争いが同じレベルの者同士でしか発生しない理由 - 貴方を幸福にするFXブログ

争いが同じレベルの者同士でしか発生しない理由

亀田と喧嘩する猫
争いは同じレベルの者同士でしか発生しない!

世界には、常に貴方の気を引こうとする性質があります。
どんなに平穏を願っても、社会は貴方を放ってはおきません。
どんなに平凡に生きようとしても、それは決して叶いません。

必ずトラブルに巻き込まれ、辛い思いをします。
他人に批判され、あちこちから攻撃を受けます。
人生とは、そういうものなのですよ。

その中でいかに心の平穏を保ち、自身の安寧を確保するかが、人生の命題と言えるかもしれません。

怒ってはいけない、と言っているわけではありません。
恐れてはいけない、と言っているわけでもありません。

ただ、知っていて欲しいのです。
それは相手にエネルギーを与える行為であると。

私達と外界は常に眼に見えない糸で繋がっており、絶えずエネルギーの授受が行われています。
貴方が何かを見る度に、それにいらだつ度に、それに怯える度に、莫大なエネルギーが向こう側に流れ込みます。

想いが強ければ強いほど、長く集中するほどに、大きなエネルギーが流れ込んでいきます。
そして、エネルギーを受け取った相手はより強大な形へと変わっていきます。

感情の種類は問題ではありません。
怒るにせよ、悲しむにせよ、相手がより強固になることに変わりはありません。

想い続けるほど、相手は強くなり続ける。
貴方が自分のエネルギーを与えるのを止めるまで、脅威は決してなくならないのです。

ショッキングな出来事で感情が揺さぶられたときは、どうか考えてみてください。

そのイベントによって、貴方の心はどう揺れ動いたのか?
その感情は、いったいどれだけのエネルギーを相手に与えたのか?
この繰り返しにより、これまでにどれだけ膨大なエネルギーを失ってきたのか?

「一回怒る度に1万円の罰金が科せられる」
と考えてみたらどうでしょう?

10回愚痴るだけで、もう10万円の損です。
怒るもの憎むのも、バカらしくなってしまいますね。

怒ったドラえもん猫
罰金1万円>>どらやき

私達はいつも、知らず知らずのうちにそれくらいの損失を出しています。
誰も気が付かないけれど、それが事実なのです。

どうしても我慢ができないこともあるでしょう。
絶対に認めたくない相手もいるでしょう。

けれど、怒りや憎しみ、妬みを感じたときには思い出してください。
それによって自分は相手を利しているのだと。

この原理を知る者は、無闇に他者と争うことをしません。
他者を憎んだり、恐怖したりすることがありません。
それは敵に塩を送る行為だと、理解しているからです。

水の出っ放しになっている水道を見つけたら、きちんと蛇口を閉めなくてはいけません。
貴方が相手の存在を認め、自身の力を注ぐの止めたとき、エネルギーは逆流を始めます。
そうして初めて貴方が送り込んだ力は解放され、貴方自身へと還ることができるのです。

貴方が餌を与えるのを止めたとき、ハラペコになった凶獣は再度エネルギーを得ようと試みるでしょう。
様々な危機を演出して、貴方の注意を引こうと、全力で仕掛けてくるでしょう。

しかし、それに眼を向けてはいけません。
相手にエネルギーを与えてしまっては、元の木阿弥だからです。

己が他の何者にも揺るがされない存在であることを自覚してください。
それがこの騒がしい世界において平穏を手にする、唯一の方法なのです。

争いは同じレベルの者同士でしか発生しない
争うことは、他者を利すること。
それを知ったとき、私達は戦う意味を失うだろう。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

相手にエネルギーの部分がまず非現実的であり、争いは同レベル〜の理由も書かれていないのですが…

2015-10-16 17:20 | from 名も無き天才投資家

Re: タイトルなし

> 相手にエネルギーの部分がまず非現実的であり、争いは同レベル〜の理由も書かれていないのですが…

実はこの話の元ネタは、
「粒子を測定する際には電子線を当てる必要があり、その衝撃によって観察対象の粒子も変化してしまうため、観測者が加えるエネルギーを無視して観測を行うことはできない」
という物理現象です。


どんな形であれ、対象に接触するということは全て「エネルギーを加える」という行為であり、結果的に相手の運動量を増加させてしまう。
これを広義に解釈することで、相手にエネルギーを与えるという話にしているわけです。
正直、エネルギーどうこうより、
「ヤクザを睨み付けて刺激したら、酷い目に遭わされる」
と言ったほうが説得力があったかもしれない・・・

相手の土俵に立って運動エネルギーを加速させるなら、
ろくな結果にはなりません。
そのために、同じ土俵に立つのを避け、「エネルギー(刺激)を与えない」
ということが重要になってくるわけです。

2015-10-16 18:59 | from 幸福賢者

No title

本文よりもコメントにある最後の1段落のほうが解りやすい…w
不倫されたから不倫し返すではなく(同じ土俵)、訴訟によって正当を求めるって感じでいいのかな?
ただ、「制御」を行う際にエネルギーを使用しない例はないと思うけどどうなんだろ。

2016-01-02 16:10 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> 本文よりもコメントにある最後の1段落のほうが解りやすい…w
> 不倫されたから不倫し返すではなく(同じ土俵)、訴訟によって正当を求めるって感じでいいのかな?
> ただ、「制御」を行う際にエネルギーを使用しない例はないと思うけどどうなんだろ。

どっちかと言うと、
「不倫するような相手とはさっさと別れよう」
な気がします。
できるだけ与えるエネルギーを少なくして、与える方向を調整すればいいと思います。

2016-01-03 08:21 | from 幸福賢者

No title

むしろ、エネルギー吸ってくるようなやつは、
種ごと排除していく方針のほうがいい気がする。

どう考えてもコスパ的にただの無駄

2016-04-28 04:41 | from 名も無き天才投資家

Re: No title

> むしろ、エネルギー吸ってくるようなやつは、
> 種ごと排除していく方針のほうがいい気がする。
>
> どう考えてもコスパ的にただの無駄

それが可能ならそれも手段の一つですよ。
しかし、万人の生存権を保障したこの社会で、合法的にそれが可能でしょうか?
できないことをやって相手を増長させることのほうが、
無駄になるかもしれません。

2016-04-28 09:20 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/499-40847a0b