リスクヘッジ 長期的に生き残る為に必要な考え方 - 貴方を幸福にするFXブログ

リスクヘッジ 長期的に生き残る為に必要な考え方

日本終了
ずいぶんあっさり終わるものだな。

リスクヘッジとは、目的の銘柄の他に、それと相反する銘柄やオプションを手がけることで、リスクの軽減を図る行為のことです。
例えば、次のような場合を考えてみましょう。

①AUD/JPYロング、NZD/JPYロング
②AUD/JPYロング、NZD/JPYショート


①は全くヘッジになっていません。
日本円を売って、オセアニア通貨を二種類買っているだけです。
リスクもリターンも、ほぼ二倍になったと思っていいでしょう。

②は一応ヘッジになります。
一方で円を売り、一方で円を買っているので、円高でも円安でも損はそれほど大きくなりません。
ただし、実際は単に円売りと円買いが相殺されているだけなので、オセアニアのクロスを買っているのと変わらなかったりします。
証拠金を考えれば、AUD/NZDを買ったほうがほうがいい。

全く同じ銘柄でヘッジし、リスクをゼロにすると、アービトラージになります。
これはこれで優れた投資法ですが、別の話になるので割愛します。

ヘッジは為替同士で行うとは限りません。
以下は多くの海外筋が行っているヘッジです。

①日本株ロング、ドル円ロング
②日本株ショート、ドル円ショート


どっちもロングかつ同じように動く為、ヘッジになっていないように見えますが、実際は見事なヘッジポジションです。
日本株は日本の資産なので、円が下落すると価値が下がります。
そのリスクを軽減する為に、株を買った分だけをドル円ショートする必要があるのです。

海外の投機筋は他国へ投資する際、まず片張りをしません。
必ず複数のポジションを組み合わせ、リスクの軽減を行います。
日本の場合は上のようなヘッジポジションが多い為、日経平均とドル円が強く連動すると言えます。

海外のファンドに限らず、プロの資産は必ず分散して運用されます。
ゴールドマンサックスも、年金機構も一定の割合を定めて、株や外貨、債権などに投資しています。
一つしか投資先のないファンドなんて、どこにもないでしょう。

大手の輸出企業・輸入企業だって、円高・円安に備えて為替ヘッジをかけています。
もっとも、それはFXではなく、一定のレートで外貨を交換するオプション取引になりますが。
投機を行わない大企業であっても、事業を多角化して、収益の安定を図りますね。

一つの分野にリソースを傾けることは簡単ですが、一度それが失敗すると、存続そのものが危うくなります。
単独の投資は、非常に危ういものなのです。

しかし、実際に日本の個人投資家を見ると、上手くヘッジが行えている人は殆どいません。
株なら株だけ、FXならFXだけを行い、銘柄のバランスも全く取れていません。
投資のバランスをポートフォリオを呼ぶのですが、自身のポートフォリオを明示できる人がどれだけいるのでしょうか?

世界一投資が下手と言われるエセ賢者なんか、実に酷いものです。
放っておくとポジションが円売りのオセアニア通貨に偏り、負けが続くとナンピンを繰り返しています。
AUD/JPYを10枚ロング、NZD/JPYを5枚ロングとか、バランスが悪いにも程があります。

有事の際を考えず、一方的なポジションを取ることは愚の極み。
リーマンショックと東日本大震災から、一体何を学んだのでしょうか?
こいつはさっさとFXを止めるべきだと、心から思います。

ダメだこいつ

そんなバカはともかく、貴方はきちんとバランスの取れた投資をしていますよね?
一つの銘柄に拘って、偏ったポジションを取っていませんよね?
このブログを読むくらい勤勉なのですから、きっと大丈夫でしょう。

おせっかいかもしれませんが、それでもなお気を付けて頂ければ幸いです。
ポジションは、それ一つだけで完結するものではありません。
既に建てた建玉に、これから建てる建玉を加えて、貴方の資産運用が形作られます。
それぞれの建玉が互いを補い合うように、上手く繋ぎ合わせていかなければならないのです。

取引をする前に考えましょう。
この建玉をヘッジするポジションは何が良いのか?

ポジションを追加する時にも、もう一回考えましょう。
今のポジションと新しいポジションは、リスクを補い合うものであるのかどうか。

世界を見渡してみれば、どの生物もバラバラであることがわかります。
性別も分かれていて、肌の色も違います。
言葉も違えば、考え方も十人十色。

人間以外はもっと極端に違っていて、全く異なる200万種が共存しています。
多様性こそがリスクを避ける最も最適な方法だと、この星が教えてくれているのです。

一つの方法に固執してはいけません。
どんなに優れた方法であっても、それはきっと、いつか破滅を招くから。

多様性はリスクを低減するとともに、新しい可能性を作り出します。
単独では難しいと思っていたことも、組み合わせることで可能になることは多い。

ぜひ視野を広げて、貴方だけの組み合わせを考えてみてください。

ナナホシテントウ
小さな虫とて、それ単体で生きているわけではない。

<合わせて読みたい記事>
⇒アービトラージとは
⇒異業者両建てスワップアービトラージ
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

投資詐欺グループ逃走中!

ベストFAM サンエース合同会社 詐欺グループ 東京都千代田区永田町2-12-8永田町SRビル2階 小杉辰男が高齢者からだまし取った大金を持ち逃げしている。関東財務局の警告を受けていることや金融庁の許可などの虚偽あり。国民生活センターおよび消費者センターにも苦情が入っている。小杉自宅東京都江東区清澄1-2-24ー705連絡つかず、本当に困っている。情報提供お願い致します。

2016-03-28 00:06 | from はまだ 

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/239-0b955b8d