合成通貨 ストレート通貨とクロス通貨 - 貴方を幸福にするFXブログ

合成通貨 ストレート通貨とクロス通貨

大相撲
相撲とは、なんと激しいスポーツなのか。

FXの通貨ペアには、ストレート通貨とクロス通貨があります。

☆ストレート通貨
・ドル/円
・ユーロ/ドル
・豪ドル/ドル
・ポンド/ドル

☆クロス通貨
・ユーロ円
・豪ドル/円
・ポンド/円
・豪ドル/NZドル

現在の為替市場では、米ドルが基軸通貨である為、米ドルが交換相手となる通貨ペアをストレート通貨、あるいはドルストレートと呼んでいます。
要するにUSDを含んでいる通貨ペアは、全てストレート通貨です。

一方、米ドルを交換相手としない通貨ペアはクロス通貨、または合成通貨と呼ばれます。
更にクロス通貨の中で円を含むものを「クロス円」と言います。

近年の為替取引の8割はドルストレートの取引であり、それ以外の取引は微々たるものです。
ミセスワタナベの多くはクロス円を取引しますが、実需の世界ではそんな取引は殆ど行われていません。
実際に米ドル以外の通貨に両替する際には、米ドルを円で購入し、米ドルでその通貨を購入する事になります。

EUR/JPYはまだしも、ZAR/JPYやTRY/JPYなんて実際に取引されるわけがありません。
ドル円以外のクロス円を取引している方は、それが仮想的な取引だということを覚えておきましょう。

合成通貨の名前の通り、クロス通貨の為替レートはストレート同士の合成で算出されます。
・USD/JPY=100
・AUD/USD=0.9
だとすると、
AUD/JPY=0.9×100=90
となります。

オーストラリアと日本の需給関係によって豪ドルが90円になったのではなく、米国とオーストラリア、米国と日本の関係によって豪ドル円のレートが決まっているのです。

この方法によって、世界中の全ての通貨の為替レートが決定しています。
全く付き合いのない国同士でも、アメリカを仲立ちとすることで、為替レートが設定されるのです。

クロス通貨は二つの取引を同時に行う為、ストレートに比べてスプレッドが高くなります。
特にマイナー通貨同士では流動性が低く、高い手数料を支払うことになります。
しかし、クロス円だけは例外で、日本国内に限りドルスト以上の低スプレッドで提供されています。
FX業者のスプレッド競争の結果ですが、国際的に見ると明らかにおかしい。
マイナー同士のペアのより、クロス円を二つ足したほうがスプレッドが低くなることさえあります。

一般的に、ストレート通貨よりもクロス通貨の方が値動きは大きいと言われています。
クロス円は二種類のレートの掛け算になるので、変動要因が多い分だけ値動きが荒くなるのです。
例えば、ユーロ円はユロドル・ドル円の合成通貨なので、どちらが変動してもレートが動き、相乗効果によってよりボラリティが大きくなることがあります。

また、ストレート通貨の方がクロス通貨よりもテクニカル分析に従いやすいと言われています。
ストレートのほうが変動要因が少ない分、素直な動きをするのかもしれません。

ストレートは対米ドルなので通貨の数だけしかありませんが、クロス通貨はあらゆる通貨の掛け算なので、無数にあります。
例えば、EUR、JPY、AUD、GBP、NZDのドルストは5種類。
それに対し、クロスは5×4÷2=10種類もあります。
通貨ペア数の多い業者は、取り扱っているクロスが多い場合が殆どです。

☆知らず知らずにクロスを取引している?
FXトレーダーの中には、本人も自覚しない内にマイナーなクロス通貨を手がけている人がいます。
ドルストやクロス円だけを取引しているつもりなのに、いつの間にかマイナー通貨同士のポジションを構築してしまっているのです。

