不等価交換の法則 死んだ子の数は数えない - 貴方を幸福にするFXブログ

不等価交換の法則 死んだ子の数は数えない

一人で投票
愛は見返りを求めないもの。

☆等価交換の法則は嘘?
等価交換の法則ってご存知でしょうか?
機械の手足を持った錬金術師が物を変換して、それに見合ったものを練成するアレです。
質量とか属性の制限を付けて、代償以上の物が作れない仕組みになっています。

でもよくよく考えると、あれって変じゃないですか?
等価交換になっていないと思いませんか?

錬金術

・地面が巨大な石像になって、相手に襲い掛かる
・土くれが黄金になって整列する
・人の魂を沢山集めたら、何でも作れるようになりました!

質量保存どころか、力学もエントロピーも完全無視です。
あの作品自体が等価交換の法則を否定していないか?
漫画としては、面白いからいいけどネ!

現実の世界では、もうちょっとだけまともに等価交換の法則が成り立ちます。
質量、運動量、エネルギーはそれぞれ保存され、費やしたエネルギーに対する成果が得られます。

しかし、なまじ正確である為に、それを信じ込んでしまう人もいます。

「等価交換の法則は絶対だ!」
「努力すれば、必ず報われる!」

実際そうはならなくても、心のどこかではそう考えているものです。

人は労力やコストを費やせば、それに見合った対価を求めます。
商品を販売したら代金を請求するし、損害を受けたら謝罪と賠償を請求します。

深夜まで働いて残業代が出なければ労基に訴えるでしょう。
相手の浮気で離婚になれば、裁判で慰謝料をふんだくります。
失ったものに対する執着心は、新しいものへの渇望とは比較にならないくらい強い。

☆投機に等価交換を持ち込むな
その傾向は、投機においては非常に顕著です。
投機で損失が出た場合、なんとしてでもそれを埋めようとします。

FXで10万円失ったとすれば、FXで10万円を取り返そうとします。
株式で100万円失ったとすれば、株式で100万円取り戻そうとします。

「アルバイトでその分稼げばいいや~」
とはならないのです。

人は誰しも、「奪った相手から奪われた分を取り返したい」と願うもの。
しかし、投機においてそれを適用すると、一気に地獄の底まで引きずりこまれることになります。
人間の本能がつくづく投資に向いていないことを痛感します。

仮にFXに100万円投資したとしましょう。
10万円の利益を得る為には、ドル円を10枚買って100pips取ればいい。
(極めて短絡的な思考です)

USD/JPY=100と仮定すれば、
そのときのレバレッジは、
100×10(枚)÷100(万円)=10倍

次に、相場で負けて10万円の損失が出たとします。
それを取り返す為に、全く同じ取引をします。
90万円で10万円稼ぐことになるので、そのときのレバレッジは、
100×10(枚)÷90(万円)=11.1倍

あれ、レバレッジが上がってしまいましたね。
同じ枚数でトレードしても、種銭が少ない分、余力が減ってしまいました。

少ない金額で大きな利益を狙うのは、当然リスキー。
損失が増えた分だけ証拠金が減るので、取り返すのは非常に大変です。

「100万円使って50万円の利益を目指す」
のと、
「50万円使って50万円の利益を目指す」
のでは、単純に考えても倍のリスクがあるということ。
(実際は倍以上)

投機の世界は元手が基準になる為、「取る」よりも「取り返す」ほうがずっと難しくなります。
一度大きく負けてしまったら、もう二度と元には戻らないと思っていいでしょう。

「そんなの当たり前だろ!」
と頭ではわかるのですが、実際に損失を被ると殆どの人がそれを忘れます。
証拠金が削られた状態で損失以上の利益を得ようと、一発逆転に走ります。

装備はボロボロ。
頭の中は沸騰寸前。
そんな状態でリベンジに行って、一体どうなるのか?

当然ボロクソにやられて、残った資金を全て飛ばします。
アホな話だと思うでしょうが、実際にやってしまうのだから笑えない。

投機において狙えるのは、現在の証拠金に対するリターンだけ。
損失額を基準に成果を求めるのは、根本的に間違った考え方なのです。
ビギナーの時点でどれだけ損失を抑えるかが、投資家の肝であると言えます。

このことは投資の損益に限った話ではありません。
商材や手法に時間やコストをかければ、それに執着してさらに傷を深めてしまいます。

・高い商材を買ったので、その代金分は稼がないと気が治まらない
・この手法で負け続けたので、勝ちが来るまで止められない
・何年も勉強してきたのに成果が出ない。今更諦められないよ。

誰だって、自分の努力が無駄とは思いたくないないもの。
諦めないことは美徳ではありますが、無益な努力ほど時間を浪費するものはありません。
時にはスッパリ諦めて、新しいことにチャレンジするのもいいでしょう。

☆不等価な世界に生きる
「等価交換の法則」は物理の世界では絶対的な法則ですが、私達の生きる現実世界では無用の長物です。
少ない対価で成果が出ることもあるし、その逆もあります。

逆に言えば、等価交換でないからこそ、世界は面白い。
「必ず購入額と同額が返ってくる宝くじ」なんて、誰も買わないでしょう?
コスト以上の利益を期待するから、私達は投機やビジネスに夢中になれるのです。

全てが等価になった空間は、全粒子とエネルギーが均一になった静寂な世界です。
音もなく、微風すら起こらない、つまらない世界です。
そういう意味では、今の乱雑な世界のほうがずっと魅力的な状態なのかもしれません。

対価に見合った成果を求めるのは止めましょう。
損失を取り戻そうとするのは止めましょう。
死んだ子の数を数えたって、子供は帰ってきません。

大事なのは、今を大事にすることです。
この手にあるものをきちんと把握して、最大限に活かすことです。

努力の何倍もの対価を得ましょう。
損失なんか比べ物にならない、莫大な富を獲得しましょう。

不等価だからこそ、私達にはもっともっと幸せになれるのです。

天空
ちっぽけな執着と、無限に広がる世界。
私達が欲しかったのは、どっちなのだろう?

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-06 13:41 | from -

Re: 参考までに

> 賢者さんがわが家の状態だったら=厳しくなりそうだったら、早々に手放しますか?

家計簿次第ではありますが、まだしないでしょうね。
引越し代+家賃は高くつきますし、何より家族の負担が大きい。
親戚中を回ってでも資金を集めて、早期に完済を目指します。
世の中には金余りの資産家が山ほどいますから、ツテさえあればなんとかなるかな?
無論、それなりの代償はいるでしょうが。

といっても、無人島でも平気で生きていける私はともかく、
子供がいるとあまり気楽に判断するわけにもいきませんか。
たまには子供の意見も聞いてみてください。

2014-05-06 14:07 | from 幸福賢者

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-05-06 14:59 | from -

Re: タイトルなし

> キュウべぇの画像、大ウケでした。

いくつかあったけど、どれだろ?
また面白い画像を探してきますので、またお読みください。

2014-05-06 21:37 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/301-da34a13f