各国の債務残高 中国はデフォルト寸前? - 貴方を幸福にするFXブログ

各国の債務残高 中国はデフォルト寸前?

笹
パンダも飛び出す緊急事態とは!?

近年あちらこちらで債務危機が叫ばれています。
現在の資本主義社会は政府が大量の借金をこさえて経済を回すシステムになっている為、どこの国も債務を増やし続けています。

・日本は1000兆円超の国債で沈む
・米国は債務上限を守れずにデフォルトする
・中国はバブルが弾け、ハードランディングする
・韓国は再びIMFの管理される
・ギリシャや南欧諸国の債務危機は続いている
・ウクライナは分割によって破綻する

といった色々な国々の問題が毎日のように取り上げられています。
この世界に健全な国はないのでしょうか?

特に最近目に付くのは、中国(と韓国)の記事。
投機に使われていた銅価格の急落とか、企業の倒産が報告されています。

中国の崩落をビジネスチャンスと捉えている投機家もいます。
韓国は破綻寸前で、日本に泣きついてくるという話もあります。
実際はどうなのでしょうか?

確認の為、各国がどのくらいの債務を抱えているのか見てみましょう。

☆2013年の政府総債務残高(対GDP比)


順位 国 債務残高
1位   日本 243.22
2位   ギリシャ 173.81
3位   レバノン 139.68
4位   ジャマイカ 138.91
5位   イタリア 132.53
6位   ポルトガル 128.84
7位   エリトリア 126
8位   アイルランド 122.82
9位   グレナダ 115.05
10位   キプロス 112.01
11位   ブータン 110.66
12位   セントクリストファー・ネーヴィス 104.87
13位   アメリカ 104.52
14位   シンガポール 103.76
15位   ベルギー 99.75
16位   カーボヴェルデ 95
17位   スペイン 93.91
18位   フランス 93.88
19位   アンティグア・バーブーダ 92.24
20位   バルバドス 92.02
21位   スーダン 90.94
22位   アイスランド 90.2
23位   イギリス 90.1
24位   エジプト 89.18
25位   カナダ 89.12
26位   ヨルダン 87.75
27位   モーリタニア 87.72
28位   サントメ・プリンシペ 85.25
29位   ガンビア 82.09
30位   モルディブ 80.74
31位   セントルシア 79.81
32位   ハンガリー 79.23
33位   ドイツ 78.06
34位   セントビンセント・グレナディーン 76.42
35位   ベリーズ 75.53
36位   ドミニカ国 74.96
37位   オランダ 74.91
38位   オーストリア 74.19
39位   スロベニア 73.02
40位   マルタ 71.72
41位   アルバニア 70.5
42位   マラウイ 68.87
43位   イスラエル 66.73
44位   インド 66.72
45位   ブラジル 66.34
46位   セルビア 65.75
47位   ガイアナ 63.89
48位   パキスタン 63.09
49位   セーシェル 62.04
50位   ラオス 62.03
51位   モロッコ 61.91
52位   ギニアビサウ 60.97
53位   ガーナ 60.11
54位   クロアチア 59.78
55位   ウルグアイ 59.44
56位   マレーシア 58.15
57位   ポーランド 57.48
58位   フィンランド 57.04
59位   モンテネグロ 56.84
60位   バハマ 56.31
61位   マーシャル 55
62位   ベトナム 54.98
63位   エルサルバドル 54.89
64位   スロバキア 54.87
65位   ジンバブエ 54.72
66位   モーリシャス 53.85
67位   フィジー 52.88
68位   中央アフリカ 50.77
69位   ケニア 50.45
70位   イエメン 49.95
71位   ベネズエラ 49.76
72位   スイス 49.43
73位   チェコ 47.94
74位   キルギス 47.73
75位   アルゼンチン 46.91
76位   メキシコ 46.48
77位   セネガル 45.9
78位   タイ 45.27
79位   南アフリカ 45.23
80位   デンマーク 45.17
81位   チュニジア 44.38
82位   バーレーン 43.87
83位   モザンビーク 43.28
84位   トーゴ 43.26
85位   コートジボワール 43.19
86位   ボスニア・ヘルツェゴビナ 42.75
87位   ミャンマー 42.66
88位   ニカラグア 42.37
89位   アルメニア 41.9
90位   スウェーデン 41.4
91位   パナマ 41.28
92位   ウクライナ 41.03
93位   タンザニア 41.01
94位   台湾 40.98
95位   ホンジュラス 40.18
96位   バングラデシュ 39.74
97位   レソト 39.56
98位   リトアニア 39.31
99位   ルーマニア 39.25
100位   フィリピン 38.27
101位   ギニア 37.85
102位   コスタリカ 37
103位   ベラルーシ 36.71
104位   韓国 36.67
105位   ニュージーランド 35.92
106位   トルコ 35.85
107位   マケドニア 35.76
108位   ザンビア 35.11
109位   ジブチ 34.81
110位   カタール 34.25
111位   ウガンダ 33.92
112位   香港 33.84
113位   ニジェール 33.79
114位   ドミニカ共和国 33.76
115位   ブルキナファソ 33.3
116位   ボリビア 33.1
117位   シエラレオネ 32.63
118位   パプアニューギニア 32.56
119位   ラトビア 32.06
120位   コロンビア 31.8
121位   グルジア 31.79
122位   ブルンジ 31.73
123位   マリ 31.51
124位   イラク 31.34
125位   ネパール 31.04
126位   コンゴ共和国 30.82
127位   トリニダード・トバゴ 30.62
128位   チャド 30.17
129位   ベナン 29.84
130位   ノルウェー 29.52
131位   ルワンダ 29.42
132位   タジキスタン 29.2
133位   スリナム 29.19
134位   オーストラリア 28.79
135位   リベリア 28.22
136位   カンボジア 28.12
137位   ツバル 27.34
138位   アンゴラ 26.64
139位   ナミビア 26.56
140位   ミクロネシア 26.28
141位   インドネシア 26.11
142位   グアテマラ 24.44
143位   モルドバ 24.39
144位   エクアドル 24.26
145位   ガボン 22.87
146位   ルクセンブルク 22.87
147位   中国 22.4

