通貨の寿命 どんな物も永遠ではない - 貴方を幸福にするFXブログ

通貨の寿命 どんな物も永遠ではない

埋めてない
静かに眠らせてやれよ・・・。

FXでは当たり前のように通貨の取引を行います。
他の多くの信用取引と違い、取引期限がない為、いつまでもポジションを持っていられるように錯覚します。
しかしながら、永遠に存在するものはなく、どんな通貨もいつかはなくなるということを忘れてはいけません。

2013年には、くりっく365にて中国元、韓国ウォン、インドルピーの取引が休止になりました。
ルピーのポジションを取っていたエセ賢者も、強制決済に追いやられました。
通貨自体が残っていても、取引量が少なければ取引中止となる場合があります。

近年は通貨の統合が盛んに行われており、一部の国の通貨が廃止され、共通通貨に置き換わることもあります。
特にユーロの導入は積極的に行われており、イギリスのポンドやウクライナのフリブナもユーロに取って代わられる日か来るのかもしれません。

☆ユーロ導入に伴い廃止された通貨
ベルギー・フラン
キプロス・ポンド
ドイツ・マルク
エストニア・クローン
フィンランド・マルッカ
フランス・フラン
ギリシャ・ドラクマ
アイルランド・ポンド
イタリア・リラ
ラトビア・ラッツ
ルクセンブルク・フラン
マルタ・リラ
オランダ・ギルダー
オーストリア・シリング
ポルトガル・エスクード
スロベニア・トラール
スロバキア・コルナ
スペイン・ペセタ

ジンバブエのように、経済的な理由で自国通貨が廃止される場合もあります。
ジンバブエドルは既に流通が停止され、米ドルや円などを法定通貨として定めています。

アイスランドクローナのように、急激な下落で取引停止になった例もあります。
マイナー通貨を扱う際は、そういったリスクがあることも覚えておいてください。

☆絶滅危惧通貨

・ジンバブエドル
かつては世界一額面の大きい通貨として有名だったが、現在はただのお土産品。

・デンマーク クローネ
・リトアニア リタス
・ブルガリア レフ
・クロアチア クーナ
・ポーランド ズウォティ
・ルーマニア レウ
・スウェーデン クローナ
・チェコ コルナ
・ハンガリー フォリント
・イギリス ポンド

いずれもユーロ統合の可能性が高い。
ポンドだけは意地でも残されそうな気がしないでもない。

・ガバス
雑誌『週刊ファミ通』内の読者投稿コーナーで使われていた通貨。
これを貯めてファミ通編集部に送ると、実際にゲームハードなどの景品と引き換えることができた。

・ゴールド
『ドラゴンクエスト』シリーズの世界で使われている通貨。
モンスターを倒したり、アイテムを売ったりすると手に入る。

・ギル
『ファイナルファンタジー』シリーズの世界で使われている通貨。
ドラクエと大体同じ。

・ゼニー
『ラグナロクオンライン』、『ファミコンジャンプ』、『ドラゴンボール』、『ロックマンDASH』、『ロックマンエグゼ』、『ブレスオブファイア』、『モンスターハンター』など、様々な世界で使われている通貨。
実は大阪の準公用通貨でもある。

・ペリカ
地下の強制労働場で使われている通貨。
価値は円の1/10。

ペリカ

最近では、基軸通貨である米ドルを廃止しようとする動きさえあります。
価値の下落が続くドルを捨て、新しい通貨に切り替えようとする州もあるとか。
新たな通貨アメロが導入される日も、遠くないのかもしれませんね。

このように世界中には様々な通貨があり、生まれては消えています。
通貨にも、銘柄にも、寿命があるのです。
和銅開通の時代から取引を続けてきたエセ賢者はともかく、年若いFXトレーダーはそのことを忘れがちです。

永遠に残そうと思ったスワップポジションも、いつか決済しなくてはならなくなる時が来ます。
必勝と思っていた銘柄も、いつか変わってしまう時が来ます。
それを無常と嘆くのではなく、チャンスと捉えて、新しいことにチャレンジしましょう。

この世に永遠不変のものはありません。
どんなものも、始まりがあれば終わりがあり、また始まります。
いつまでも今のままであろうとするのではなく、終わりが来ることを理解しておきましょう。
全ては、新たなスタートの為に。

未来がわからなくたって、大丈夫。
変化を利益を変えるのが、トレーダーなんですから。

般若心境の意味
時代が変わっても、言葉が変わっても、変わらないものはある。

<合わせて読みたい記事>
⇒元手ゼロからリスクなしでFXを始める方法
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/279-ecbb8aa8