無知の知 ネクタイは何の為にある? - 貴方を幸福にするFXブログ

無知の知 ネクタイは何の為にある?

新しい方向性
なんという、オリジナリティ!

エセ賢者は、ネクタイが大嫌いです
どのくらい嫌いかというと、スーツを着たサラリーマンを見る度に殺意が沸き起こり、ネクタイを引きちぎってワカメに取り替えたいくらい嫌いです。
ネクタイなんて着用している奴は、みんな海草にまみれて会社に行けばいいのに!

そもそも、ネクタイって何の意味があるのでしょうか?
首を覆っているが、首を守る為に着用しているわけではない。
ビジネスマンは毎日着用しているが、快楽や興奮を与えてくれるわけでもない。
喧嘩になればネクタイを掴まれてボコボコにされるし、時には首を絞め殺される人だっています。

なぜ大抵のサラリーマンはクソ熱い真夏に真っ黒な服を着て、自分の首を布で縛るのでしょうか?
首なんかいつでも吊れるという意思表示でしょうか?

動きにくいスーツだって、防寒程度の機能はある。
歩きにくい革靴だって、足を保護する役割は果たしている。
なのにネクタイはただぶら下がっているだけで、何の役にも立っていません。

私達がかろうじて理解できるのは、公式の場でそれが絶対に必要であるという、不可解な事実だけ。
頭の固い老害共はネクタイを着用してないだけで善良な若者を叱責し、一部の施設では未着用者の立ち入りを制限する場合すらあります。

「なぜネクタイが必要なのか?」
と質問しても、誰も答えてはくれません。
なぜなら、誰も知らないから。

誰も理由を知らず、実際に理由などないのだが、誰もがそれを必要と言う。
実に不思議な話です。

ちなみにネクタイの由来はクラバットというスカーフで、17世紀にクロアチア兵が着用していたものです。
戦争に行く兵士が無事帰ってくるよう、家族や恋人が贈ったお守りであるとか。
それが長い時間をかけて変化し、ネクタイとなって、富国強兵を推し進める日本に伝わったのです。

元々の意味も忘れられ、何の用もなさなくなった紐を後生大事に着用し続ける日本人の生真面目さには、頭が下がります。
恋人に巻いてもらったスカーフならともかく、自腹で買ったネクタイに何のご利益があるというのか?

世の中には慣例的に行われている行事が沢山あり、殆どの人はそれに黙々と従っています。
それがなぜ生まれ、今の世でどう役立っているのか、全く考えることもなく。

・ひな祭り
・節分
・こいのぼり
・正月、初詣
・バレンタインデー、ホワイトデー
・葬式、お墓、念仏、仏名


毎年色々な行事がありますが、それが本当は何を意味するのか、正しく理解できていますか?
実際よく考えてみれば、殆どが無意味であり、やらなくても困らないことに気付きます。
さらに周囲を見渡してみれば、行事だけでなく、日常生活の全てが型に嵌められているのがわかります。

・子供は9年間義務教育を受け、3年間高校に通い、大学に進学する
・会社では毎日8時に出社し、定時に帰る、定年は60歳。
・収入を得たら、その内容に応じた税金を納める。
・20歳以上は国民年金に加入する義務があり、一定額を払い続けなくてはいけない


現代社会に生まれた私達にとって、制限されることは当たり前になっています。
あまりにも慣れきって、そのルールが何の為にあるのかさえ忘れてしまっています。

日本語には、なぜ敬語があるのでしょうか?
目上の人と友達で、なぜ言葉使いを変えなければいけないのでしょうか?
英語もドイツ語も、敬語なんかありませんよ。

女性はなぜスカートを履くのでしょうか?
男性が履いたらなぜ変態扱いされるのでしょうか?
海兵隊の人達は変態なのでしょうか?

他にも色々ありますが、このへんにしときます。
どうですか。
一つくらい答えられますか?

貴方がトリビア王でもない限り、的確な答えは出せないと思います。
けれどよく調べてみれば、そうなった理由や経緯が見つかるでしょう。
グーグル先生に頼れば一発ですね。

よくよく考えてみると、どれも不思議な話ですよね。
知らなくても問題がないといえばそれまでですが、何も知らずに従っていることは非常に怖いことではないでしょうか?

