トリクルダウン幻想 アベノミクスで景気が回復しない理由 - 貴方を幸福にするFXブログ

トリクルダウン幻想 アベノミクスで景気が回復しない理由

殆ど80円の自動販売機
80円のジュースが見当たらないんだが・・・

世界一利回りの低いことで有名な日本国債ですが、追加緩和以降さらに金利が低下しています。
短期国債は既にゼロ金利どころかマイナス金利に達しており、もはや何がなんだかわからない。

普通お金を借りたなら、借りたほうが利息を貸し手に支払うもの。
しかし、日本政府にお金を貸している)と、貸しているほうが利息を払わなければならないという。
まったく、意味不明な状態です。

なぜそんな不可解な状態になったかというと、日銀が異次元緩和によって凄まじい勢いを国債を買い上げているからです。
日銀法により政府から直接国債を買うことはできませんが、年間80兆円もの額を金融機関から買い取っています。
もはや国債の買占めと言ってもいい。

債券は金融商品の一種であり、購買意欲が強いほど市場価格が上がり、利回りが下がります。
あまりにも買いが強ければ、金利がマイナスになることもあります。
ドイツ国債なんかも時々なってるし。

しかし、ここまで超低金利が続き、マイナスが頻発するのは、はっきり言って異常。
市場原理を完全に無視しているとしか思えない。
もはや日本国債は金融商品ではなく、日銀の玩具に成り果てているのでしょう。

なぜ日銀、というより安倍政権がこんな無茶な買い上げをしているかというと、(建前上は)「金融緩和によって市場に資金を注入する」ためです。
本音は国債を買い支えることだと思うが。

日銀が銀行から国債を買えば、その代金分だけ資金が銀行に流れる。
銀行はその資金にレバレッジをかけて企業に融資し、市中に資金が溢れる。
企業を通して日本中に資金が回れば、好景気になる。

かなり適当ですが、これがトリクルダウンと呼ばれる政策の流れです。
実際は絵に描いた餅ですけどね。

この通りにお金が流れれば確かに景気回復も有り得たのでしょうが、現実は無情。
金融緩和の資金の大半は、市中に流れずに日銀に留まっています

アベノミクスの理論
そもそも大企業にすら届いていないお金があったりする。

2014年末の日銀の当座預金残高は、179兆円
当座預金残高というのは、日本中の銀行が日本銀行に預けているお金です。
私達庶民が日銀で貯金することはできませんが、銀行は日銀に貯金して利息をもらうことができるのです。

当座預金残高が積みあがっているということは、量的緩和で供給された資金は市中に回っていない、ということ。
少なくとも179兆円の緩和分は何の効果も発揮していない、ということです。

なぜ市場に回らないのに、緩和を続けるのでしょうか?
全く意味不明ですね。

銀行が国債買い入れオペで得た資金を融資に回さない理由は、以下の二つ。

①日本に高利回りが見込める需要がないから
②日銀に預けておけば利息が付くから


貴方もわかっているでしょうが、少子高齢化で経済が縮小しつつある日本に有望な投資先はありません。
安全だが低金利な株・債券か、リスクが高すぎる高利回り商品しかない。
海外に目を向けたって、世界的な金余りで同じこと。

だから銀行は余った資金を融資に回さず、安全で手間のかからない日銀に預けているわけです。
国債を買い取ってくれて、しかも利息までくれるのだから言うことなしでしょう。

当座預金の金利は、約0.1%。
つまり日銀は毎年、
179兆円×0.1%=1790億円
の利息を払っていることになります。

何もしなくても、1790億円の収入ですか。
政治家の贈収賄なんか問題にもならないくらい、ボロイ商売ですね。
それに怒らない日本国民も、なんだかなぁ。

トリクルダウンは幻想です。
アベノミクスは国債を買い支え、金融機関を太らせるだけの政策です。

サギノミクス

政治家がどんな綺麗事を並べようと、決して景気回復に至ることはありません。
なぜなら、緩和した資金の大半は日銀にブタ積みされているのだから。

日銀が当座預金金利を0%に設定すれば、無駄に積み上がった資金の一部が市中に流れるかもしれませんが、おそらく根本的な対策にはならないでしょう。
そもそもの原因は世界経済の成長余力の低下と、マネーの飽和にありますから。

貧乏な私達には想像もできないことかもしれませんが、現代は人類史上最大の金余り時代です。
緩和でジャブジャブになった何百兆円という大金が行き場をなくし、投機市場で荒れ狂っています。
本来買い物に使われるはずだった資金が、マネーゲームの道具に成り果てているのです。

これではいくら資金を供給しようと、景気が回復するわけがない。
ただ投機家の資金を膨らませ、格差を広げるだけである。

日本やEUがいくら緩和を拡大しようと、それで実体経済が回復することはありません。
むしろ国家の信用を傷付け、インフレと格差を助長することで、真面目に働いている人々を困窮させることになるでしょう。

お金の大切さを忘れた成金に、これ以上餌を与える必要はありません。
本当に必要な人に、必要なだけのお金が届くことを願っています。

肥え太った猫
多くの者が飢餓に苦しむ中で、必要以上に肥え太る者もいる。
分け合うこととは、本当に難しいものである。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

お邪魔します。

はじめまして、すきゃ吉と申します。

当方、FX関係のブログとネットビジネスに関するブログやっております。

ブログ参考にさせて頂きます。

リンク頂いて帰ります(__)

またお邪魔させて頂きます。

2015-01-04 13:13 | from すきゃ吉

Re: お邪魔します。

> はじめまして、すきゃ吉と申します。
>
> 当方、FX関係のブログとネットビジネスに関するブログやっております。
>
> ブログ参考にさせて頂きます。
>
> リンク頂いて帰ります(__)
>
> またお邪魔させて頂きます。

真面目にFXに取り組む気など欠片もないブログですが、
何かしら参考になれば幸いです。
またお越しください。

2015-01-04 15:28 | from 幸福賢者

No title

>真面目にFXに取り組む気など欠片もないブログですが、
何かしら参考になれば幸いです。
またお越しください。
。。。こののりがぁ~世界一ぃ~。。。

2015-01-04 20:51 | from ばぁ~い辻~。 | Edit

Re: No title

> >真面目にFXに取り組む気など欠片もないブログですが、
> 何かしら参考になれば幸いです。
> またお越しください。
> 。。。こののりがぁ~世界一ぃ~。。。

実際FXとか嫌いだしなぁ。
(待てコラ)

2015-01-04 21:11 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/556-2d99a480