日銀追加緩和で消費税増税は確定的になった - 貴方を幸福にするFXブログ

日銀追加緩和で消費税増税は確定的になった

ウイスル火葬
いつの世も、弱者は国家の贄になるのみ。

10月31日、日銀はまさかの追加緩和を発表しました。

☆追加緩和内容
①長期国債買い入れ額を年間30兆円増額し、80兆円に増額
②日経平均ETF買い入れ額を年間3兆円に増額
③リート買い入れ額を年間900億円に増額


国債買い入れ額こそ極端に増えてはいませんが、市場の反応は絶大。
ドル円は112円を軽々と突破し、日経先物も1000円以上爆上げしています。
日本人サラリーマンの動けない時間帯に発表して急騰させるあたりに、黒田総裁の腹黒さが見受けられます。

特にETFの買い入れ3倍が作為的。
GPIFの国内株式比率25%と合わせて、国家が本気で株を買い上げるつもりのようです。

これはもう、高値がどうとか、押し目がどうとか言っている場合じゃない。
バカになって、全力で買うしかない。
国策に売りなしです。

以前「年末には1ドル120円」という予想があったとき、エセ賢者は鼻で笑っていました。
しかし、今はもう笑い事じゃない。
追加緩和を期に本格的に海外に資金が流出すれば、極端な話150円だって有り得ます。

今回の緩和は市場にとってサプライズでしたが、その理由は明白です。
それは、消費税増税を行うため。

黒田は消費税を上げたい


最近では前回の増税の影響や円安の弊害が取りざたされ、株価や為替の停滞もあって、消費税のさらなる増税を見送るべきだという声が挙がっていました。

安倍総理の発言もあって、
「もしかしたら増税は見送られるかもしれない」
と思った人も少なくなかったかと思います。

エセ賢者は、絶対に増税すると思っていましたけどね。
自民党は日本国民の命より増税のほうが大事な連中ですから。

いくら安倍の独裁政権とて、完全な不景気で増税を行えば非難は免れません。
高支持率のときならともかく、大臣の不祥事で支持率が低迷している現在では、なおさらです。

増税する為にはなんとかして好景気を演出し、国民を騙してやらなければなりません。
そのためには、追加緩和で円安株高を作り出してやるのが最も手っ取り早い。
前回の参院選で使い古された手を、もう一度使ったわけです。

また騙されるのか、日本人。
流石に何度も同じ手が通じるほどバカではないと信じますが。

それにしても、安倍政権の景気対策は酷すぎる。

①増税する
   ↓
②景気悪化
   ↓
③景気対策で自民党のお友達にばら撒き
   ↓
④税収が足りなくなる
   ↓
⑤増税する
※以下、無限ループ

なんという悪循環!

何はともあれ、日銀の株価吊り上げを狙った緩和は予想以上に相場受けがよく、強力な上昇波を作り出しました。
噂では海外の大物ファンドがドル円を全力買いしたとか。
以前「増税まで日銀は株価を支える」と言いましたが、エセ賢者の想像以上の成果です。

こうなれば、もう外貨と株を買って円資産から逃げるしかない。
というわけで、エセ賢者は外貨の突っ込み買いに行ってきます。
クソ高値ですが、買わないほうがリスクなので。
FXをやらない人でも、円安リスクに対する備えをしておくのをお勧めします。

円安には輸入物価を跳ね上げさせる働きがあり、来年には消費税10%が控えています。
9月の消費支出は一年前に比べ<-5.6%>と減少が続いており、有効求人倍率は<-0.01ポイント>とマイナスを記録しています。
アベノミクス・クロダノミクスによって、景況も雇用環境が悪化が続くでしょう。

しかし、ピンチはチャンスでもあります。
大きな社会改変が固定された身分制度を打ち破る機会になることを、人類の歴史は証明しています。

政府の愚行を嘆くのではなく、それを利用して成り上がってやろうではありませんか。

黒田バズーカ
来るなら来い、クロダノミクス!!
俺はインフレなんかに負けんぞおおおおお!!!
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

