2014年フォレックス・マグネイトアワード受賞企業 - 貴方を幸福にするFXブログ

2014年フォレックス・マグネイトアワード受賞企業

美味しい猫肉の解体法
どこの肉が一番美味しいのだろう?

FX関連ビジネスに取り組む人の為の電子業界誌「フォレックス・マグネイトアワード」に、2014年の受賞企業が掲載されていたので紹介しておきます。

☆2014年フォレックス・マグネイトアワード受賞企業
ベスト・ソーシャルトレーディング・ネットワーク賞:Myfxbook
ベスト・リクイディティ・プロバイダー賞:CFH Clearing
ベスト・教育ツール賞:FXSTREET Learning Center
ベスト・バイナリーサービス・プロバイダー賞:TRADOLOGIC
ベスト・バイナリーオプション・ブローカー賞:24option
ベスト・コネクティビティプロバイダー賞:OneZero
ベスト・モバイルプラットフォーム・ソリューション賞:Tradable
ベスト・ホワイトラベル・トレーディングプラットフォーム賞:メタトレーダー
最も革新的な金融商品賞:TRADIMO
ベスト・FXブローカー賞:サクソバンク

☆引用元
http://jp.forexmagnates.com/2014/11/20/forex-brokers/18450


なんか、あまり馴染みの名称ばかりですね。
Myfxbook、24option、メタトレーダー、サクソバンクあたりは知っていますが、あとはエセ賢者でもよくわからない。

この賞はオープン投票制で受賞者を選出する人が公開されない大半の他業界の賞とは異なり、フォレックス・マグネイトアワード受賞者は業界による投票で決定しています。
ロンドンサミットの参加者が投票しているせいか、日本の企業は全く出てきませんが。

トレーディングプラットフォーム賞がメタトレーダーなのは当然。
海外業者の殆どはMT4なのだから、これに代わるプラットフォームは当分現れまい。

FXブローカー賞がサクソバンクなのも頷ける。
1992年より続く老舗の投資銀行は、海外でも評価が高い模様。
最も取り扱い通貨ペアが多い代替の利かない業者であるのだが、なぜか日本人の利用者は多くない。
やはり広告に力を入れていないからなのかな?

バイナリーオプションブローカー賞は24option。
世界一顧客の多いのBO業者は、イギリスでも有名なようです。

興味のある人は、上の受賞対象を調べてみてください。
世界一となるからには、何らかの理由があるはず。
世界一のFX教育ツールとか、どんなものか気になりますね。

ノーベル賞が科学の権威であるように、FXの世界でも権威のある団体があり、それぞれのブローカーやシステムを評価しています。
クチコミももちろん大切ですが、時にはそういった方面でも情報を集めて判断してみるのもいいでしょう。

☆世界一のバイナリーオプション業者

関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/513-287cb365