プラス人間とマイナス人間 受け取り方は人それぞれ - 貴方を幸福にするFXブログ

プラス人間とマイナス人間 受け取り方は人それぞれ

オメーに食わせるタンメン
あるんだ・・・。

世の中にはプラスとマイナス、二種類の人間がいます。
プラス人間は良い事が起きれば喜び、悪いことが起きれば不快になります。
マイナス人間は逆に悪いことがあると落ち着き、良いことに対しては困惑します。

マイナス人間の話を聞いて、
「そんな人いるの?」
と思った貴方は、見事なプラス人間です。
ブラウザのバックボタンを押して、光溢れる世界にお帰りください。

マイナス人間というのは要するに、
「悪い出来事に強い耐性がある人間」
のことです。
特に過酷な幼少期を過ごした人は、その傾向が強くなります。

マイナス人間にはネガティブをプラスに捉える性質があります。
普通の人が苦しむような逆境を喜び、歓迎する、恐るべき人種です。
事故や災害が起きればワクワクし、他者からの罵倒さえ快感に変えてしまいます。
バカバカ

痛みやストレスにも強く、少々の怪我や病気ではへこたれません。
自分の体を傷つけても、たいして痛みを感じません。
ムチで打たれて喜ぶ上級者もいます。
(その性癖をマゾという)

悪い環境が慢性化しているので、そのほうが落ち着きます。
人は自分に辛く当たるものだと理解しているので、批判されたってそれが当たり前だと思っているのです。

「バカ!」
「アホ!」
「クズ!」
「死ね!」
「消えろ!」
「エセ賢者!」


こんな罵詈雑言であっても、マイナス人間は涼しい顔で流します。
隣人はどうせ自分のことを良く思っていないのだから、これで当然。
むしろ正直に言ってもらえて、すがすがしいくらいです。
せいぜいご利用ください

逆に、何か良いことが起きると、強く違和感を覚えます。
いつものバッドニュースに慣れきっているので、に対してはどう対処していいのかわからないのです。
他人がその人の為を思って発言しても、それを肯定することが決してできません。

「おめでとう!」
「ありがとう!」
「すごい!」
「応援するよ!」
「大好き!」
「よくやった!」
「感謝します!」
「幸福賢者様!」


一見誰でも喜びそうな言葉に思えますが、マイナス人間には全くの逆効果になります。
プラスの言葉であればあるほど、彼等はより不愉快になるのです。

マイナス人間は、根本的に親切な発言を信じません。
耳障りの良い言葉は全て社交辞令か、自分を利用しようと企んでいるように感じます。
おべっかを使う奴は詐欺師と考え、裏表のない粗暴な人間のほうを信用します。

こういう話を聞くと、
「マイナス人間は病気だ
とか
「プラス人間になれるように努力すべきだ」
と考える人がいますが、そうではありません。

マイナス人間は過酷な環境に適合するように進化した、優れた人間です。
ただ彼等は生まれた環境に合わせて、最も生存率の高い生き方を本能的に選び取っただけなのです。
むしろプラス人間のほうが逆境に弱く、生存能力に劣る部分があるのかもしれません。

貴方が人に接するときは、相手がプラスとマイナスのどちらかであるか、考えてみるといいでしょう。
貴方が善意で「ありがとう」と伝えても、相手がマイナス人間であれば、「ざまあみろ」と言ったように聞こえるかもしれません。
貴方の親切が、全く逆の効果になる場合もあるのです。

極論だと思われるでしょうが、実際にこういうことは度々起きています。
どんなに愛情を込めて伝えたとしても、相手によっては逆効果にしかならないのです。
相手がマイナスよりの思考を持っているのなら、淡々と事実だけを述べるか、敢えて捻くれた表現をするほうが良い結果になるかもしれません。

感謝してない
正しい感謝の仕方

薄々気が付いているでしょうが、エセ賢者は他に類を見ないくらい極端な、最上級のマイナス人間です。
どこまでも自虐的で、誰の愛情も信じない犬畜生です。
「ありがとう」とか「おめでとう」とか言われると、酷く傷付きます。
可愛い女の子に罵倒されると、とても喜びます。
どうか、思いっきりなじってやってください。
(それを人はマゾと呼ぶ)

