ブックメーカー 未来を予知する投資法? - 貴方を幸福にするFXブログ

ブックメーカー 未来を予知する投資法?

サッカーは一人でやる
言ってることとやってることが違います。

ブックメーカーとは、欧米の賭け屋のことです。
競馬のように将来のレースや勝負の結果に金銭を賭け、当たっていればその倍率に応じた配当を受け取ることができます。

例)サッカーワールドカップ優勝国
・ドイツ 4倍
・ブラジル 3倍
・アルゼンチン 5倍
・日本 10倍
・韓国 15倍

日本ではノミ行為として違法になっていますが、イギリスでは合法。
海外のブックメーカーに登録すれば、日本人でも賭けることができます。

賭けの内容はサッカーワールドカップの優勝国から米大統領選の当選者まで様々。
元々は競馬やスポーツを賭けの対象としていましたが、近年はより幅広くなってきています。

☆ブックメーカーで賭ける対象の例
・競馬
・スポーツ(サッカー、野球など)
・選挙の当選者
・戦争の結果
・ノーベル賞受賞者
・クリスマスに雪が降るか?

☆主なブックメーカー
・ウィリアムヒル
・ラドブロークス
・ガーラ・コーラル・グループ
・SBOBET
・bwin


ブックメッカーを投資と呼ぶ人はいますが、所詮ただのギャンブルです。
不確かな未来に賭ける行為は、何の指針もなくFX、BO、株に挑戦するのと何も変わらない。
それで儲かるかどうかは、貴方の判断と幸運次第でしょう。

ちなみにブックメーカーはアービトラージで有名で、複数のブックメーカーの配当倍率の違いを利用して両建てする必勝法があります。
実際にやると問題だらけで機能しませんので、その手の情報商材を見つけたらスルーしましょう。

☆ブックメッカーは未来予想
ブックメーカーの賭けの対象はそのときに注目されているものになりやすい。
最近ではノーベル賞が注目を浴び、誰が受賞するのか賭けが行われています。

ノーベル文学賞の候補では、ケニアのグギ・ワ・ジオンゴや村上春樹が候補に挙がっていました。
実際に受賞したのはフランスのパトリック・モディアノでしたが。

ノーベル平和賞の候補として有力視されていたのは、なんと「日本国憲法9条」
憲法改正を急ぐ安倍政権にはいい薬になると思いましたが、結局受賞はありませんでした。
受賞したのはパキスタンで女子教育の権利を求め、2012年に銃撃されたマララ・ユスフザイさん(17)。

まぁ、日本国憲法の受賞なんて一部の運動家がはやしたてていただけなので、受賞しなくて当然か。
下手すると内政干渉になるし。

余談ですが、ノーベル物理学賞を受賞した中村教授は既に米国籍を取得しています。
世間は日本人の受賞者とはやしたてていますが、既にアメリカ人なのですよ。
特許法の改悪で技術者を追いやりながら、自国の成果として大騒ぎするこの国は、どこか腐っていると思います。


ブックメーカーの倍率は、大衆の注目の度合いです。
例えるなら、クイズミリオネアのオーディエンスのようなもの。
現実の結果とイコールではないにせよ、一位の予想は実際にそうなると考えられているということです。

賭け事などしなくても、賭けの対象と倍率を見ているだけでも面白いかもしれません。
そこには未来の出来事に対する人々の予想が、はっきり示されているのですから。

予想は予想。
未来には成りえないもの。

しかし、今この瞬間に大衆が何を考えているかは、将来に備える上で良い指針になるのではないかと思います。

理想と現実
まぁ、予想とちょっとだけ違うこともある。
現実は非情なのだ。

<参考>
アービトラージじゃない。チリツモ・ブックメーカー投資法 ブックメーカーのコロンブスの卵です。
異業者両建てスワップアービトラージ
アービトラージとは
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

コメントを入力ください
>余談ですが、ノーベル物理学賞を受賞した中村教授は既に米国籍を取得しています。
世間は日本人の受賞者とはやしたてていますが、既にアメリカ人なのですよ。
特許法の改悪で技術者を追いやりながら、自国の成果として大騒ぎするこの国は、どこか腐っていると思います。
同情ぉ。。。たしかぁ~中村教授は、マスコミに日本の企業は馬鹿だと言ってアメリカに行きましたっけぇ~???幸福賢者さん中村教授はなぜアメリカに行ったのか良ければ解説を。。。

2014-10-11 22:27 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> >余談ですが、ノーベル物理学賞を受賞した中村教授は既に米国籍を取得しています。
> 世間は日本人の受賞者とはやしたてていますが、既にアメリカ人なのですよ。
> 特許法の改悪で技術者を追いやりながら、自国の成果として大騒ぎするこの国は、どこか腐っていると思います。
> 同情ぉ。。。たしかぁ~中村教授は、マスコミに日本の企業は馬鹿だと言ってアメリカに行きましたっけぇ~???幸福賢者さん中村教授はなぜアメリカに行ったのか良ければ解説を。。。

青色発光ダイオードを発明した中村氏は、日亜化学工業に対して20億円の支払いを求める訴訟を起こしたが、最終的には8億5000万円の金額で和解。
高裁控訴審において示された和解勧告に対し、中村は記者会見を設け「日本の司法は腐っている」と述べた。
アメリカの企業や大学から多くのオファーを受け、「スレイブ・ナカムラでは耐えられない」という思いもあり、娘からの「もったいない」という言葉がきっかけで転身を決意。
半導体関係に強くスティーブン・デンバース教授が誘ってくれたカリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学科教授に就任した。

2014-10-12 08:37 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/467-e072419c