FC2ブログ

フリーエネルギーは世界を救う - 貴方を幸福にするFXブログ

フリーエネルギーは世界を救う

時代の変化
時代の変化とは、残酷なものだ。(;д;)

人類の悩みの大半は、エネルギー問題に通じます。
電力自体はもちろん、環境問題や食料問題も、エネルギー問題から派生したものと言えます。
原発による放射能汚染や火力発電によるCO2排出は、エネルギーを生産する過程で生じた副産物であり、食料だって人体が摂取するエネルギーに他なりません。
エセ賢者がいつも述べているように、私達自身がエネルギーの集合体なので、エネルギーの不足に悩むのは当然のことなのです。

逆に言うと、エネルギー問題さえどうにかできれば、世の中の殆どの問題は解決します。
タダ同然で原発以上のエネルギーを供給できるのなら、汚染を広げる必要もなく、天然資源を奪い合う必要もありません。
いくらでも食料を生産できるし、海水を電気分解することで飲料水も確保できます。

十分な資源と食料が得られる技術が確立されれば、戦争や社会のいざこざもなくなるでしょう。
結局のところ、水・食料・電気が十分であるのなら、みんな安心して暮らせるのです。

それを妨げているのが、エネルギーには限りがあるという幻想です。
いわゆる石油利権とか、原発利権とかいうものです。
彼等は自己の商品価値を高める為に品薄を演出し、値段の吊り上げを度々行ってきました。

例えば、1990年頃に
「石油は後50年で枯渇する」
といって危機を煽っていましたが、あれから20年が経ってもその数字は一向に減っていません。

実際にいつかは枯渇するのでしょうが、それがいつになるかは告知せず、
「残り少ない貴重な資源である」
という認識だけを植え付けています。
そんなに残りが少ないなら、どうして中東の国々はこんなに悠々としているのでしょうか?

利権団体は、頑なに自分達の権益が脅かされるのを嫌います。
安価で大量に電力を供給できる技術があればそれを潰し、オイルマネーを守ろうとします。

世界中で毎日のように新しい発電方法が発見されていますが、その中の多くは不当な妨害を受けているとされています。
有望な研究なのに費用が出資されないとか、公的機関から圧力がかかって研究が中止されたとか、特許庁が邪魔するとか。

あくまで噂ですが、フリーエネルギーの発明者が死亡した、あるいは行方不明になったという話もよく聞きます。
真偽の程は確かではありませんが、利権の大きさを考えればやっても不思議はありませんね。
興味のある方は、テスラコイルの発電機でも調べてください。

新しい画期的な技術を開発する為には、何かしら妨害が付きまとうでしょう。
しかし、それに怯える必要はありません。
本当に価値のある技術なら、いつか必ず表に出てきますから。
あと十年もすれば、何らかのフリーエネルギーが実用化され、化石燃料や原発にとって代わっているはずです。

それが三重水素による常温核融合なのか、
ペルチェ素子の温度差発電なのか、
空間の電磁場を利用したものなのか、
正体はわかりませんが、可能性はいくらでもあります。

なにせ、この世界はエネルギーそのものであり、ありとあらゆる場所にエネルギーの密度差が存在しているんですから。
空間にコンセントを差し込んで家電を動かしたところで、今更驚いたりはしません。

余談ですが、食料によるエネルギー摂取は、意外と効率が良かったりします。
ご飯3杯で一日活動できるのですから、よくよく考えると凄い高効率。
動物が持つTCAサイクルの合理性は、ガソリンや石炭とは比べ物になりません。

そもそも火力発電は炭素化合物の酸化による反応熱の四割弱を電気エネルギーに変換し、大量のロスを伴って送電する技術なので、効率は凄く悪かったりします。
太陽光発電はソーラーパネルを作るのにエネルギーを食うわりに、発電量が小さい。
原発はエネルギーは大きいが、汚染が困る。
現行の発電方式はどれも、生物が40億年かけて築いてきた消化器官には遠く及ばないのです。

・シェールガス
・オーランチキトリウム
・メタンハイドレート

なんかも注目されていますが、多分どれも長続きしないでしょうね。
コスト観点で明らかに劣っていますから。
フリーエネルギーとは、もっと単純で、どこにでもあるものでなくてはいけません。

百年前とは比べ物にならないくらい便利になったとはいえ、人類の文明はまだ発展の途中にあります。
いずれ非効率な発電方式は廃止され、フリーエネルギーによる革命が起こるでしょう。

もしも貴方が世界に貢献したいと思うなら、フリーエネルギーの開発に携わることをお勧めします。
技術者でなくても、有望な研究を見つけたら、協力者(パトロン)になってあげてください。
そうすれば、100年後の未来において、貴方の名前は世界を救った英雄として記されているでしょう。

光
エネルギーはどこにでもある。
ただ、その使い方を知らないだけだ。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/251-be9b1b93