人生をチートする? チーターの行き着く先 - 貴方を幸福にするFXブログ

人生をチートする? チーターの行き着く先

北朝鮮総書記
盛りすぎだろ。

☆チートとは
チートというのは、ゲームで不正な改造を行い、パラメータやフラグの改竄を行うことです。
所持金や経験値を弄れば難易度がぐっと下がるので、エセ賢者のようなインチキゲーマーは頻繁にチートを行っています。

ゲームは所詮電子データの塊なので、全ては数字の連続に過ぎません。
各パラメータの格納されているアドレスさえ調べられれば、どんなステータスもフラグも自由に書き換えることができます。

☆チートの例
・所持金を1千万ゴールドにする
・攻撃力、防御力、素早さを255にする
・HPを固定して、いくらダメージを受けても死なないようにする
・全ての装備を揃えて、アイテムをコンプリートする


PCゲームの場合、うさみみハリケーンやスペシャルねこまんま57号を使えば、誰でも簡単にチートすることができます。
家庭用ゲームの場合ハードに合わせたツール(アクションリプレイなど)を使えば、改造が行えます。
セーブデータを改造したり、SSGなどの専用ファイルを使う方法もありますね。

チートの威力は絶大です。
主人公のステータスでも、敵のHPでも、敵軍の弾薬でも、好きなものを好きなようにいじくることができます。
極端に不利な状況を覆すことも、絶対に倒せないはずの敵を倒すことも可能。
ドラクエ5の序盤でゲマを倒した人って、何人いるんだろうか?

まさに卑怯の極み!
世界は俺のものだぜ、ヒャッハー!


チートゲーム

と最初のうちは楽しいのですが、段々とつまらなくなっていきます。
人間って、そんなに都合よくできていないんですよね。

攻撃力を死ぬほど上げれば、どんな敵もイチコロ。
スライムも一撃。
ドラゴンも一撃。
メタルキングも一撃。

鬱憤晴らしには良いかもしれないが、それじゃゲームの意味がないだろ・・・
過剰なチートは、ゲームバランスを完全に崩壊させてしまうため、全然面白くなくなります。
それで大抵の人はチート後すぐに飽きて、ゲームを止めてしまうのです。

結局のところ、私達は困難を楽しむためにゲームをしているのですよ。
強敵だから倒したくなるし、入手困難なレアアイテムだから手に入れて嬉しい。
壁のない過剰なアドバンテージは、プレイヤーにとって害にしかならないのです。

☆人生とチート
ゲームは現実世界を模倣したものですから、当然人生にもチートがあります。

親の遺産で働かなくても食べていける人もいれば、生まれつき運動神経に優れた人もいます。
サバンナに行けば、チーター(チートする人)もいっぱいいますね。

チーター
その牙と瞬発力。ずるすぎる!

しかし、そんな彼等も意外と楽に生きてはいません。
我々よりずっと恵まれた境遇にあるにも関わらず、多くの悩みを抱え、困難にぶつかっています。

人は自分の実力以上の世界でなければ、楽しめないもの。
力ある者は周囲から相応の成果を求められる定めにあります。
安息な暮らしをしようとしても、自然と高みを目指して進んでいってしまうものです。

それなりのお金を持っている人でも、それに満足する人はあまりいません。
大抵その資金を元手にして事業を興すか、相場という強大な敵に立ち向かっていくようになります。

株やFXをやっている人ならよくわかるでしょう。
貧困層からすればそんな資金を持っているだけで十分なのに、それを元手に投資をすることなんて信じられないことのはず。

相場という自分の力ではどうにもならないものを相手にするから、投資は面白い。
もしも自由にチャートを弄れるのなら、私達はこんなに夢中になったりしないでしょうね。

「他人のバラは青い」というように、私達にはどうも他人を羨ましく思ってしまう悪癖があります。
テレビで大富豪やスポーツ選手を見て
「きっと優雅な暮らしをしているんだな~」
とか、
「あんな才能があったら、人生薔薇色だよ」
と憧れを抱きます。

しかし、彼等は彼等のゲームをプレイしているのであって、そんなに楽な日々を送っているとは限りません。
仮にどんな相手もイチコロな権力を持ったチーターであっても、そんな生活はきっと楽しくないでしょうね。

貴方はまっとうなプレイヤーであり、目の前には実力以上の障害が配置されています。
楽しくなる為の仕掛けが、これでもかと用意されているのですよ。

あー、まったく、嬉しいなー(棒読み)

体を酷使するのが辛いなら、陸上などあるまい。
危険な環境が怖いなら、登山家などおるまい。
どんなに怠惰に思えても、私達はやっぱりチャレンジャーなのですね。

苦難があるから喜びがあります。
手に入らないからこそ、より一層欲しくなります。

苦難に溺れるのではなく、障害という最大のプレゼントに、心から感謝を捧げてやりましょう。

巨人に挑む
敵は強い。果てしなく強い。
しかし、だからこそゲームは面白い。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

強い敵をわざわざこさえたチャレンジャーですが、楽しめるくらいでないとダメですね…。今は来るべきピンチに向けて情報収集中。これもゲームと思えばいいか。子どもたち巻き添えで申し訳ないけど。

2014-06-21 21:00 | from チョビ | Edit

Re: タイトルなし

> 強い敵をわざわざこさえたチャレンジャーですが、楽しめるくらいでないとダメですね…。今は来るべきピンチに向けて情報収集中。これもゲームと思えばいいか。子どもたち巻き添えで申し訳ないけど。

ゲームは必ずしも一人でやるものじゃありませんし。
協力して難敵に向かってください。

2014-06-21 22:08 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/350-a30b2954