DDとNDD ECNとSTP FXカバー注文方式の仕組み - 貴方を幸福にするFXブログ

DDとNDD ECNとSTP FXカバー注文方式の仕組み

割引対象はない
文書は隅々までよく確認しましょう。

FX取引プラットフォームから売買注文を出すと、「為替市場」や「インターバンク」等の市場へ注文が届いて、為替市場で取引が成立することになります。
少なくとも、名目上は。

実際は呑み(マリー)行為が横行しており、私達トレーダーにカバー注文の有無を確認する方法はないわけですが、一応そういうことになっています。
マリーの場合業者側が注文のリスクを取るので、呑み行為が必ずしもトレーダーに損失を与えるわけではありません。
競馬や宝くじと同じように胴元がいるだけなのだから、いちいち気にしてもしょうがないと思います。

カバー注文の方式には、
・DD
・NDD
・ECN
・STP
等があり、海外業者だと好きな方式の口座を選んで開設できることが多い。
エセ賢者も海外で取引を始めた頃は、何が違うのかわからず迷ったものです。

FXブローカーのカバー方式
①DD(Dealing Desk )
ディーラーがいる、つまりカバー方法はFX会社の任意であるということ。
顧客はFX会社のディーラーと取引し、ディーラーがその先のカバー先金融機関と取引をする形になります。
どこの金融機関にいつ注文を流すかは業者次第なので、どのようにカバーされているかは不明。

国内業者の大半はDDです。
顧客同士の注文を相殺できるなどの理由があれば、あえてカバー注文を出さないこともあるでしょう。
カバーは不透明でも、スプレッド優遇されている場合が多いので、必ずしも悪いことではない。

②NDD ( No Dealing Desk )
ディーラーがいない、つまり機械的に注文がインターバンクに流される方式のこと。
MT4などに直結しており、顧客の注文が直接市場に行って、そこで約定します。

ブローカーがポジションを持たず、顧客の注文全てをカバー取引する方式なので、ブローカー側が市場リスクを負わない。
スキャルピングや大口取引に対しての制限も少なくて済む。
しかし、元々のシステム(MT4等)に業者の手数料が上乗せされる為、一定のスプレッドを下回ることはない。
通信も若干長くなるので、通信エラーも当然ありうる。
NDDにはECNとSTPがあります。

③ECN ( Electronic Communications Network )
個人投資家、ファンド、銀行等の多くの参加者が注文を出し合って、それらをマッチングする仕組み。
発注すれば、その注文は株のように板情報として追加される。

透明性の高い方法だが、スプレッドとは別に手数料が徴収されることが多い。
基本NDDのはずだが、名前だけECNの呑み業者もいる模様。
株同様に板情報(気配値)が確認できるが、日本人で見ている奴はあまりいない。(多分)

④STP ( Straight Through Processing )
投資家から受けた注文を直接、他のFXブローカーや銀行等のカバー先へ流す方法。
カバー先は1社かもしれないし、複数かもしれない。
本当にカバーされているのかも、わからないといえばわからない。
手数料はカバー先から得たレートに上乗せされる。

⑤DMA(Direct Market Access)
STPの一種。
約定する市場へ直接アクセスできる方式。

☆国内のNDD業者
①セントラル短資FX[ウルトラFX]
②YJFX[C-NEX]
③アルパリジャパン
④FXCMジャパン証券
⑤外為ファイネスト

上に挙げた以外の国内業者はだいたいDDだと思ってよいでしょう。
MT4を使っている業者は基本的にNDDです。

☆どの方式が一番良いのか
結論から言うと、どれが良いということはありません。
評判の良い業者のうち、スプレッドが狭いものを選んでください。

DDはカバー注文が不透明ですが、その分だけ業者の負担が小さく、極狭スプレッドと高い約定力を提供できている側面もあります。
NDDは業者と顧客の利害が対立しませんが、全体的に手数料が高くなる傾向があります。
STPやECNを謳っていても、実際は業者の先受けがあったり、注文を呑んでいる場合もあります。