こんな事らしいぃ~

コメントを入力ください
金融緩和のねらい

日銀は、黒田総裁の下で去年4月、「異次元」とも表現される大規模な金融緩和を導入しました。この中で日銀は、マネタリーベースと呼ばれる日銀が市場に供給するお金の量を目標にして政策を運営することにし、国債などを買い入れて2年間でお金の量を2倍にするとしていました。日銀としては、大量の資金を市場に供給することで金利を全般的に押し下げ、企業が資金を借りやすくし設備投資などを促すほか、金融機関が国債などを売って貸し出しを増やしたり、投資家が株式などよりリスクの高い資産への投資を増やしたりすることをねらってきました。日銀はこれまで、大規模な金融緩和は効果を上げているとしてきましたが、今回は、マネタリーベースの目標を増額し、こうした効果をより強めてデフレからの脱却を進め、2%の物価目標の実現により万全を期すねらいがあります。
。。。幸福賢者さんしかし~安部やんたち~ぃは一般庶民をなめとるなぁ~。。。

2014-11-01 19:30 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

No title

コメントを入力ください
又吉とは言いませんがぁ~なめねこ代表で、、、コメント願いまぁ~す。。。

2014-11-01 19:35 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

ほぉー~。。。

コメントを入力ください
2%物価目標と民間予測

日銀は、目標としている2%の物価上昇率について、これまで、今の大規模な金融緩和の効果で来年度を中心とした時期に実現する可能性が高いとしてきました。その一方で、公益社団法人の「日本経済研究センター」が毎月行っている民間のエコノミストを対象にした調査では、来年度の物価上昇率は消費増税の影響を除いたベースで1.18%にとどまり、日銀はいずれ追加の金融緩和に踏み切ることが必要になるという見方が大勢を占めていました。
。。。ほぉー~。。。

2014-11-01 19:42 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

No title

コメントを入力ください
追加緩和を期に本格的に海外に資金が流出すれば、極端な話150円だって有り得ます。
。。。150円近くになるとさすがのアメリカもええかげんにしとけと吠ざくのでは???

2014-11-01 20:48 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

もう、全部ガラガラぽんでチャラにして一からやりなおしましょう。働いても働いてもぜんっっぜん残らない。こんなのおかしいわ。

2014-11-01 20:55 | from チョビ | Edit

No title

コメントを入力ください
もう、全部ガラガラぽんでチャラにして一からやりなおしましょう。働いても働いてもぜんっっぜん残らない。こんなのおかしいわ。

これからはひねくったら好機があるのでは。。。

2014-11-01 21:23 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

No title

コメントを入力ください
働いても働いてもぜんっっぜん残らない。。。。わーきんぐぷあぁー~かぁ。。。この世は大勢います心配無用。

2014-11-01 21:52 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

Re: タイトルなし

> もう、全部ガラガラぽんでチャラにして一からやりなおしましょう。働いても働いてもぜんっっぜん残らない。こんなのおかしいわ。

私も今の日本はおかしいと思います。
自民党と官僚政治を早く終わらせないと、
本当にこの国は滅んでしまうかもしれません。

2014-11-01 23:13 | from 幸福賢者

Re: No title

> 追加緩和を期に本格的に海外に資金が流出すれば、極端な話150円だって有り得ます。
> 。。。150円近くになるとさすがのアメリカもええかげんにしとけと吠ざくのでは???

