エボラショックで大暴落・・・というのは間違いなく嘘 - 貴方を幸福にするFXブログ

エボラショックで大暴落・・・というのは間違いなく嘘

エボラで絶滅
エボラ大勝利!

最近金融市場が不安定になり、株式、為替、商品のいずれも軟調に推移しています。
その理由の一つとして挙げられているのが、エボラ出血熱の流行。
アフリカのナイジェリアから米国など先進国へエボラウィルスが拡散し、指数関数的に感染者が増えているとか。

エボラ予測

凄まじい勢いで感染者が増加すると予測されていますね。
人類存亡の危機なのだから、相場が暴落するのも当然か。

・・・って、思った人は素直な人ですね。

たかがエボラウィルスごときで、相場が暴落するわけないだろ・・・

エボラはニュースや新聞で大きく取り上げられていますが、パンデミック全体で見ても、死亡原因から見てもそれほど大きな影響力を持っていません。

☆パンデミック 被害度ランキング(死亡者)
【S】結核 毎年400万人 天然痘 7000万人
【A】スペイン風邪 4000万人 ペスト 2500万人 AIDS 2500万人
【B】アジア風邪 200万人 香港かぜ100万人 マラリア 100万人
【C】新型インフルエンザ1万8449人
【D】エボラ出血熱(2014)4000人強
【E】SARS 744人 高病原性鳥インフルエンザ249人


結核やエイズなど、マラリアなど未だに100万人以上の犠牲者を出している病気は多数存在します。
それに比べれば、エボラの犠牲者など豆粒のようなもの。

先進国が本気でエボラを封じ込めようと思えば、感染地域から交通網を徹底的に遮断し、全力で新薬開発に取り組んでいるはず。
未だに事態を放置している現状を見るに、誰も本気で人類が滅亡するとは考えていないのでしょう。

数年前にもサーズやO157、鳥インフルエンザが騒がれましたが、数ヶ月で話題にも上らなくなりました。
今回のエボラと全く同じですよね。

病気そのものは確かに脅威ではあるけれど、問題はそこではない。
それを大騒ぎして相場を動かし、莫大な利益を上げんとする輩が問題なのです。

☆本当に危ないのは金融問題
エボラなど関係なく、現在の金融は相当混乱しています。
その根底にあるのは米国の緩和縮小に伴う、資金の引き上げ。

現在世界中の銀行株が下落傾向にあります。
イタリア、ドイツ、フランス、ボルトガルの各銀行、日本のみずほ銀行株が下落し、最安値を更新しています。
資本主義の心臓に当たる銀行の不調こそが、今回の下落の本質なのではないでしょうか。

資金が引き上げられている最も顕著な証拠は、原油価格の下落です。
ウクライナや中東の問題であれだけ堅調だった原油がほんの数ヶ月で100⇒80まで暴落してます。

原油暴落

「ドル円が100円⇒80円まで下落した」と考えれば、それがどれだけ強烈な下落か理解して頂けるでしょうか。
CFDで原油を買っている投資家は、阿鼻叫喚の地獄絵図です。

元々原油なんてものは、大地にストローを指して回収しているだけの燃料。
採掘コストはたいしてかからない。
十数年前は20ドルくらいで、結構安いものでした。

それが中東の産油国の利権と、投機的吊り上げによって100ドルまで値上がりしたのが最近。
そのメッキが剥がれつつある現在の80ドルのほうが、適正価格には近いのでしょう。

金や銀も同じ。
鉱物的にはたいした価値のないものが投機的に値上げされ、現在は軟調になってきています。

投機ポジションが崩され、回収された資金はどこへ行くのか。
エボラがどうこう言うよりも、そのへんをよく考えてみたほうがいいでしょう。

猛犬よりも危険な妻
リスクは常に目の前にあるとは限らない。
本当に危険なものは、もっと身近で意外なところにある。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

なんで特効薬がある病気と無い病気を死亡者数だけで比べてたいした事無いなんて言えるのか理解不能

特効薬が無いエボラが世界的に蔓延し始めれば脅威は間違いないと思いますがね・・

個人的はエボラもEUSUSDのショートカバーを誘発させてるひとつの大きな材料になっているのは間違いないと思いますが

2014-10-19 08:23 | from あんぽ | Edit

Re: No title

> なんで特効薬がある病気と無い病気を死亡者数だけで比べてたいした事無いなんて言えるのか理解不能
>
> 特効薬が無いエボラが世界的に蔓延し始めれば脅威は間違いないと思いますがね・・
>
> 個人的はエボラもEUSUSDのショートカバーを誘発させてるひとつの大きな材料になっているのは間違いないと思いますが

エイズなど特効薬がない病気は沢山ありますよ。
アフリカは未だに風土病だらけですが、特効薬なんかまずありません。
新薬開発や援助で儲かるはずの専門家が未だに事態を放置していることから、
お偉い方々はそれほど真剣に考えていないようです。

エボラ患者が欧米で見つかっている以上、EUR/USDと相関はありませんよ。
投機の仕掛け理由として利用されることはありますが。
少なくとも、今の相場はエボラよりずっと大きな理由で動いています。

2014-10-19 08:54 | from 幸福賢者

No title

>投機の仕掛け理由として利用されることはありますが。
→矛盾

>アフリカは未だに風土病だらけ
→エボラのような病気はゴロゴロあるってことですかね?
 具体的になんという病気ですか?
 
>エイズなど特効薬がない病気は沢山ありますよ。
→感染率の低いエイズと皮膚を触れただけで感染するエボラを同じように言うのはおかしい
ブログで情報を発信する以上責任を持てる情報であるべき
個人的な思い込みや勝手な持論はやめたほうがいい

2014-10-19 09:15 | from あんぽ | Edit

Re: No title

> >投機の仕掛け理由として利用されることはありますが。
> →矛盾
誤解させてしまったようで申し訳ありません。
投機仕掛けの一理由でしかないエボラより、
もっと大きな真因が暴落を起こしていることを伝えたかったのです。

> >アフリカは未だに風土病だらけ
> →エボラのような病気はゴロゴロあるってことですかね?
>  具体的になんという病気ですか?
アフリカ睡眠病あたりを調べてみてください。

> >エイズなど特効薬がない病気は沢山ありますよ。
> →感染率の低いエイズと皮膚を触れただけで感染するエボラを同じように言うのはおかしい
> ブログで情報を発信する以上責任を持てる情報であるべき
> 個人的な思い込みや勝手な持論はやめたほうがいい
貴方の言うとおりです。
私は医者でも病気の専門家でもありません。
あくまで相場の動きの理由について憶測しているだけですので、
その点はご了承ください。

2014-10-19 10:31 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/474-1f289cc0