ギブアンドテイクからギブアンドギブへ - 貴方を幸福にするFXブログ

ギブアンドテイクからギブアンドギブへ

お前の物は誰のものか

☆ギブアンドテイク
世の中の大抵の人は、ギブアンドテイクで動いています。
何かをもらったら、それに相当するもので返す。
何かを渡すときは、それに同程度の価値のものを要求する。

対等の商売関係ですね。
物々交換の場合もありますが、大抵はお金を基準にして取引を行っています。

この場合、何かをあげるときにはあらかじめお返しがあることを期待しています。
行為が何であるかより、どれだけの対価が払われるかに重きを置く考え方です。

行為には代償が必要。
報酬が期待できないものには、資本を投入してはならない。
これは資本主義社会のルールと言えるかもしれません。

☆ギブアンドギブ
しかし、全ての人がそのルールに従っているかというと、必ずしもそうではありません。
例えば駅前の募金やボランティアのゴミ拾い、子供達へのプレゼントなんかは、報酬を期待した行動ではありませんよね。
純粋に自分がやりたいから、あるいは人の為になると考えて行っています。

見返りを求めることなく、ただ与え続けることをギブアンドギブと言います。
行動の対価は問題ではなく、ただ受け取った人の喜ぶ顔が見たい。
そんな想いを持って行動している人は、存外に多かったりします。

例えば、赤い服を着て大きな袋を背負い、毎年子供に夢を配るお爺さんのように。

凶悪サンタ
ギブアンドギブの達人?

ただ与えるだけなので、収支は常にマイナス。
普通なら誰もやろうとは思いません。

「偽善者のたわごとか、腐るほどお金を持ったブルジョアの道楽ではないか?」
と思ってしまいますが、そればかりでもない模様。

対価を要求せずにあげてばかりいれば、当然財産は減っていくはず。
しかし、実際には減るどころか、増え続けている人が多い。
不思議な現象ですが、それが事実です。

何も請求しなくても、人に善意を施すと勝手に報酬が入ってきます。
どうも善良な市民には借りを放置できない性分があり、恩であれ、恨みであれ、何らかの形で返さずにはいられないようになっているようです。

善意で施せば、感謝や金銭で返ってきます。
悪意で振舞えば、暴力や中傷で返ってきます。
エセ賢者の場合、後者が圧倒的に多いのですけど。

世の中の成功者の多くは、ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神で活動してきたようです。
対価を期待した労働よりも、相手のことだけを考えたボランティアのほうが、ずっと大きな報酬が受け取れるのかもしれません。
まさに「情けは人の為ならず」という奴ですね。

☆ギブアンドギブは難しい?
ギブアンドテイクよりギブアンドギブのほうが優れた思想だとしても、それを実行するのには大きな壁があります。
それは、損をしたくない、という気持ちです。

「募金なんかしても、あいつらは感謝なんかしない」

「親切にしても、恩を仇で返されるだけ」

そう思って、私達は与えることを躊躇う癖があります。
報酬が期待できない仕事はやる気が出ないし、無駄なことはやりたくない。
人間とはそういうものです。

しかし、エセ賢者はこう思います。
どちらかといえば、見返りに拘るほうが無駄ではないか?

何かにつけ他人のレスポンスを気にするのは、非常に気力を使う行為です。
喜んでもらえたかとか、代金に見合った仕事をしたかとか、そんなことばかり考えて疲れませんか?
自分の払った労力と手元に入った代金を見比べて、どちらが大きいかとか考えていたら、日が暮れてしまいます。

見返りを気にしているくらいなら、何も考えずに自分の好きなことを連発しているほうがずっと楽しく、手間がかかりません。
代金の取立てだって、コストがかかります。
いちいち回収している暇があるなら、プレゼントを配ることに集中していたほうが、遥かに効率が良いのですよ。

もしも貴方が行動に見返りを求めるというのなら、その行動には報酬と同じか、それ以下の価値しかないということを自分で吹聴しているということです。

許せませんよね、そんなの。
だから、ギブアンドテイクなんて続けられないのですよ。

ギブアンドギブに必要なのは、自分の意思だけです。
自分が納得してできるなら、それだけで十分です。
他人の意思や報酬に、わざわざ依存してやることはありません。

貴方の思うままに、
貴方の信じる価値を、
貴方の愛する人へ捧げる。

そんなギブアンドギブを実行してみてはいかがでしょうか?

プレゼントを渡す
与えた結果、何が返ってくるかはわからない。
けれど、贈りたいという気持ちは、それだけで万金の価値がある。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

見返りと怒り

見返りを期待しての行動は煩悩を元気付けます。期待通りの見返りがない場合は悲しみから怒りへとギアチェンジします。期待通りの見返りがあった場合でも自分は価値がある人間であると煩悩がうずき出しエスカレートしていく中で期待を裏切られた瞬間に・・・・。
私がFXでお金を献上するのはFXに見返りを求めていないためなのか?うぅぅ くやちーい。これ煩悩の固まり(・・・・チ~~ン)

2014-07-10 10:19 | from ミスターワタナベ

No title

ギブアンドギブ最高です!
可愛い子にはギブアンドギブしたくなるんですが、ブーちゃんにはギブアンドテイクを求めてしまいます。
まだまだ赤い服を着た爺さんには程遠いです@@;

2014-07-10 10:46 | from 伊達猫 | Edit

Re: 見返りと怒り

> 見返りを期待しての行動は煩悩を元気付けます。期待通りの見返りがない場合は悲しみから怒りへとギアチェンジします。期待通りの見返りがあった場合でも自分は価値がある人間であると煩悩がうずき出しエスカレートしていく中で期待を裏切られた瞬間に・・・・。
> 私がFXでお金を献上するのはFXに見返りを求めていないためなのか?うぅぅ くやちーい。これ煩悩の固まり(・・・・チ~~ン)

十分な見返りがもえらるなら、それにこしたことはありませんね。
問題は、それが叶わなくなったときの落胆ですが。

2014-07-10 11:20 | from 幸福賢者

Re: No title

> ギブアンドギブ最高です!
> 可愛い子にはギブアンドギブしたくなるんですが、ブーちゃんにはギブアンドテイクを求めてしまいます。
> まだまだ赤い服を着た爺さんには程遠いです@@;

私はむしろ逆。
可愛い子からは見返りが欲しいよ!
ブーちゃんは、どうでもいいや。
そんなんだから、美人からは見向きもされんのでしょう。

2014-07-10 11:22 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/371-5ecf3969