自己啓発が変革をもたらさない理由 - 貴方を幸福にするFXブログ

自己啓発が変革をもたらさない理由

焦りは禁物あさりは海産物
そんなの知ってるよ!

何かのきっかけがあれば、人は簡単に変わります。
偉人の言葉を聞いたり、感動的な映画を見たり、面白い本を聞けば、貴方の意識はいともたやすく変わります。

頑張っている人を見れば「自分も頑張らなければ」と思うし、不幸な人を見れば「なんとかしてやりたい」と思うでしょう。

「今までよりもっとマシな生き方をしよう」

そう思ったことは、一度や二度ではないはず。

しかし、その思いは時間と共に薄れ、数日も経てば消えてしまいます。
あの時は本気で思ったのに、しばらくするとその誓いを忘れてしまうのです。

貴方が思ったことは、決して嘘ではありません。
そこで貴方が変化したことも、事実に違いありません。

ただ、それは貴方の全部じゃない。
顕在意識だけの話なのです


今までにも何度か話したと思いますが、私達の意識は顕在意識と潜在意識に分かれています。
だいたい10%が顕在意識で、残り90%が潜在意識です。
表面に現れているのは、たったの一割に過ぎません。

顕在意識を喩えるなら、深い沼に浮かぶ水草のようなもの。
外から容易に触れることができるけれど、その実体は沼のほんの一部に過ぎません。

沼と水草

仮に沼の上部を覆う草や苔を全て拭い去っても、沼が綺麗になるわけではありません。
表面が削られた分だけ中の汚れが浮かび上がってきて、数日も経てば元に戻ってしまうでしょう。

人の心も同じ。
表面を磨き上げて、見違えるように綺麗にすることはできる。
けれど、精神の奥底にあるものは変わらないから、結局元の木阿弥になってしまいます。

感動的な物語を読むのもいい。
どこかへ出かけて刺激を受けるのもいい。

けれど、それで変われるのは僅かな間だけです。
一晩寝れば、大体忘れしまいますから。

持続的に変わるには、どうすればいいのか?
表面だけでなく、全体を磨き上げるにはどうすればいいのか?

その方法は大きく分けて二通りあります。

一つは、潜在意識まで貫通するほどの大きな刺激を受けること。

事故や災害で生死に一生を得て、人生観が大きく変わってしまう。
そんな話を耳にしたことがあると思います。

命に関わるような大怪我。
財産を全て吹き飛ばすような大失敗。
最愛の人との離別。

沼の表面どころか地の底まで貫通するほどの衝撃を与えれば、90%の潜在意識全てを変えることも可能でしょう。
実際やっている人もいるのだから。

けれど、そんな危ない真似はお勧めしません。
リスクが高すぎるし、トラウマで変わっても良いことなんかありませんし。

もう一つの方法は、継続的に顕在意識を書き換え続けることです。

「変えても戻ってしまうのなら、変える意味なくない?」
と思うかもしれませんが、そうではありません。

顕在意識に対してリカバリーをかけているのは、潜在意識です。
潜在意識が顕在意識に補填すれば、その分だけ潜在意識から汚れは減ることになります。
つまり、顕在意識を何度も掃除をすれば、次第に潜在意識が綺麗になっていくということです。

汚れた水槽の水を10%ずつ交換するとどうなるでしょうか?

一回交換すると、汚れは90%に薄まります。
もう一度交換すると、90%×90%=81%
さらに交換すると、81%×90%=72.9%

10回交換すれば、35%まで減少します。
人が十分変わるためには、最低でも10回の試行が必要なわけです。

貴方が成長しようと思うなのなら、より多くの刺激を受け、より長く変化し続けるように心掛けてください。
継続することでしか、人は成長できないのですから。

ただし、ここで一つだけ忠告しておきます。
この方法には一つ難点があり、それによって失敗することが非常に多い。

それは表面よりも内部のほうが色濃く、強い感情を秘めているということ。

先ほどは水槽の水が全て均一であるという仮定で計算しましたが、現実の物理世界でも私達の深層心理でも、重量物ほど深く沈みこむ性質があります。
表面と内部を比較すると、内部のほうが明らかに重くなるのです。

貴方が抱えているトラウマや固定観念は、普段それほど浮かび上がってきません。
本当に大事で強烈な部分は、潜在意識の奥底に眠っているのです。

自己啓発を重ね、表面を削れば削るほど、内部が良く見えるようになります。
内部に隠された、普段目にしない部分が浮かび上がっていきます。

それは貴方が塗り替えようとした、最も忌むべき部分。
表面など比べ物にならないほど暗く、強烈な思念。
それが暴き出されることになります。

優しくしようと思うほどに凶暴性が現れ、勇敢であろうとするほどに恐怖が現れる。
綺麗にしようと磨いていたのに、逆により大きな汚物を発見してしまうわけです。

変わるためには、これを超えていかなくてはなりません。
本当の自分を見つけて乗り越えることが、成長の条件なのです。

私達の意識は、水面に浮かぶ水草のようなもの。
たやすく揺れ動いて、それでいて本質的にはなかなか変わらない。

そして無理に変わろうとすれば、その深遠にある本当の問題に気づいてしまう。
ままならないものですね。

それでもなお変わろうと思うなら、一歩一歩歩きなさい。
進むほど状況は悪くなるでしょうが、それでも真っ直ぐ進みなさい。

歩き続けた先にしか、ゴールはないのだから。

散歩
誰だって、最初から一人前だったわけじゃない。
何回も同じ間違いをして、同じ失敗を繰り返して、そして成長してきた。
繰り返すことが成長であり、周り道することが人生である。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/565-1b6aef56