「間違えて変な通貨ペアを選択してしまった」
のではありません。
そんなミスを頻発するのは、頭に薩摩味噌が詰まっているエセ賢者くらいなものです。

例えば、豪ドル円をロングしているとします。
豪ドルだけ買っていたのではリスクオフ時に大火傷をするので、ヘッジポジションとしてNZドル円を売りました。

AUD/JPYロング+NZD/JPYショート⇒AUD/NZDロング

見事な合成通貨の完成です。
実際は枚数がかみ合わないので、完全な合成にはなりませんが。
ヘッジをかけて安全な取引をしているつもりで、マイナーな通貨ペアを取引していたのです。

わざわざ二種類のポジションを作るなら、初めからマイナーペアを使ったほうがいい。
証拠金が半分で済み、スプレッドやスワップの差額も小さくて済みますから。

一方、使っている業者にない通貨ペアであれば、自分で合成するのも手です。
ランド円とトルコ円を組み合わせれば、擬似的にZAR/TRYだって取引できますね。
証拠金が倍かかりますが。

ちなみにこのAUD/NZDを取引していたエセ賢者は、最近のAUD暴落・NZD暴騰で大きな損害を受けました。
一見性質が似ていて安全そうな通貨ペアも、蓋を開ければ全く別の通貨であることを思い知らされます。
完全に両建でもしない限り、為替変動を無視することはできないのです。

現在の為替相場は米ドルを中心に回っており、クロス通貨のレートはドルストから導出された計算結果に過ぎません。
自分の損益が何の力関係によって決まるものなのか、よく考えてみましょう。

マッチョ猫
単体では貧弱な生物も、掛け合わせれは最強になる?

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからリスクなしでFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-04 20:28 | from -

No title

コメントを入力ください>実際に米ドル以外の通貨に両替する際には、米ドルを円で購入し、米ドルでその通貨を購入する事になります。、、、最近私もクロスなんですがどの通貨買おうかなやんでますぅ。。。>AUD/JPYロング+NZD/JPYショート⇒AUD/NZDロング
見事な合成通貨の完成です。
実際は枚数がかみ合わないので、完全な合成にはなりませんが。
ヘッジをかけて安全な取引をしているつもりで、マイナーな通貨ペアを取引していたのです。

わざわざ二種類のポジションを作るなら、初めからマイナーペアを使ったほうがいい。
証拠金が半分で済み、スプレッドやスワップの差額も小さくて済みますから、、、私もAUD/CHFなんですが、うぅ~んバカなので伺います。
USD/JPY=100
・AUD/USD=0.9
だとすると、
AUD/JPY=0.9×100=90
となります。。。ではAUD/CHFの計算はどのようにすればよいですか。おしえてください。

2014-06-08 22:37 | from | Edit

No title

コメントを入力ください幸福賢者さんUSD/AUDのヘッジの理由とクロスAUDでのぶなんなヘッジ方法が有れば提案教えてください宜しくお願いします。

2014-06-08 22:47 | from | Edit

No title

コメントを入力ください私もオージドル好きなのでオージドルばかりいてます。。。、、、あわてていないのですがそろそろUSD/JPY入れてのヘッジできそうなのないかなぁ~悩。。。

2014-06-08 22:59 | from | Edit

Re: No title

> 証拠金が半分で済み、スプレッドやスワップの差額も小さくて済みますから、、、私もAUD/CHFなんですが、うぅ~んバカなので伺います。
> USD/JPY=100
> ・AUD/USD=0.9
> だとすると、
> AUD/JPY=0.9×100=90
> となります。。。ではAUD/CHFの計算はどのようにすればよいですか。おしえてください。

AUD/USDとUSD/CHFから計算すればいいだけです。
ヘッジは難しい。
今の豪ドルは独自の要因で動いているので、
連動しそうな銘柄が見当たりません。
資金管理をしっかりすればそれで良いかと。

2014-06-08 23:13 | from 幸福賢者

No title

コメントを入力ください有難うございます。>ヘッジは難しい。
今の豪ドルは独自の要因で動いているので、
連動しそうな銘柄が見当たりません。
資金管理をしっかりすればそれで良いかと。
資金管理をしっかりしていますが、、、うぅ~-ん悩みますねぇ。。。EUR/AUD.AUD/CHFがぶなんでしょおぉか???

2014-06-09 00:09 | from | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/269-84d7267a