もしかしたら悪の秘密結社が皆を洗脳して、自分達の都合の良いように操作しているのかもしれません。
当たり前と思っていた習慣を変えたら、ものすごいパフォーマンスが出るかもしれません。

大事なのは、当然の事物に疑問を持って、自分の頭で考えることです。
それらがなぜあるのかをきちんと理解して、本当に正しいのかを見極めなくてはいけません。

固定概念に従っているだけなら、ロボットと同じなのです。
日々に疑問を持って、それが自分の描く理想とマッチするのかよく考えましょう。

当人達は気付かない矛盾も、異邦人から見ればはっきりとわかります。
海外の人が日本に来れば、その独特な風習や回りくどい言語表現に驚きを覚えるでしょう。

バレンタインにチョコを渡したり、ホワイトデーにクッキーをお返しする習慣に、強い違和感を感じるはずです。
だって、元々バレンタインはチョコを贈る行事ではなく、ホワイトデーに至っては日本にしか存在しないのだから。
そんな国際社会の常識すら、多くの日本人は知りません。

仕事や投資においても、それは同様です。
貴方が必死に取り組んでいる仕事は、客観的に見れば、非効率の塊かもしれません。
正しいと思っていた投資手法は、へそから茶を沸かすくらい、ナンセンスなものかもしれません。
常に何が正しいか疑問を持ち、改善することがいかに大切なのか、わかって頂けたでしょうか?

貴方の服の色は何色ですか?
その理由を考えた上で、貴方に最も相応しい色を教えてください。

貴方のお勤めの会社はどこで、何の仕事をしていますか?
学生ならば、どこの学校で何を専攻していますか?
それはなぜで、本当はどんな仕事をしたいと思いますか?

貴方は何時に起床して、何時に就寝しますか?
それにはどういった理由がありますか?
それを1時間ずらしたら、どうなるでしょうか?

身の回りの物や、日々の習慣を見渡せば、疑問は尽きないと思います。
それこそ、あたり一面疑問の山でしょう。
思いっきり考えて、悩んでください。

おそらく、そう簡単には答えは出ないでしょう。
そもそも、答えがない質問もあるでしょう。
けれど、それでいいのです。

大事なのは答えそのものではありません。
貴方が考えて、自分で選択することに意味があるのです。

歴史上の多くの天才や発明家は、固定概念を打ち破る力を持っていました。
与えられたものに満足せず、自分にとって最適な解を導き出しました。
疑問を持つ姿勢が、彼等を凡人とは違う領域に押し上げたのです。

当たり前だと思っていた、世界は不思議の塊です。
やらなくていいこと、やるべきではないことが沢山あります。
それに気付いたとき、貴方は自身の本当の可能性に気付くでしょう。

自分にとって何が大切かは、自分で決めるしかありません。
どうか日々の生活に疑問を持って、貴方だけの宝物を見つけてください。

お前を消す
無知は罪ではない。
疑問を持たないことが、ただ一つの過ちなのだ。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

幸福賢者さん、お疲れ様です。

無知の知 (例)ネクタイは何の為にある?
これ深いですね~
特に投資の世界では重要だと思います。

当たり前=常識

慣例に従うだけではこの世界生き残れません。

私もよくFXをしていると「ネクタイは何の為にある?」の様に疑問が発生します。
その時は
なぜなぜ分析
を活用します。

ネクタイは何の為?>常識だから。なぜ常識?>ドレスコードだから。なぜドレスコード?>イギリスが発祥。なぜイギリスが発祥?>Yシャツのボタンを見せるのはタブーだから。

*ネクタイは何の為?=Yシャツのボタンを隠す為!

なぜなぜ分析とは
なぜを5回繰り返して原因追求する手法です。
5回にこだわる必要はありません。納得出来る答えが出ればいいです。
やったら分かりますが、分析過程で様々な新たな疑問が出てきます。
例えば、何でイギリスの常識が世界の常識になったんだ?
って。答えはイギリスで産業革命が起こって現代社会のあらゆるスタンダードが決まったから。
では、もし日本で産業革命が起こったら着物が世界の正装になってたかも?!
って感じ。

>大事なのは答えそのものではありません。貴方が考えて、自分で選択することに意味があるのです。

何を選択するか。
選定理由に「常識だから」は、投資の世界では非常識だと思います。
自分の意思で決定して自分で行動する。
これが投資の常識だと思います。

真面目な話でゴメンなさい。







2014-03-06 12:36 | from TeamJunTradeez

Re: 幸福賢者さん、お疲れ様です。

Junキター!

なぜなぜ分析はうちの会社も進めていましたが、面倒なのであまり好きではなかったり。
私は元々人外なので、人間の常識は全て非常識に感じます。
最初から真面目な投資ブログなのだが、真面目なコメントが少ない謎。

2014-03-06 20:02 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/237-5e738d7c