気になったところだけまとめると、
・日本⇒ダントツの1位
・ギリシャ⇒2位
・アメリカ⇒13位(金額なら1位)
・韓国⇒104位
・中国⇒147位

となりました。
結構意外な結果ではないでしょうか?

日本やギリシャは噂通りの超債務国ですが、韓国や中国はそれほど大きくありません。
「中国の統計なんかアテになるか!」
って意見もあるでしょうが、仮に10倍あっても日本以下です。

上記の数字を信じる限り、中韓の財政はそこまで悪くはありません。
少なくとも、日本が援助する必要はないでしょう。
問題があるとすれば、自国通貨がハードカレンシーではなく、外貨建ての債権が多いことでしょうか。
外資による売り崩しは、懸念事項の一つではあります。

世界一の債務を抱える日本が他国を心配するのは、実にナンセンス。
これだけの借金国でありながら、ODA等の経済援助で他国に貢ぐ日本政府には頭が下がりますね。

中国の危機が叫ばれるのは、債務の問題ではなく、膨らんだバブルの崩壊が懸念されるからです。
国家ではなく、民間の問題ですね。
ちなみに韓国で目立つのは、国家や企業ではなく個人のローン残高です。

これまで中国は、膨大な外資の流入を背景にバブルを拡大させてきました。
企業や不動産に資金が流れ込み、マンション等の値段が吊り上がってきました。
それが曲がり角を迎え、価格の下落が起こっています。

バブルの終焉はどこも同じようなもの。
住宅ローンを中心とした不良債権が蓄積されれば、金融不安を引き起こすでしょう。
特に中国は家庭資産の6割を不動産が占め、シャードーバンク(非公式な銀行)による融資が多いため、その点が懸念されていると思われます。
住宅価格の下落に激怒した民衆が暴動を起こす可能性だって、なくはありません。

中国バブル崩壊で仕掛けるとすれば、やはり中国株売りですか。
大量の外貨準備を抱えている相手に中国元売りは美味しくない。
金融危機によるポジションの巻き戻しを期待するなら、円買いも王道。

極めて好調だったGDPも上昇が弱まり、破綻する企業も出ています。
これからもっと倒産が増えていく可能性はあるでしょう。

・上海超日太陽能科技債 債務不履行
・徐州中森通浩新型板材 債務不履行

余剰生産能力、過度なインフラ整備、銀行間市場の資金不足、人民元相場の下落によって、中国経済の崩壊を懸念する人は少なくありません。
ですが、それはほんの一部でしかありません。
日本よりずっと広大かつ十倍の国民がいる国でこの程度の破綻なら、まだまだたいしたことじゃないとエセ賢者は考えています。
中国は日本人が思っている以上に、ずっと強靭な国ですよ。

実際中国のバブル崩壊は何年も前から言われてきました。
日本国債なんか20年も前から危険視されてきました。
韓国の崩壊に至っては、毎日のようにどこかのサイトが取り上げていますね。

危機というのは、いつ起きるかわからないものです。
いつかは大きな問題にも発展するのでしょうが、その時期は誰にもわかりません。
注目するときは何も起こらず、皆が忘れたころにひっそりと発生するのかもしれませんね。

世界の国々はどこも借金だらけで、永遠に存続できる国はありません。
資本主義は、どこが先に破綻するかのチキンレースでしかありません。

一部の国の経済に着目するのではなく、グローバルな視点でビジネスを考えましょう。
投資家としては、どこの国のどの銘柄であれ、値段が動けばそれでいいのです。

靴べらの売り上げ
動かない相場ほど、退屈なものはない。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

リーマンショックの前兆?