社会環境の変化のせいか、最近はますますマイナスよりの人間が増えているような気がします。
正直者が馬鹿をみる資本主義社会が、素直な思考を妨害しているのかもしれませんね。

マイナス人間の中には、わざと隣人に厳しく当たる人もいます。
人間は自分がされて嬉しいことを他人にもしようとする傾向があるので、それを相手にも適用してしまうのです。

プラス人間相手では歓迎されないのに、ついつい攻撃的な態度をとってしまうことが多々あります。
エセ賢者はいつも侮蔑と言う名の愛情表現をしているのですが、なかなか理解して頂けません。
こんなに人間を愛しているのですが、思いは伝わらないものですね。

貴方の周りにも、粗暴な振る舞いをする人はいないでしょうか?
貴方が嫌いなあの人も、実は貴方を喜ばせようとしてやっているのかもしれませんよ。

糖分摂取
マイナス人間の愛情表現

世の中というのは本当によくできているもので、多種多様な価値観を持った人がいます。
同じ扱いを受けても、喜ぶ人もいれば、怒る人もいます。
万人に通用する理念などなく、「違っている」ことだけがただ一つの真実です。

貴方がプラス人間なのか、マイナス人間なのか、はたまた全てを超越した虚数人間なのか、エセ賢者にはわかりません。
応援したほうがいいのか、貶したほうがいいのか、それもわかりません。

だから、貴方の思うままに感じてください。
喜びたいものを喜んで、怒りたいものに怒ってください。
それが貴方の人生なのだから。

この世界にある全ては、貴方に対する贈り物。
限りない声援と罵倒を糧にして、力強く生きていってください。

ツンデレなでなで
プラスでもマイナスでも、嬉しいことはやっぱりある。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ニャンコ先生ヘ

大爆笑ww

最高の切れ味ですw

2014-04-03 20:10 | from ITATI

Re: ニャンコ先生ヘ

ITATI様

凄い真面目な話をしているのですが、なぜみんな笑うのでしょうか?
真剣に記事を書いていたはずが、いつの間にかツンデレ画像満載になっている謎。

2014-04-03 21:40 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 12:34 | from -

Re: この前、、、給料少し安かったので、、、

辻様

私は低血圧ですね。
という以前に、脈がない・・・。

それが誰のせいであれ、苦しむのは自分のしかいない。
そして、助けることができるのも自分だけ。
人を責めるよりも、被害者でいることを辞めるべきなのです。

2014-04-04 16:41 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 17:25 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 19:26 | from -

Re: 幸福賢者さん

辻様

多くの人は気付いていませんが、実際のところ自分に報いてあげられるのは、
自分だけなのです。
自身が納得できるような仕事をして、思いっきり褒めてあげてください。
体を構成する十兆の細胞=仲間に感謝してください。
誰も認めてくれないなら、貴方が認めればいいのです。

2014-04-04 20:07 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 20:45 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 20:54 | from -

Re: 幸福賢者さぁーん

辻様

貴方が働いて周りの皆が幸せになるのなら、実に結構なことではありませんか。
それとも、貴方は同僚に苦しんで欲しいのですか?
私に聞かなくても、貴方は答えを知っていると思いますね。

オージーは以前より状況が良くなったので、ホールドも悪くないかと。

2014-04-04 21:41 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 22:07 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 22:12 | from -

Re: 貴方は同僚に苦しんで欲しいのですか?

辻様

なまくら病の給料泥棒だとして、それがどうかしましたか?
彼が肥えようと、貧しかろうと、貴方には関係ありません。
貴方は自分の為に働けばいいだけです。
よしんば他人がそれを邪魔するとしても、その程度の相手なら貴方の敵ではないでしょう。

2014-04-04 22:22 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 22:27 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 22:35 | from -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 22:46 | from -

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/268-5f427580