日本の猫と違ってアメリカの猫は大人しくないからね。
目に余る行為があれば叱責するでしょう。
所詮植民地だし。

ただし、現在の円安株高は米国緩和縮小の受け皿の側面が大きい。
もしかしたら、米国猫がもっと円安にしろと命令しているのかもしれない。

2014-11-01 23:17 | from 幸福賢者

No title

コメントを入力ください

2014-11-02 09:55 | from ばぁ~い辻ぃ~。

No title

コメントを入力ください
GPIF
日本において厚生年金と国民年金の年金積立金を管理・運用する機関。厚生労働省が所管する独立行政法人で、年金給付の財源として年金運用で得た収益を国庫に納めている。2006年に設立され、13年度末の収益率は8.64%、収益額は10兆2207億円、運用資産額は126兆5771億円となっている。運用資産では、同様の業務を行うノルウェー政府年金基金(約6千億ドル)の2倍以上、世界最大の投資ファンドと呼ばれるアブダビ投資庁(約9千億ドル)をもはるかに上回る規模である。国民年金は1961年に開始され、日本の国民皆年金制度が実現した。同年、厚生省(当時)を主管とする年金福祉事業団がつくられ、公的年金の積立基金運用をはかることとなった。運用された基金は財政投融資や住宅資金貸付の原資となると共に、グリーンピアなど大規模な年金保養施設を設置した。ところが、借入金の利払いを上回る運用収益を上げるどころか、事業運営に大幅な赤字を出すなどにより、財務状況は悪化していった。2001年に特殊法人改革のための法律改正により年金福祉事業団が廃止され、厚生労働省が指導・監督する年金資金運用基金が設立。06年には年金積立金運用の改革のため、専門性を徹底し責任を明確化するものとして、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に改組された。これらにより、グリーンピアや住宅融資などの業務は廃止され、GPIFが独自に検討して投資割合などを決定できるようになった。
年金積立金は、長期にわたって資産を保有し安定的に運用することが求められる。このためGPIFでは、どの資産にどの程度配分するかという「資産構成割合(基本ポートフォリオ)」を基に積立金を運用する。GPIFはこの割合について、安倍政権が狙う株価上昇に同調するかのように、13年6月には国内債券を7%引き下げて60%とし、国内株式、外国債券、外国株式を数%ずつ引き上げている。更に14年6月24日に閣議決定した成長戦略では、年金積立金の運用を早期に見直す方針が盛り込まれ、秋には国内外株式などのリスク資産を増やすという。GPIFが保有する国内株式は、東証1部上場株式の時価総額(5月末)の約5%に相当し、わずか1%の国内株式増加でも、市場には1兆円を超える資金が流れ込むため、市場に与える影響は大きい。そのため、野党などからは「株価対策だ」との批判があり、年金運用に政治が関わることを懸念する声もある。また、実態は株価対策で政府の市場介入であり、(リスクは大きく運用損が出ても誰も責任を取らない仕組みだと指摘する識者もある。)
。。。国民が怒るでしょぅ。。。溝にぃー福沢諭吉ぃ~。。。

2014-11-02 10:29 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

Re: No title

> 。。。国民が怒るでしょぅ。。。溝にぃー福沢諭吉ぃ~。。。

誰も責任を取らないズボラな資産運用。
年金とは国家ぐるみのネズミ講。

2014-11-02 11:01 | from 幸福賢者

No title

コメントを入力ください
>誰も責任を取らないズボラな資産運用。
国家ぐるみのネズミ講
というかぁ~。。。うじむしぃ。。。行く行くはこんな感じかなぁ~良ければyoutubeの
Star Wars - The Old Republic - Short Movie検索。。。

2014-11-02 12:45 | from ばぁ~い辻ぃ~。 | Edit

No title

>10月31日、日銀はまさかの追加緩和を発表しました。

☆追加緩和内容
①長期国債買い入れ額を年間30兆円増額し、80兆円に増額
②日経平均ETF買い入れ額を年間3兆円に増額
③リート買い入れ額を年間900億円に増額

国債買い入れ額こそ極端に増えてはいませんが、市場の反応は絶大。
ドル円は112円を軽々と突破し、日経先物も1000円以上爆上げしています。
日本人サラリーマンの動けない時間帯に発表して急騰させるあたりに、黒田総裁の腹黒さが見受けられます。

特にETFの買い入れ3倍が作為的。
GPIFの国内株式比率25%と合わせて、国家が本気で株を買い上げるつもりのようです。

これはもう、高値がどうとか、押し目がどうとか言っている場合じゃない。
バカになって、全力で買うしかない。
国策に売りなしです。

以前「年末には1ドル120円」という予想があったとき、エセ賢者は鼻で笑っていました。
しかし、今はもう笑い事じゃない。
追加緩和を期に本格的に海外に資金が流出すれば、極端な話150円だって有り得ます。

今回の緩和は市場にとってサプライズでしたが、その理由は明白です。
それは、消費税増税を行うため。
。。。幸福賢者さん。。。もぉ~近いうちにぃ~もぉ~一度緩和策か追加緩和があるのかなぁ~怪しい黒田くん~がぁ~タイミング狙っているのかなぁ~。。。

2015-08-20 21:45 | from ばぁ~ぃ辻ぃ~。 | Edit

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/488-edc0eabe