1000万通貨単位の大口や、スキャルピングを頻繁に行う人は、STPやECNできちんと注文を流してもらうと良いでしょう。
国内のDDで行うと業者に不利益を与え、最悪取引停止に至る恐れがありますので。

他の投資家の動向を見ながらトレードしたい人は、ECNがお勧め。
株式同様に板情報を確認できます。

1万通貨単位の小口の人は、国内のDDで十分かもしれません。
最近はストップ狩りなどの噂もめっきり減りましたので、DDだからと言って不利益を被ることも少なくなりました。
仮に呑まれても低スプレッドで約定してくれるなら、悪い話でもありません。

どの方式でも、約定拒否やリクオートが皆無ということはありません。
成行注文や逆指値は滑るし、指標時のレートの急変も避けられません。

それより大事なのは、信頼のおける使いやすい業者を選ぶことです。
カバー注文の仕組みなんてものは、記憶の片隅に留めておくくらいでいいのではないでしょうか?

ヒーロー就職
そんなに熱心に見つめてどうしたの?

業者探しはこちらから。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

コメントを入力ください
>それより大事なのは、信頼のおける使いやすい業者を選ぶことです。
カバー注文の仕組みなんてものは、記憶の片隅に留めておくくらいでいいのではないでしょうか?

、、、べりぃべりぃ~GOOD!!

2014-07-20 21:25 | from | Edit

Re: No title

> >それより大事なのは、信頼のおける使いやすい業者を選ぶことです。
> カバー注文の仕組みなんてものは、記憶の片隅に留めておくくらいでいいのではないでしょうか?
>
> 、、、べりぃべりぃ~GOOD!!

一応知っておいたほうが良いので書いてます。
トレードの仕組みなんて知らなくても、トレードはできるのだけど。

2014-07-20 22:13 | from 幸福賢者

業者の選定と評価

永久初心者の私にとっては一つお利口さんになった気分です。正直カバー方式は重要視していませんでした。そこでいきなり、はっと! 今まで、既存の業者を評価することなくやり過ごしてきました。あれほど開始時には調べたのに。信頼のおける使いやすい業者だと信じ切っていたのでしょう。
そういえば、何業者使っていたんだっけな? アカウントやパスワードもわからないなんて、そもそも管理能力があるのかの自己評価が先なのか(・・・・チ~~ン)

2014-07-21 16:23 | from ミスターワタナベ

Re: 業者の選定と評価

> 永久初心者の私にとっては一つお利口さんになった気分です。正直カバー方式は重要視していませんでした。そこでいきなり、はっと! 今まで、既存の業者を評価することなくやり過ごしてきました。あれほど開始時には調べたのに。信頼のおける使いやすい業者だと信じ切っていたのでしょう。
> そういえば、何業者使っていたんだっけな? アカウントやパスワードもわからないなんて、そもそも管理能力があるのかの自己評価が先なのか(・・・・チ~~ン)

IDとパスワードはエクセル等にまとめておかないと、
後々苦労します。
業者に問い合わせて調べることもできますが、
結構大変です。

2014-07-21 16:37 | from 幸福賢者

Re: FX業者はレート操作をちゃんと説明している

> 業者は説明責任を果たしています。もう「FXがのみ行為であること」を隠し通すのはやめにしましょうよ。

誰も隠してないでしょ。
思いっきり「マリーが横行している」って書いてます。
FXの区分を学ぶのは悪いことではありません。
それをどう利用するのかはその人次第です。

2015-03-10 18:48 | from 幸福賢者

Re: FX,業者は会員個別にレートを配信する

> FX,業者は会員個別にレートを配信する

何を今更。
誰でも知っていることでしょう。
それを不義と思うなら、いくらでも金融庁へ通報しなさい。
私は実際やりました。

2015-04-07 17:58 | from 幸福賢者

Re: FX、業者は会員以外とは取引しない

> FX、業者は会員以外とは取引しない

あ、そう。

2015-05-07 19:13 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/382-2e7a8b8b