悪平等 限られた資源を平等に分ける方法 - 貴方を幸福にするFXブログ

悪平等 限られた資源を平等に分ける方法

サケの共食い
そいつに渡したらダメだろ。

【問題】リンゴ10個を3人に平等に分ける方法は?

【模範解答】ミキサーでジュースにして三等分する。


これは昔からよく使われる発想力テストです。
模範解答も平等かつ無難なやつです。

しかし、エセ賢者はどうもこの答えが気に入りません。
ジュースにしてしまったらリンゴとして食べることはできなくなるし、売却も困難です。
量的には平等でも、選択肢を狭めた分だけ全員が損をしているのではありませんか?

その他にも、こんな回答も見られます。

・3人に3個づつ分けて残りは捨てる
・じゃんけんで決める
・全部売却して、売り上げを公平に分ける
・奪い合い勝ち取るのが真の平等


どれも確かに「平等」という条件は満たしているが、それで満足してしまっています。
ただ平等であれば、それでいいのでしょうか?

ちなみに、エセ賢者の答えは、
「あと2つ買ってくる」
です。
反則ですかね?

足りないのなら、その分だけ増やしてやればいい。
少ないリソースを奪い合う限り、全員が満足する結果は得られないのです。

他にも、こういった面白い回答がありました。

・食べたい料理(例えばアップルパイ)に加工して、パーティをする。
・リンゴを売ったお金で事業を立ち上げる
・日本で売って中国で買う


人間の発想力というのは、なかなかたいしたものです。
少ない資源でも、数人で知恵を絞れば、そのまま分ける以上の効果を出すこともあります。

各人の希望を無視してただ公平に分配する行為は、悪平等に他なりません。
誰も幸せにならない平等を実現して、一体何の意味があるのでしょうか?
平等であるかどうかより、全員が満足する方法を皆で考えて欲しいと思います。

☆個人的に感動した回答
三人は地を耕し、リンゴをそこに埋めた。
数十年後、そこには大きなリンゴの木が実を付けていた。


いいよねぇ、こういう話。
将来的視野に立って考えれば、これが正解なのかもしれません。

☆なぜか頷いた回答
・まずAがリンゴを食べる。
次にBがAを食べる。
最後にCがBを食べる


まんま食物連鎖ですね。
人間にはできませんが、大自然というのはこうやって成り立っています。

イカ娘の共食い
さすがにコレは食えんでゲソ。

☆何か違う回答
問題:10台のApple社製iphone5を三人で平等に分ける方法は?
模範回答:ジュースにする


爆笑しました。
何でもミキサーにかければいいというものではない。

この地球上の資源は有限であり、時には奪い合うこともあります。
しかし、それを効率良く使うことは可能であり、今まで捨てていたものを新しく使うこともできます。
リソースが限られているからといって、それに絶望することはないのです。

誰かが得するために、貴方が損をする必要はありません。
逆に、貴方が得するからといって、誰かを踏みつける必要もありません。

狭い国土しか持たない日本人は、高いビルを建てることで大人数の居住空間を確保しました。
70億人に増えた人類は、大規模農業を行うことで生産量を飛躍的にアップさせ、皆を養っています。
知恵を絞れば、姨捨山に頼らなくても良い方法がきっとあるはずです。

お金がない。
食料がない。
土地がない。

そうやって嘆くのはもう終わりにしましょう。
限られた資源をうまく活用し、皆が豊かに暮らせる社会を築くのが、私達の役割なのですから。

幸せな動物
私達は皆違っていて、どうやっても完全な平等にはならない。
ただ皆が笑って暮らせるのなら、それでいい。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

平等と知足

地球上では飽食な方々もいれば、飢餓に苦しむ方々も方々もいます。生死に直結するような不均衡は他にもありますが簡単にはなくなりません。平等の観点では、どうやっても完全な平等にはなりませんが(幸福賢者さん尊重)、生死に直結する不均衡は努力により埋めていくことができると信じています。少なくとも常に「ほしいほしい病、もっともっと病」にかかっている自分に気づく習慣をつけるよう心掛けたいですね。
う、そういえばこの前、ほしいものリスト作ったっけ。(・・・・チ~~ン)

2014-07-06 13:28 | from ミスターワタナベ

Re: 平等と知足

> 地球上では飽食な方々もいれば、飢餓に苦しむ方々も方々もいます。生死に直結するような不均衡は他にもありますが簡単にはなくなりません。平等の観点では、どうやっても完全な平等にはなりませんが(幸福賢者さん尊重)、生死に直結する不均衡は努力により埋めていくことができると信じています。少なくとも常に「ほしいほしい病、もっともっと病」にかかっている自分に気づく習慣をつけるよう心掛けたいですね。
> う、そういえばこの前、ほしいものリスト作ったっけ。(・・・・チ~~ン)

みんな貧乏になるくらいなら、平等でなくてもいいと思います。
欲しい物リストに書いたものが手に入るといいですね。

2014-07-06 16:09 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/366-2f6de3a4