私のコメントを元に記事が生まれたみたいで凄く光栄です(^^)
中国の債務がこんなに少ないなんて知らなかったです。

アサハカな考えなんですが、リーマンショックの前兆みたいなものがあったなら、中国経済の崩壊も察知できるのではないかと。

そこで生リーマンを体験した幸福賢者さんにお聞きしたいのですが、リーマンショックの前兆とかったあったのでしょうか? 後から「もしかしてアレだったのかも」みたいな話でもいいんですけど。

2014-04-15 15:19 | from ランチマクニ | Edit

Re: リーマンショックの前兆?

ランチマクニ様

毎日記事内容を決めていないので、質問があればそれについて書くこともあります。
知りたいことがあれば訊いてみましょう。

後から考えれば、リーマンは前兆だらけだった気が・・・
実際にリーマンが破綻して、一週間以上後から暴落が始まったし。
リーマンの3ヶ月前からバルチック海運指数が急落していたって話もあります。

リーマンでも地震ショックでも、セリクラは長い下落の後に起こりました。
リーマンショックは単発の現象ではなく、2007年から始まっていた下落トレンドの
終着点だったのかもしれませんね。

2014-04-15 17:39 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-04-16 02:43 | from -

No title

やあ賢ボウ!記事がとても勉強になるます。
日本は超ドM国家なのでひたすら耐えて奉仕するのが
大好きなんですかね。
不安遺伝子が多いから常に不安から行動を起こすし。

下にリーマンショックの話題がありますが、
映画「インサイド・ジョブ」ではリーマンショックの
ウォール街が描かれており面白いです。

日本だってバブルの頃、誰もが上がり続けると
疑わなかったもんねー
いつかはいろいろなひずみに耐えられなくなって
崩壊するのでしょうが、きっとそれは安心しきった情報が
流れる時だと思ってます。

2014-04-16 12:38 | from Ryoko

Re: すみません

ランチマクニ様

ブログ読みました。
これからも頑張ってください。

ブログの多くは面白さが足りないと思います。
みんなもっとボケようよ!
(FXでボケてどうすんだ・・・)

2014-04-16 12:47 | from 幸福賢者

Re: No title

姉さんキター!
ホントに日本人はドMなので困ります。
流石に今の政権支持率は捏造か調査対象の操作だと思いますが。

疑っているときは問題は起こらないもの。
皆が安心したときことこそ、気を引き締めましょう!

2014-04-16 12:49 | from 幸福賢者

(FXでボケてどうすんだ・・・)

幸福賢者さん。もしかして、、、、、わたしがぁ???。。。

2014-04-16 19:52 | from | Edit

Re: (FXでボケてどうすんだ・・・)

> 幸福賢者さん。もしかして、、、、、わたしがぁ???。。。
いや、どう見てもこのブログのことですが。
FXブログで笑わせて、一体何の意味があるのだろうか・・・

2014-04-16 20:02 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-07-07 13:20 | from -

Re: 日本は債権国でも債務国でも世界一ですか?

>日本は世界一の借金国になっているようですが、日本はどの国から、どのくらいお金を借りているのですか?

公表されているだけで総額1050兆円程度。
貸し手は日銀、民間銀行、年金、保険が大部分。
海外保有比率は5%程度しかないが、それでも50兆円以上ある。

>2013年の政府総債務残高(対GDP比)の数字で日本は243.22になっていますが、243兆円と読むのですか?単位がよく分かりませんが。

債務がGDPの243.22%ということです。
日本政府はGDPの倍以上の借金を抱えています。

>日本は世界一の債権国になっているようです。どっちが本当ですか?それとも二つとも真実ですか?借金は世界一なのに、返済していないということですか?また、債権国で世界一金持ちなのに、「消費税を庶民に負担させているのですか?よく分かりません。教えてください。お願いします。

どっちも本当です。
日本が借りている額も、海外に貸している額も、極めて膨大です。
米国債を始めとする海外債券を売却すれば100兆円以上の借金を返すことができますが、
それをせずに庶民に重税を負担させています。

2015-07-07 18:59 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/280-2f6d014b