咎人はすべからく英雄であるということ - 貴方を幸福にするFXブログ

咎人はすべからく英雄であるということ

行ってらっしゃいチェッピー
なんかよくわからんが良い気分!

「一人殺せば殺人者で、百万人殺せば英雄となる」

これはチャップリンの戦争の矛盾を突いた言葉ですが、同時に
「視点を変えれば物事の善悪は逆転する」
という言葉でもあります。

人を殺すのは道義上許されないこと。
しかし、今核ミサイルを発射せんとする敵国の軍人を止めるためだとしたらどうでしょうか?
エボラウィルスが蔓延して、これ以上被害を拡散させないために非情なな決断を迫られたとしたらどうでしょうか?

仮に大義がなかったとしても、物事は悪い側面ばかりじゃない。
最悪だと思えることだって何かしら良い点があり、それで助かる人もいるでしょう。

私達は日々生活する中で、沢山の間違いを犯します。
仕事で大きなミスをして首になったり、投機で失敗して借金を作ったり、交通事故を起こしたり、人を傷付けたり、警察のご厄介になったり・・・
エセ賢者なんか懲役30万年に相当するぐらいの悪事を働いてきました。

逮捕される猫

他人を傷付けること。
自分を傷付けること。
それは私達にとって、間違いなく罪です。

自分がやっても許せないし、人がやっても許せない。
罪を犯した自分が憎くて、罰を与えずにはいられないでしょう。

お前の血は何色だ

けれど、待っていただきたい。
罪人を非難して刑罰を与えれば、それでいいのでしょうか?

私達にとっては害しかない罪も、視点を変えれば逆転します。
失敗とは学びであり、未来の自分や他人が同じ間違いを犯さないために、それを教えてくれたとは考えられないでしょうか?

人は失うことで、それが本当に大切だったのだと気づくもの。
沢山の失敗を重ね、多くの傷を負うことで成長し、より良い選択を作り出すものです。

これからの貴方の為に、彼は敢えて泥をかぶってくれた。
そう考えることができれば、彼の行為は罪悪ではなく、偉業になります。
咎人は英雄となり、人々に賞賛されることになります。

屁理屈だと思いますか?
言葉遊びだと笑いますか?

きっとそうでしょう。
しかし、これが間違いなくこの世界の真実なのですよ。

私達はいつだって、失敗から学んできました。
隣人の過ちを見て、ニュースの犯罪を聞いて、そうはなるまいと心に決めてきました。
そして自分でも自分でも失敗を積み重ねて、改善を続けてきました。

失敗は罪ではありません。
私達を次のステップに進めるための糧なのですよ。

私達はこれまで、沢山の失敗を重ねてきました。
許しがたいことも、許しがたい人もいるでしょう。

けれど、彼を悪人ではなく、英雄として認めては頂けませんか?
そうすれば、彼も貴方も、間違いなく幸せになれると思います。

全ての罪は、罰するためにあるわけじゃない。
許してあげるためにあるわけでもない。

貴方にそれを伝えて、これからの未来を明るくするためにあるのです。

呑んだくれる猫
悲嘆にくれて酒に逃げるのでは、過去の失敗も浮かばれまい。
今すべきことは過去に感謝し、前に進むことだ。
関連記事
お読み頂き、ありがとうございました。
今日もあなたが幸せでありますように。
応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

応援クリックで、もっと記事が増えます
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

No title

大変ためになりました。

2015-01-24 22:33 | from みつき

Re: No title

> 大変ためになりました。

それは良かった。
反面教師の冥利に尽きます。

2015-01-24 23:04 | from 幸福賢者

トラックバック

http://valuablefx.blog.fc2.com/tb.php/571-212e9834