陽系も銀河系内で回転を続けており、その速さは時速80万km。
さらに宇宙は凄まじい速度で膨張を続けているので、宇宙空間に存在する全物質はどれも莫大な運動量を持っていることになります。
貴方の目の前で静止しているはずの物体が、ミサイル以上のエネルギーを持っているというのだから驚きです。

もちろん、それは人間も同じです。
地球上の人々は常に高速で銀河を移動しており、次々と新天地へ移っています。
一時とて、同じ場所に留まっていることはないのですよ。

惑星の動きを抜きにしても、私達の体が動き続けていることは明らかです。
生きている限り血流は途切れることはなく、脳から発信される電気パルスが体中を巡っています。

自分では気付きませんが、存在するだけで相当な電磁波や音波を周囲に放出していたりします。
何もしていないつもりでも、耳を澄ませば心臓の鼓動が聞こえるはず。
どんなときだって、貴方は止まってなんかいないのです。

貴方の体を構成する細胞も、毎日死滅と誕生と繰り返しています。
一定の周期で細胞は入れ変わり、元の物質は何も残りません。
同じ人物でも、数年経てば言葉通り、完全な別人になっているのです。

その世に存在するもので、同じ状態を維持できるものはありません。
全ては移り変わるのが当然であり、さらなる高みを目指すのが使命なのです。

新しいことに挑戦するのは、いつだって不安なものです。
今の仕事を捨てるのも、新しい人と付き合うのも、たいへん大きな勇気が必要になります。
やらなきゃいけいないとわかっていていも、考えただけで恐ろしくなって、二の足を踏んでしまいます。

変わることを恐れていませんか?
今の安息を捨てるのを怖がっていませんか?

そんなに怯えることはありません。
だって、貴方は今も変わり続けているのですから。

既に時速10万kmで走り続けている貴方が、何を恐れているのでしょうか?
それだけのスピードで動いて平気なら、もう一歩くらい踏み出したって、たいしたことじゃない。
そうは思いませんか?

変わるのは当然のこと。
私達は1秒だって止まらず、日々進化を続けている。

さあ、顔を上げて。

今日も張り切って走りましょう!


走る
走ると決めたのなら、いつだってここが私のスタートライン。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/230-d2ee04f3